excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

タグ:BNNアーカイブ ( 263 ) タグの人気記事
BNNアーカイブ 真実が明らかになるとき

ワールドニュース [戻る]
真実が明らかになるとき

投稿日:2007年3月8日

「ルーロシアン(Leurocian)師!」

上級宮廷魔法使いゾーラ(Zorla)は、彼女のかつての師がゾーラの寝室に入ってきたのを驚きに満ちた目で見て言った。

「こんなにすぐお出でになるなんて思ってみてもおりませんでした」
ゾーラは遠慮がちに微笑んだ。
「元気そうだな、ゾーラよ」

ルーロシアンが微笑んだ。

「悪事が謀られ黒き魔術が行われようとしているとき、ブリタニアを長くあけることは出来ないのはお主も良く知っているであろう」
「ここ最近起こった出来事についてはもうお聞きですか?ゴーラン(Goran)に何が起こったか、そして真実の本のことも?」

ゾーラは、ルーロシアンの胡桃のように茶色い目を探るように見つめた。ルーロシアンは一風変わった雰囲気を醸し出していた。一見、見た目の整った金色の髪をした中年だが、彼の目はもっと長い年月を生きた者のような深さを表している。かつて、ゾーラはその偉大さと上級魔法使いの地位を目指していたのだ。

「うむ、ゴーランが闇の力に捕われたことは聞いた。非常に強い闇の力…けっして部屋でも口にしてはならないあの力にだ」

ルーロシアンが答えた。

「しかしながら、ゴーランは消滅してしまったのではない。形而学的に言って他の場所に移されただけだ」
「ええ、その通りだと思います。師よ」

ゾーラとルーロシアンはお互いの顔を見合わし、二人の間に沈黙が流れた。ゾーラの玉虫色の目は傍らの窓から差し込む月光にきらめいていた。ゾーラは不安そうに手で、カラスの羽のように黒い髪をすき、ここのところの出来事に思いをめぐらせていた。

「今朝方、メンゾバーニィ(Menzzobaanea)殿と話してな」

ルーロシアンが沈黙を破った。

ゾーラはルーロシアンに目を改めて向け、その声に耳を傾けた。ゾーラの気持ちは幾分おさまった。

「メンゾバーニィ殿は冒険者達が集めてくれた本の絞込みが数冊になったと言っておられた。本当の真実の本が見つかるのはまもなくだろう。本物を見つける手助けとなろう、もっとも神聖な知識からの古の力の言葉をメンゾバーニィ殿に伝えてきた」
「それは素晴らしい知らせです!」

明るいゾーラの声が、夜の部屋に響いた。

「ブリタニアのロイヤルガードを代表して感謝を申し上げます、ルーロシアン師よ」

「恐れるな、レディ・ゾーラよ」

ルーロシアンは微笑み、彼女の手を取った。

「終わりには良い事が訪れる。ブリタニアは新しい輝く時代へと進もうとしているのだ。今にわかる。 我々の、すぐそこまで来ているのだ」








21:54 2017/09/04

by horibaka | 2017-08-21 21:53 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ ブラックロック発見装置の製作始まる

ワールドニュース [戻る]
ブラックロック発見装置の製作始まる

投稿日:2007年2月24日

Second Defense Armoryの西にある小さな広場にピクニックに行くのは、お勧めできない。ハンマーの音がうるさいだけではなく、ムーングロウの魔法使いギルドによる画期的な世界初のブラックロック発見装置の製作のために、ここ数週間地面が掘り返されて地盤が緩んでいるからだ。

錬金術の研究で知られ、今回の実験の指揮をとっているクロノス氏は、助手である数名の魔法使いと好奇心でいっぱいの見物人に見守られる中で簡単な発表会を行った。
我々BNNがこの装置がどのように動作するのか尋ねたところ、奇人ともいえるこの魔法使いは、動作のカギは氏の家に古くから伝わる家宝と、ブラックロックのかけらそのものであることを明らかにした。

クロノス氏がいう家宝について質問すると、これまで家族の誰ひとりとしてそれがなんなのか思い出せずにいたが、しかし、それこそが数百年に渡る古き秘密を解く何らかのカギであると断言した。








