excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 老婆イヌ 第二章 【2/2】


「それにタウンクライヤーの話だと、その本はイヌお婆様と話した直後に見つかったそうじゃない。覚えてる?」

ケンは振り向こうともしないで言った。

「そうだね」

彼がそんな素っ気無い返事をするとは思っていなかったので、彼女は急に居心地の悪い気分になった。しかしハーモニーは既に歩いて銀行の中に入っていたので、マヤは部屋に戻るまでは何も話さないようにしようと決めた。

結局、マヤがケンと2人きりで話す機会は訪れなかった。その夜はハーモニーと本をくまなく読み、彼女からこれまで聞いたことのなかった古代の戦いについての歴史を教わった。それによると、かつて世界の大半がひとりの男によって征服されそうになったが、別の男がなんとかそれを食い止めたという。それは、以前父親から聞いた話を思い出させて、彼女の心に深く刻まれることになった。

ひとしきり話が済んだ後、新しい情報提供者がいないか確認したいからと言って、ケンはひとりでキャッツ・レイヤーに出かけた。マヤはベッドに横になって先ほどの話について考え、父親が話してくれた昔話の詳細を思い出そうとしたが、すぐに眠ってしまった。

翌日も手掛かりのない日が過ぎて、ケンはさらに鬱屈し、マヤも同じように不機嫌になっていた。ハーモニーは、ふたりが陰気であることなどお構いなしに明るく、ひとりで秘薬を買いに出かけることにした。そのため、ケンとマヤはふたりで情報収集をすることになった。

「なにが不満なの?」

ケンがその日に使う予定のゴールドが入った小袋を彼女に投げた。マヤはそれを掴んだが、彼の投げ方は思っていたよりも乱暴だった。

「不満って?」
「そうよ! あなたの不満のことよ! もう何日もそんな状態じゃない!」

ケンはマヤのほうに一歩踏み出して、平静な声で言った。

「何日も、だって? 理由は明白だ。そうだろ?」
「どんな理由よ?」

彼女には分からなかった。

「これさ!」

彼は、部屋を見回しながら手を振って声を荒げた。

「どうしてこんなことをしてるんだ!?」
「イヌお婆様を探すためよ! 忘れたの? 手伝ってくれるっていったじゃない!」
「マヤ、何のためにだい?」

彼女は彼を見上げ、驚くと同時に少し腹を立てた。

「何が言いたいのよ!」

マヤは思わず大声を出したが、ケンも怯まない。

「イヌ婆はもう見つかった。彼女は元気だ」

ケンはマヤが何か言うのを待ったが、彼女は目に涙を溜めていた。

「マヤ、君のせいじゃない。イヌ婆は放っておいてもらいたいんだよ」

マヤはケンに背を向けて、腕を組んだ。

「わかってるわよ!」
「だったら、どうしてここにいるんだい?」

ケンは尋ねようとしたが、マヤが振り返って彼の両肩を掴んだ。

「じゃあ、あなたがまだここにいるのは、どういうことなのよ!」

ふたりはそのまま睨み合った。一週間ぶんの鬱屈した感情が堰を切って流れ出したが、ケンには答えが見つからなかった。マヤは彼の肩から手を放し、一歩後ろにさがった。怒ったあと別のことで頭が一杯だったので、マヤは傍らで空気の舞うかすかな物音に気付かなかった。

「すまなかった……」

彼は何か言おうとした。

「どうしたの、マヤ?」

ハーモニーはそう言って、2人の方に屈んで彼女をじっとみた。マヤは悲鳴をあげ、ケンが後ずさりした。

「ここ、私のリコール地点なのよ。お気の毒さま」

彼女は笑った。





その夜は全員がキャッツ・レイヤーで過ごしたが、今回は特別な目的があった。ハーモニーが突然部屋に戻ったのは、エルストンがその夜、彼らに酒場に来るよう頼んだからだった。彼がある傭兵グループと接触したところ、彼らがイヌの情報を持っていて、その情報を売りたがっているとのことだった。

いつもの隅のテーブルに座って周囲の客の会話に耳を傾けていたが、誰も彼らに話しかけてこないので、ハーモニーはマヤにサイコロとカップの "ハイ&ロー" の遊び方を教えていた。

