excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
タイプミス!><
by horibaka at 00:44
79日!
by 69 at 00:08
な~るほど、バグだったの..
by horibaka at 18:22
こんにちは。このクエスト..
by とおりすがり at 15:05
なんと~、そりゃあ難儀だ..
by horibaka at 21:41
2ヶ月入院しているうちに..
by mariko at 19:49
アニカさん、おひさです~..
by horibaka at 09:15
ご無沙汰しております٩(..
by Annika at 02:27
ありあんさん。いつもホン..
by horibaka at 22:21
うふふ。ダブクリでエール..
by arian218 at 11:31
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 氷と炎の物語

ワールドニュース [戻る]
氷と炎の物語

投稿日:2009年3月31日

戦いとその勝利は時に血で贖われ、時に夜明けから夕暮れの間の沈黙で贖われる。百年の平和をもたらす時もあれば、そうでない時もある、今のように。
しばし平穏ならざりし平和の境界域は時に試されるが、時ですらこの平面世界を跨ぐ戦いの傷を癒すことはできない。
今年の春は早かったが、目指す土地を仰ぐばかりで、周囲や乗っているものを気にかけない二人、騎士用の乗用馬ですら耐えられない速さで進む二人には関係が無かった。 ラベンダーの光の中つきすすむ影を見たものは、その二人がテレポートでも使っているに違いない、と思っただろう。 閃光、1リーグ(*1)先へ。また閃光、3リーグ先に。
銀白のクロークからうかがえる細身の体にしては、肩だけ異様に盛り上がっている二人。この距離からでも分かるが、おそらく荷役馬よりも背が高い二人。そして再び夕闇迫るなか光が瞬き、光の加減か、異様な姿が映る。肩で颯爽と動き、けして止まらず、一方を気遣うそぶりすら見せない。太陽より古いその関係、天上でも無いであろうその間柄の二人が、ある目的を持って移動していた。彼らは立ち止まる。彼らはあまりにも突然その動きを止め、それはまるで息をするものとも思えないほどだった。つまり……そう……停止したのだ。一人が大地があるかどうかを確認するかのようにうずくまると、彼の掌が伸び、目が大地の下を見つめてから、二人の前に広がる地平線を見つめる。
古の言葉がその口から漏れる「Tenpiswo ui wer ouith……」
「私も感じる」とその連れが答える。「傷はここだろう……」

カスカ(Casca)の勝負はもう数週間にも及んでいた。敵の動きは秩序だったものだ。その一手を相手に知らせるのは鳩で、一日ごとに一手すすむのだった。 最新の一手で、カスカはポーンの代わりにナイトを失う羽目になった。不注意か。カスカは考える。悪手だ。 なぜこんな手を打ったのか。何を考えていたのだろう。侵攻と彼の策謀がその決定に影響を与えていたのかも知れない。
あえぎ走りながらスレウォート(Threwort)が駆け込んできた。すぐに注意が彼に向けられる。 彼はカスカに何か言おうとし、手を上げた。
「我が君……」スレウォートはカスカの思索を中断しようとした。
『お前はいったい何をあせっているのだ』カスカは内心の会話に夢中だった。彼の目はまっすぐのびた指の先を辿り、手は何も無い空気をうつろに何かを辿ろうとしている。
スレウォートはかかとを打ちつけた。不意に苛立ったカスカはスレウォートに振り向くと、「何があった?」と尋ねた。
「トランメルの魔法障壁です。我が君。魔法障壁が復活しました。何か緊急事態が発生したらしく、クリムゾンドラゴンが後退しています」
「だが、わしは何も聞いていないぞ。何も言われていない……」
胃が締め付けられる音がする。チェス盤を覗き、まるで鉄と油を甞めたかのように舌は口蓋に張り付く。
「どういうことだ、復活しただと? もちろん復活したのだ!  確かに、全て計画通りだ! これだ、わしが以前喋ったのはこのことだ! 星は直列し、運命は繁栄の歌を、魔法の歌を、そしてマフィンの歌を歌うのだ!」
「次の一手は、ならばたやすいな。 ユーのエンパスアビーに向かうのだ!」


*1: 1リーグ = 約4.8km








21:38 2017/10/03

by horibaka | 2017-09-30 21:37 | その他 | Comments(0)
<< BNNアーカイブ 突入作戦 BNNアーカイブ クレイニン護... >>