8:12 2017/09/03

by horibaka | 2017-08-20 08:11 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ ダークウィスプの脅威、再び

ワールドニュース [戻る]
ダークウィスプの脅威、再び

投稿日:2007年2月17日


ブリタニアの各地に存在するウィスプが善なる存在であることは疑うべくもないが、このところ森やダンジョンの奥深くで別次元からやってきた暗黒種とでもいうべき、恐ろしいウィスプが確認されている。
目撃者から寄せられた多数の報告によると、その”ダークウィスプ”は、かつて見られないほどの力で冒険者に襲い掛かったという。

このダークウィスプが特殊な防御態勢に入った場合、すばやく体力を回復する能力を備えていることを、旅行者は十分留意するべきだろう。遭遇した冒険者によると、その態勢の間は物理的・魔法的、その他のいかなる攻撃も効果がないように見えたとのことだが、動きが止まっている間に容易に逃げることができたという。
カンの良い読者なら、このダークウィスプがかつてFollowers of Armageddonによって呼び出されたことがあることにお気づきかもしれない。

現在のところSiege PerilousとMugenで存在が確認されており、両シャードで暮らす冒険者は、この脅威に対して注意が必要である。








8:10 2017/09/03

by horibaka | 2017-08-19 08:09 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ ペンは強し

ワールドニュース [戻る]
ペンは強し

投稿日:2007年2月13日

ブリタニアの新進作家達はここのところ多岐に渡る驚くべき歓待と挨拶を受けているようだ!

自身の著作が真実の法廷において公開されたある作家は、閉鎖的という言葉の代名詞とも言える貴族階級の人々が向けた突然の注目に驚きを隠しきれないでいる。なにせ王国中の貴族が暖かい言葉をかけているのだ。
もっとも、紳士淑女である貴族の方々は新しいゴシップの対象が出来て喜んでいるだけのようにも感じられるのだが。

別の作家は”ペンはより強し”と言う事を実感したようだ。真実の法廷で明らかにされた恥知らずともいうべき(と彼の著作では述べられている)司法制度を解説したこの作家は地元の酒場で喝采と飲み物の歓待を受ける事になった。
ブリタニア統治評議会・司法局によって一時は平凡な作品であるとされた著書が、市民から類稀なる反響を呼んでいるのだ。

先日行われた「正義とは何か?」のエッセイコンテストにおいて、ブリタニア統治評議会・司法局推薦作品の著者は久々に顔を合わせた貴族から敬意と興味に溢れた眼差しと共に慇懃な挨拶を受けているようです。
また、ライキューム推薦作品の著者は行く先々の酒場の店員に手厚い歓待(直接バックパックに飲み物を放り込んでくるのです!)を受けているとのことです。








7:25 2017/09/02

by horibaka | 2017-08-18 07:24 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 真実を求めて

ワールドニュース [戻る]
真実を求めて

投稿日:2007年2月6日

私がペンを走らせている間にも、悪がすぐそこまで迫ってきています。ですが、皆さんが誠心誠意やり遂げてくださると自信を持っています。日に日に闇が広がりを見せる中にあれども、そこには数多くの真実の光を捜し求める者たちがおり、信じることが出来るならば私達が織り成す力は全ての悪を乗り越える事ができるでしょう。

しかし、真実とは何かとお聞きになりますか?

真実は全ての事物の内に存在しています。妨げ無しにはっきりと見ることが出来るとき、私たちがそこに見出すものは真実です。ロード・ブリティッシュはご自身の著された『徳』の中でこのように述べておられます。
“真実はそれだけで誠実となる。誠実さが我々の中に無いならば、最も大きな成功を勝ち得るために信頼が必要なとき、どのようにして我々の間に信頼を築きうるだろうか?愛によって和らげられた真実は我々に正義をもたらす。冷たく情けを知らないと言う事が無く、愛の中にあって真実を求めれば公平な正義を手にすることができよう。勇気と真実は我々に名誉を与える。素晴らしい騎士たちは、騎士道における名誉は規範に則った行いを固く守ることで得られると深く知っている。”