「そうすると、もしサイコロの目が7で、私がハイを選んでいたら私の負けなの?」
「そうよ」

そう答えると、ハーモニーはサイコロをマヤに手渡した。

「じゃあ、今度はどう? ハイか、ローか7か?」
「そうね、ロー!」

マヤがカップを振ると、サイコロは飛び出してテーブルを転がっていった。先に飛び出したサイコロはマグに当たって跳ね返り、テーブルの端で止まった。もうひとつは、テーブルから落ちて床の上を転がり、客のブーツのつま先の上に乗った。
ブーツを履いた長身の男性客はバーとテーブルの間に立ち、マグを片手に彼の知人たちが座っている隣のテーブルに移動し始めた。ハーモニーが叫んだ。

「動かないで!」

酒場の半数の目が咄嗟に赤毛の少女に注がれたが、彼女はその男のほうに駆け寄ると足元にうずくまり、出た目が変わってしまわないようにブーツのつま先からサイコロをつまみ上げた。

「2よ!」

彼女はケンのほうを見た。恥ずかしさでケンはうつむいたが、会話が途切れた周囲の静寂さに比べると少々大きすぎる声で答えた。

「3だ!」

ハーモニーはサイコロを手に乗せてマヤの方に走り、彼女の手を握って言った。

「あなたの勝ちよ!」

ケンが先ほどの男性に目をやっている間、マヤとハーモニーは勝利を祝っていた。その男は肩越しにバーを振り返り、エルストンのいる方向を向いて頷いた。エルストンは頷き返した。そして突然、その男は彼ら3人の方に向かってきた。

「失礼ながら……」

彼は、手に持ったマグをテーブルに置きながら話した。

「ある老女に関する情報を探していると聞きましたが?」

ゴールドの小さな袋と交換に、彼らは最近イヌの噂を聞かない理由を知った。マヤはその傭兵に丁寧にお礼を述べ、彼らが立ち去ると同時に宿へと急いで帰り始めた。

「マヤ! 待てよ!」

ケンが叫び、足早に歩いて彼女に追いついた。

「だって、わかるわけがなかったんだし!」

ハーモニーも加わって言った。マヤは立ち止まらずに、大声で言った。

「家にいるですって! 砂漠の家に戻って、今までずっとそこにいたなんて!」
「いや、そういうわけでもないんだ!」

ケンがそう言って、ハーモニーと一緒にマヤの隣にならんだ。マヤは少し歩調を緩め、冷静さを取り戻していった。

「そうね、今までずっとじゃないわ。でも、ほとんどそうだったのよ!」
「でも、少なくともいまはルナにいることがわかっているわ」

そう言って、ハーモニーはマヤを慰めようとした。マヤは、まっすぐ前を向いたまま答えた。

「ええ。明日の朝すぐに、そこに向かうわよ」





「巨大ね」

マヤはそう言うと、頑丈な砂岩の壁の先端を見上げた。彼らは、都市の城壁と中心の大きな建物の間にある中庭のような場所にいた。ブリテインと同様にそこかしこに人がいるが、大部分の人の流れはその建物のほうに向かっていた。
彼らが玄関口を歩いているとき、マヤはその建築物について訪ねた。

「本当のことは、誰にもよくわからないの」

ハーモニーが答えた。

「ムーンゲートがマラスに繋がるようになったときから、ルナはいまの状態だったから」

ケンが追いついてきた。

「ということは、この建物は最初からここにあったということかい?」

ハーモニーは頷いた。

「これも、城壁も、いくつかの廃墟も、アンブラも……」

建物の中心部に来たので、次第に話し声が聞き取りにくくなっていた。

ケンとマヤを連れて、ハーモニーは建物の中央廊下の側面や回廊の周囲を案内した。イヌの姿が見当たらないのでマヤがハーモニーに向かって叫びそうになったとき、突然群衆が静かになった。建物の中心部から群集に向かって叫んでいる声が聞こえたが、その声は男性のものだった。さらに喧騒が収まると、その男の話す内容が聞き取れるようになった。