私達が真実の本を失ってしまったということは象徴を失っただけではありません。私達の生き方という布を織り出すために欠かすことのできない糸を失ってしまったと言うことなのです。この使命の達成はかつて無いほど重要であり、多大な危険と隣り合わせなのです。私達は奪われたものが正しい場所に戻されるまで勇敢にこの冒険を続けなければなりません。

最後に、私に続いてくださる真実の探求者の皆さんへ、真なる真実の本を見つけ出した勇敢な魂の持ち主は自らが成し遂げた偉大な行いによってその名が永遠に石に刻まれ、全ての人々の目に触れるでしょう。しかし、私達がこのことをするのは決しておごり高ぶらせたいがためではなく、我々の中にある真の英雄の名誉を称えないという愚を犯さんがための事なのです。

真実の探求者 メンゾバーニィ








7:24 2017/09/02

by horibaka | 2017-08-17 07:22 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 正義の徳に関する書物をライキューム図書室にて公開

ワールドニュース [戻る]
正義の徳に関する書物をライキューム図書室にて公開

投稿日:2007年1月30日

ライキュームからこの度、正義の徳について書かれた作品の中で最も多くのソーサリア市民の支持を集めた作品について、公開の準備が整ったとの知らせが入りました。

ライキューム司書士のCulver氏から以下のコメントが届いています。

『皆様におかれましては、先日行われたライキューム推薦作品の投票にご参加いただき誠にありがとうございました。この度、投票によって選ばれた作品をライキューム図書室にて公開させていただきましたことをここにご案内させていただきます。数多くの作品のム推薦作品に選出されたreligio氏著の「正義とは何か?」は徳に対する優れた考察がたとえ話を中から、名誉あるライキュー通して見事に表現されております。多くの皆様にこの類稀なる名著をお読み頂き、真実と徳の更なる追求のきっかけとしていただければ幸いに存じます』

BNNは今後も読者の皆さんにアツアツの情報をお届けします!








21:28 2017/09/01

by horibaka | 2017-08-16 21:26 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 真実と大逆

ワールドニュース [戻る]
真実と大逆

投稿日:2007年1月20日

Leurocian Malnagrane, High Archmage and Traveling Bard




“力無くして生きることはできぬ。違うか?”

彼を嘲る声が地下から聞こえてくるたびに、ゴーラン・ザーロフ(Goran Zarlov)は口元を歪ませた。その声にも、だいぶ慣れた。ここ数カ月というもの、その声はゴーランを嘲り、導き、そしほどなくして、ゴーランは究極の真理と多元的宇宙についての知識を理解し、人知を超えたもって苦しめてきた。
とも暗い力でさえも、彼の意志で操ることができるようになっていた。彼の前に立ちはだかるのは、たったひとつの扉だけだった……。

ゴーランはブラックロックの塊をバックパックから取り出すと、神秘の力を引き出すべく古の呪文を詠唱しはじめた。荒れ狂う風の中で、呪文が滝のように舞う。突然、足元から膨大なエネルギーが湧き起こり、ブリタニア金庫室のドアを吹き飛ばした。
古代魔法によるエネルギーがパチパチと音をたてていたが、やがてふっと消えた。開いた扉の先にある部屋に入るとき、ゴーランは自らが成し遂げたことに狂喜せずにはいられなかった。

ブリタニア金庫室から数階上では、ガードや訪問者たちが大きな揺れを感じていた。バランスを崩して転倒する者もいた。家具は倒れ、城に住む者たちは大混乱に陥った。

「武器を持て! 武器を持つんだ! 何者かが神聖なる金庫に侵入したぞ!」

ロイヤルガードのキャプテンであるサー・ジョフリー(Sir Geoffrey the Captain of the Royal Guard) は周囲のガードたちに号令し、急いで階段を降りた。高位の宮廷魔術師たちは、魔法防御が破られたこと、隠された階段が暴かれたこと、そして彼らのうちの誰かが裏切ったことを悟った。

捜し求めていたものをゴーランが頭上に掲げると、例の声が彼の頭の中で大きく鳴り響いた。

“その本、真実の本を、デスパイスまで持ってこい。そうすれば褒美を授けよう”