「我が善良なる朋友たちよ!」

その男は群集に熱く語っていた。

「ご清聴を。お知らせしたいことがあるのです!」

誰かが何か言う前に、彼は続けた。

「皆さまもご存知のイヌという人物について調査をするため、わたくしバーナード・デゥ・ルーは、この女性の予言の信憑性を確証すべく、調査隊を結成しようとしております」

彼は息を吸い込むと、熱烈な調子で続けた。群集も止めようとはせず、低いつぶやきがそこかしこで広がっていた。

「皆さまもご承知のとおり、この不可解な女性は、誰にも理解できないおかしなことを口走っております。しかしです!」

そう言って、彼は隣に立っている若者の方を向いた。

「しかしながら、ここにいるヴィンセントは、彼女のメッセージを解読したと言うのです。ヴィンセント! さあ!」

ヴィンセントは一歩前に出ると、乱れた髪の毛に手を走らせた。しばらく彼は聴衆と目を合わせるのを避けているように見えたが、やがてまっすぐに前を向いて彼らの目をしっかり見据えた。

「まず最初に、私はこうした予言の類を信じるものでないことをご承知ください」

バーナードは深く頷いた。聴衆のうち数名が声援をあげて、彼を支持した。

「それを前提としまして、彼女は姿を消すまえに、はっきりと次のように話しました。『ちをたどるおんよおなおそれ』」
「ワケがわからないぞ!」

前列の男が叫んだ。

「そう、そこなのです。我々が問題にしているのもそれなのです」
「もったいぶるな!」

別の誰かが叫んだ。

「ええ、彼女の頭が混乱しているというのはわかっていて……彼女の何かが上手く働いていないわけですが、そこで私は彼女が口にした単語を書き付けて、それらをよくよく考え、何か意味のある事柄を導き出そうとしました」

バーナードは彼の背中を叩いた。

「そして、彼はほんとうにそれを導き出したのです!」

ヴィンセントは俯いてクスリと笑い、思わずにやけそうになるのを隠した。

「そうです。少なくとも我々はそう考えています。そこに書かれた単語を見ているとき、私は最近のニュースに載っていた言葉のパズルに関する記事を思い出しました。覚えていらっしゃる方はいるでしょうか、このイヌという女性もその記事に含まれていたことを?」

聴衆の中にまばらに肯定する声が聞こえたので、彼は微笑んで話を続けた。

「そうした手掛かりに導かれて、私はそのメッセージのなかのいくつかの文字を並べ直してみました。そして、遂に、驚くべき結論に達したのです!」

先ほど叫んだ男性が、今回も声を上げた。

「それで、何だったんだ?」

ヴィンセントはその男性を凝視し、一呼吸置いてから、ようやく返答した。

「おどるおんなたちをおそれよ!」

ヴィンセントの顔が興奮で輝いたが、聴衆はひどく静まり返ったので、彼は次に何を言われるかと思って気が沈んでいった。

「ファンダンサー道場ね!」

マヤが唐突に叫んだ。聴衆の一部がこのひどく滑稽な「啓示」を笑おうとしていた矢先に、彼女はヴィンセントの説明に没入し、衝動的にそう言ったのだった。バーナードはとても喜んでいた。

「ええ、そうなのです、お嬢さん!」

彼はおもむろに聴衆の中に分け入り、彼女の腕を掴んで台の上に引っ張り上げると、マヤの周りをせわしなく歩き回った。

「ご覧のとおり、皆さまのうちの少なくともお一人が理解されました。やはり、この謎には何かがあるのです!」

ケンとハーモニーも聴衆を押しのけて、マヤの方に行こうとした。バーナードはふたりが進んできた意味を誤解した。

「おぉ! 誇り高き冒険者が、もうお2人! これで5名となりました。他にも加わる方はおりませんか?」

ケンは反論しようとしたが、マヤが首を振った。ハーモニーはそんな状況をまったく意に介していないらしく、彼らがバーナードの側に立っている間、暇そうにナップサックをごそごそやっていた。まさに、バーナードの熱意とカリスマが功を奏して、道場の探検に興味をもつ十数名がさらにグループに加わった。

聴衆が散会した後、バーナードは全員を建物の2階へ案内した。そして大理石のベンチに腰掛けると、彼らは互いに自己紹介した。バーナードが攻撃プランを説明している最中に、マヤが発言した。

「すみません、イヌお婆様がどこに行ったかご存知ではありませんか?」

彼は中断されたことを気に留めていないらしく、彼女の方に向き直った。

「大変残念ですが、お嬢さん、心当たりがありません。我々が彼女の最後の言葉を辿るのは、そのためなのです!」

ヴィンセントも横から言葉を挟んだ。

「このイヌという人物については、どこを探すべきか皆目見当が付きません。先ほどお話したとおり、目の前に残された手掛かりを辿りたいと思っているのです」

彼女が礼を述べるとバーナードは計画の説明を再開し、その間マヤもケンとハーモニーと一緒に話し合った。そして、他に手掛かりがない以上、彼らについて行き何が起こるのか見届けるのが最善だということで同意した。彼らがその結論に達すると同時に、バーナードが全員に声をかけた。

「それでは、参りましょうか?」





森のはずれに開いたゲートからグループのメンバーが次々と姿を現し、道場の前にある砂の中庭に立った。マヤはこれまで見たことがなかったのだが、それは彼女の両親が寝る前に話してくれた怖い話で出てくるものと寸分違わぬものだった。

「マヤ、こっち!」

ケンが叫んで彼女の腕を掴み、パーティーの中央へ押し込んだ。すでに彼らは、少なくとも十数人のファンダンサーに囲まれていて、道場の入り口からさらに多くが滑り出してきていた。視界の隅に革鎧をまとった戦士が出たり消えたりした。間違いなく敵の円陣は狭くなってきている。
マヤは他の人たちをちらりと振り返ったが、彼らの冷静さが場違いに思えた。ハーモニーまでが、呪文書のページを静かに繰っていて、まるでそれが日常茶飯事でもあるかのようだった。

「そういうものかもしれないわね」

マヤは苦々しく思った。ケンが彼女の側まで来て剣を抜き、身構えた。

「もし何かあったら、ゲートに飛び込めばいい」

とケンが言った。

「そうね……」

彼女が脇差を抜いたとき、ハーモニーが突然言った。

「心配しなくていいわよ。テイマーが数人いるし。それに、少なくとも半分は魔術師だからね」

ハーモニーは微笑むと、先ほどから選ぼうとしていた呪文のページに指を置いた。

「これがいいわ」

彼女はそう言うと、ナップサックに手を突っ込んでごそごそと秘薬を探し始めた。マヤとケンはお互い頷きあって、ハーモニーを見ていた。ファンダンサーと忍者はいまも彼らを取り巻いていて、森と道場の間に蟹爪型の陣形を作りつつあった。
数人の魔術師が召喚呪文を唱え始めると、柔らかな物音が空気を満たした。ハーモニーはまだじっとしていたが、呪文を唱え始めたときには、深く集中しているように見えた。

「In……」

マヤは剣先を前に向け、目の前の砂に視線を置きながら、彼女たちに近づこうとするかもしれない隠れた敵を見落とすまいとしていた。

「Jux……」

ケンは2人のファンダンサーを注視していた。それは森の端を行き来していたが、彼ら3人のグループに照準を合わせているように思えたからである。

「Hur……」

ハーモニーはもう目を閉じていた。柔らかな光が呪文書から湧き出て、彼女の両腕を上昇していた。

「Ylem!」

ハーモニーを包んでいた光が突然凝縮し、彼らの目の前を過ぎて、道場の前庭へと走り抜けた。その光は瞬きながら形を成し、奇妙な金属の物体に変わった。太陽の光を反射しながら、それはゆっくりと回転しはじめ、だんだんと速度を増していった。

「あれは何?」

マヤがハーモニーに尋ねた。彼女はまた呪文書をめくっていた。

「ブレードスピリット」

彼女は、顔も上げずに、素っ気無く言った。
マヤはその奇妙な物体をじっと眺めた。それはさらに回転速度を上げていて、鋭い不自然な音を立て始めたかと思うと、鋭利な金属の刃が中央から広がっていった。
彼女には信じられないことに、それは魂を持たない剣士のようにファンダンサーたちの注視のなか、群れの方へと進んでいった。刃の裂く音が聞こえ、瞬く間にその魔法の物体は、少なくとも3人を倒して道を開いた。彼女がようやく目をハーモニーに戻すと、彼女はちょうど次の呪文を探し終えたところだった。

「見事だね、第5サークルか!」

別の魔術師がハーモニーに向かって叫んだ。

「我々も協力しよう!」

その言葉とともに、地面が半ダースの紫のエネルギーの塊でうまった。それはブレードスピリットと同じように回転を早め、目標に向かっていった。目に見えない魔法のエネルギーが獲物目掛けて飛び出していった。ハーモニーは動きを止め、瞬きすると、顔を上げた。