その直後、ガードたちは侵入者と対峙せんと部屋へ入ったが、ゴーランが唱えたリコールの呪文の響きだけが、空っぽの部屋にこだましていた。

「真実の本だ」

ジョフリーは絶望に打ちひしがれ、動くこともできずに言った。

「盗まれてしまった」



ゴーランはデスパイスの入り口に自らを実体化させると、周囲を見回し、頭の中の声に耳を傾けた。不明瞭な声と太古の昔に失われた言葉が、何度も何度も謳うように鳴り響いていた。それらの声がゴーランを跪かせると、彼は悲鳴を上げた。
白昼夢のようだった。抗うことを許さない、威圧的で陰のようなものたちがデスパイスの入り口に浮かんでいた。それらは暗黒の言葉によって、ゴーランの精神を蝕み続けた。

“本をよこせ……いますぐに!”

その恐ろしい陰が命令を発した。ゴーランは本とブラックロックをきつく握り締めながら、のろのろと陰に近づいた。
ゴーランがダンジョンの入り口に差し掛かったとき、ロイヤルガードたちがゲートを通って現れた。ロイヤルガードの上級魔術師たちは、破壊の呪文を詠唱し始めた。恐るべき数々の魔力のボルトが空気を切り裂き、目標へと一気に放たれた。いくつものエナジーボルトが、ゴーランの持つブラックロックと、本から発せられた力によってかき消された。
突然地中からものすごい力が湧き起こってゴーランの体が粉々に砕け散ると、彼の苦悶の叫びがぷっつりと途切れた。真実の本は彼の手から滑り落ち、地面に触れる前に……消えてしまった。

「すぐにライキュームに知らせねば」

上級宮廷魔術師のゾーラ(Zorla)が言った。

「ライキュームなら何が起こったかわかるに違いない」








21:25 2017/09/01

by horibaka | 2017-08-15 21:20 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 魔法使いの弟子

ワールドニュース [戻る]
魔法使いの弟子

投稿日:2007年1月13日

「ウェクストン!」

クロノスは大声を出したが、大きな部品箱に頭を突っ込んでいたせいで、その声は遮られてしま
った。

「はい、先生?」

「ウェクストン!」

ウェクストンは、目をぱちぱちさせながら近くに寄って応えた。

「はい、先生。何かおっしゃいましたか?」

ぶつぶつとつぶやきながら、部品箱の中からクロノスが頭を出した。

「ああ、そこにいたのか。完成させるために、いくつかの部品が必要なんだ」

クロノスはローブのポケットをごそごそと探り、取り出したしわくちゃの羊皮紙に何かを書き込むと、それをウェクストンに手渡した。

「ここに書いてあるものを集めてくれ。頼めるね? 急いでくれよ。もう少しで終わりそうなんだ!」

ウェクストンは、クロノスから手渡されたリストに目を通して愕然とした。(うわあ。これを取るためには、あれを殺して……で、これはあそこでしか手に……)

「ちょっと待ってください! どうやってこんなものを手に入れろと? 私の仕事は調査することであって、魔法の鎧と輝く剣を身につけた冒険者じゃないん……」

ウェクストンの声は、消え入りそうなほど小さくなっていた。

「ふむ。冒険が必要っていうことは、誰か手伝ってくれる人が見つかるかもしれないな」

ウェクストンはエプロンについた埃を払い落とし、ヒゲに手をやり胸を張った。ウェクストンが扉の外に出ようとしたとき、またしてもクロノスが頭を出した。扉の外に出ようとしたとき、またしてもクロノスが頭を出した。

「ウェクストン! どこにいくんだ? まだ食事の時間じゃないぞ」

ウェクストンは混乱して振り返り、羊皮紙を頭の上にかざして言った。

「部品を手に入れに行くんですよ、先生! 覚えてらっしゃらないんですか?」

クロノスは顔をしかめてウェクストンを見ると、もやを払うように頭を振って言った。

「あ、ああ。その通りだ。急いでくれ」

今度はウェクストンが顔をしかめる番だった。ブラックロックは周囲に奇妙な影響を及ぼすらしい。自分の師が純粋科学にだけ興味を持っているように見えるのは、よいことだ。ウェクストンは外に出て、明るく輝く太陽をちらりと見た。そして冒険者を探すためにライキュームへと向かった。