「ああ、エナジーボルテックス!」

マヤはすばやく尋ねた。

「どれがそうなの?」
「もう勝負はついたみたいね」

ハーモニーはそう言って、拍子抜けしたように呪文書をナップサックに戻した。

予想どおりだった。数分の間にさらに多くのエナジーボルテックスと召喚されたペットによって、一帯は制圧されていた。このような生々しい力を見たことがないマヤとケンには、信じられない光景だった。
数人の魔術師がポーションを飲んだり、お互いに簡単な強化魔法を掛け合ったりしていた。テイマーたちは、ペットをそばに待機させていた。マヤは巨大な竜が彼女と目を合わせるたびに、震えを抑えられなかった。
バーナードは道場の入り口の階段に立って、身振りで全員に話を聞くように促した。

「我々のひとりひとりが眼を光らせて、少しでも異常なものがないか注意するようにいたしましょう」
「ファンダンサーたちが隠したがっている何かが、ここにあります。我々はそれを見つけ出さねばなりません!」

グループに歓声が起こったが、マヤとケンは黙っていた。この僅かな数のブリタニア人がこれほどの力を持つことを知るにつけ、自分たちがどれほど無知で無防備であるかを心の奥底で考えざるを得なかったからである。マヤは、侍や忍者の一団が島の奥地で生涯をかけて鍛錬し、このようなことができるようになるという伝説を聞いたことはあったが、実際に誰かがやっているのを見ることになろうとは予想もしなかったからである。
バーナードが身を屈めて入り口を通ると、すぐに彼ら全員も道場の地下道の奥深くに入っていた。彼らが迷路のような通路を深く進んでいく間、ハーモニーはしばしば呪文を唱え、そのあとで呪文の名前や効果をマヤに説明しながら、怖がる素振りもなくマヤに話しかけていた。

曲がりくねった通路を進むうちに、数時間が過ぎていた。この寄せ集めの探検隊が、マヤの故郷では間断なき脅威と考えられているものに対して、これほど効率よく対処していることに彼女は驚かざるを得なかった。彼らがこの場所を破壊して全てを終わらせてくれればいいのにと思いそうになったが、このパーティーのメンバーはヒーローというよりハンターに近く、そんなことは彼らの胸に浮かばないのだろうとも感じた。

ある場所で、彼らは召喚デーモンの待ち伏せに会った。はじめのうちは誰も気にしなかったが、彼らが召喚デーモンの一匹に相当なダメージを与えたとき、それが突然テイマーのメアたちを襲った。
他のデーモンが無数の呪文で手も足も出せないでいるときに、そのモンスターは一匹のメアを八つ裂きにして、彼らの目の前で食ってしまった。彼らをぞっとさせたのは、そのデーモンが唸り声をあげて立ち上がり、新たに力を取り戻して彼らの目の前に立ちはだかったときのこと。その体には、傷跡ひとつ残っていなかったからである。

しかし一人の魔術師が命がけで走り出て、後ほどハーモニーから聞いたところのマスディスペルという呪文を唱えたことで、一気にカタが付くことになった。そのデーモンの形相は苦痛で歪み、彼とその仲間たちは魔法の光になかに吸い込まれていった。

そこまでは彼らも幸運だったので、マヤもほぼ安心して、グループに訪れた変化を眺めながらダンジョンの深みへと進んでいった。バーナードの顔から微笑みが消え、テイマーが連れている動物の炎で目の前の道を照らしながら進んでいった。ハーモニーはグレーター・ヒールの魔法の巻物を何本か取り出して、ベルトに差し込み、すぐに使えるようにしていた。ケンとマヤも武器を手に持って準備をしていたが、ときおり瀕死のモンスターに対処することを除けば、ただ他の人たちの後を付いていくだけだった。

「休憩にいたしましょうか?」

彼らが行き止まりにぶつかり、その部屋の居住者たちをなんとか掃除し終わった後、バーナードがそう提案した。ドラゴンが彼らの部屋への入り口を守り、グループはこれからの計画について話し合った。