19:04 2017/08/31

by horibaka | 2017-08-14 19:03 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 正義の徳に関する書物をユーにて公開

ワールドニュース [戻る]
正義の徳に関する書物をユーにて公開

投稿日:2007年1月6日

リカルドの罪に対して迅速かつ公正な判決が下されたことを記念し、先日発表された「正義とは何か?」に関するブリタニア統治評議会・司法局推薦作品を、ユーのエンパスアビー(70o51N 48o1W)にて公開する運びとなりました。

一部の市民の間では、裁判は不当に威圧された中で行われたと噂されていますが、この本の公開にあたって「正義の徳は常に勝利を得るであろう」というメッセージを、ブリタニアの全市民に送りたいと思います。リカルドの裁判が不十分だったかもしれないという疑問は、杞憂に過ぎません。
我々は、この書物が「本当の正義とは何か?」を皆さんに喚起させるものとなること望みます。

裁判所書記官
ブリタニア高等裁判所








19:02 2017/08/31

by horibaka | 2017-08-13 19:01 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 有罪!

ワールドニュース [戻る]
有罪!

投稿日:2006年12月16日


ブリタニア市民よ、歓喜せよ! ついに正義が成された!

盗賊のリカルド - 脱出の天才にして暗殺者、そして戦争犯罪者 - に、正式な審判が下された。オフィディアン戦争を引き起こし、筆舌に尽くしがたいほどの大量死をもたらしたこの忌むべき男に、とうとう死刑が宣告されたのだ。

賢明かつ公正な司法制度にBNNが関与することができたことは、大いなる誇りである。人々がリカルドを正義の天秤によって測るべきであると考えていたことが、いま一度明らかになった。裁判官のもとへ向かえば常に正義が示されることを知って、この地に住むすべての男性、女性、子供たちは、心安らぐことができた。
徳を求めよ。そうすれば、誰一人として、いまリカルドが恐れているような不安に苛まれることはない。

ブリタニア統治評議会はハートウッドのカスカ(Casca)氏 - 法廷にて王国を勝利に導いた著名な判事 - をこの週末、ブリタニア城の晩餐会に招いた。読者諸兄は、カスカ氏が法廷における代理人となった最初のエルフであることを覚えておられるかもしれない。そして、ブリタニア統治評議会は、彼の努力に対して公式に賛辞することを望んでいる。

街頭で盛大に祝うパプアとベスパーの市民らに対して、王国各地の反応は極めて肯定的だ。わずかな不平分子は、あまり重要ではない問題が法廷で示されたことについて不満の声をあげている。しかしながら、街頭を歩けば、人々が「リカルドに正義を! リカルドに死を!」と本気で考えていることがはっきりとわかる。

【市民からの投書】

「この判決にまったく疑問がないといえば、嘘になります。しかし、私は心の奥底で、真実が明らかにされたと感じています。裁判の仕組みは難しすぎて私にはよく理解できませんが、私にもリカルドが有罪であるということはわかります!」

ヴァレリー(Valerie)/仕立て屋/ブリテイン

「もういいだろう! ヤツを連れてきて、そこに吊るせ! それこそが正義だ!」

サミュエル(Samuel)/製革業者/ベスパー

「公正であることが、もっとも気高い徳であるであることには、我々も同感です。リカルドについても、もちろんです。王国政府は、長い時間を、議論に費やしました。単純なことです。法廷において、彼は有罪であり、それは間違いありません!」

エドガー(Edgar)/見習い書写士/ブリテイン

「オラたちは、失くしたものを取り戻すことはできねえ。でもよ、その責任を取るこたあできる。オラたちの仲間に対して蛇どもが刃物を向けたのとおんなじ運命を、リカルドにもくれてやれ」

ジョン(Johnne)/宝石商/パプア

「これは茶番だ! リカルドは明らかに無罪だ! みんなどこに目をつけてるんだ?」

スーテック(Sutek)/魔法使い/ムーングロウ








18:35 2017/08/30

by horibaka | 2017-08-12 18:34 | その他 | Comments(0)