たまたま降りかかった不運を問題にする冒険者たちと、バーナード、ヴィンセントとの間で、口論が持ち上がった。マヤには彼らが不満をいう理由がわからなかった。彼らが敵から奪ったゴールドや宝石を集めているのを見ていたからである。
そしてマヤは、デーモンの襲撃でメアを失ったテイマーを見て、そのグループの苛立ちを少し理解した。マヤは彼のところに歩いていって何か話しかけたかったが、そのときケンが彼女に向かって叫んだ。

「マヤ、こっち! これを見ろよ!」

彼は、床の片隅にある巨大な角のついた頭骸を指差していた。バーナードにもそれが聞こえたので、気分を変えるいい機会だと思って、急いで歩いてきて言った。

「ああ、デーモンの頭骨ですね。なんと貴重なものを!」

全員がバーナードの視線をたどり、ちょうどケンがその巨大な頭骨のそばを歩いて反対側に来たのを次の瞬間、彼の姿は忽然と消えてしまった。

「ケン!」

マヤが叫んだ。バーナードが駆け出し、残りの人たちも彼の周りに集まった。マヤとハーモニーは肘で周囲をかきわけて前に進んだ。さきほどケンが立っていたところには、大きな穴が開いていた。彼は奇しくも、隠し扉を発見したのだ。

「おーい!」

バーナードが穴に向かって叫ぶと、彼らはうめき声が帰ってくるのを聞いた。マヤは彼を追って何も考えずに飛び降りた。
数分後、グループの大部分はケンの見つけた入り口から下へと降りていた。さきほどのテイマーはドラゴンの飼い主と一緒に部屋にとどまって背後を守り、彼らはケンに怪我がないかどうか世話をしていた。

「だれかお願いできますか?」

薄暗いトンネルを見下ろしながら、ヴィンセントが言った。マヤには、数人の魔術師が同時に "In Lor" と言うのが聞こえ、次の瞬間に目の前の道が明るく照らされた。彼女は光源がどこにあるのかを探そうとしたが、皆がトンネルを降り始めたので彼女もハーモニーについて歩きだした。遠くから、低く響く音が聞こえていた。
彼らがいたのは、狭くて曲がりくねった道で、ときどき小さな部屋に繋がっていた。それぞれの部屋には何者かに使われていた痕跡があったが、そのダンジョンの住人はなかなか見つからなかった。

ある角を曲がったとき、彼らは天井が高く間取りも広い大きな部屋に出た。しかし彼らの注意を引いたのは、部屋の隅にうずくまる大きなデーモンだった。ハーモニーは本能的に呪文書に手を伸ばし、ケンは静かに剣を抜いた。
数人の魔術師が召喚呪文を唱えはじめたときに、デーモンの目がカッと開き、裂けた大きな口から低くうねるような音が聞こえてきた。

「立ち去れ!」

(第三章へ続く)








23:19 2017/08/15

# by horibaka | 2017-07-13 23:17 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 老婆イヌ 第二章 【1/2】

ワールドニュース [戻る]
老婆イヌ 第二章

投稿日:2006年6月13日

ブリタニア保安官が手にしていた羽根ペンのインクが切れて、ページを引っ掻いた。気を削がれた彼はペンをインク壺に戻し、立ち上がって少し背伸びをすると、厚い石壁に開いた窓のほうに歩いた。
朝から曇り空だった。フェルッカの月の周囲がおぼろに霞み、2つの月がまだ空にあることがわかる。すでに街は動き出していた。商店が朝の支度をし、道を挟んだ家々の明かりが灯り始めていた。
背後からよく響く足音が近づいてきたが、彼は振り向こうともせず、ひんやりとした朝の空気を楽しんでいた。

「おはようございます」
「おはよう、ヘンリー」

ガードの声を聞き分けて、保安官が応えた。

「状況は?」
「異常ありません」

保安官は背中で手を組むと、前にかがんで眼下の通りを見つめた。

「客人たちは元気かね? 昨晩は何事もなかったろうね?」
「もちろんです。一晩中、気づかれないように遠くから監視しました」
「それで、いまの状況は?」
「若い連中はキャンプにいます。あの老婆は消えました。追跡係が北の街道で見失いました」

保安官は溜息をついた。こういうときにすかさず嫌な顔をしてやりたいものだと思ったものの、少しだけ振り返って視界の端にヘンリーを捕らえながら、できるだけ関心がなさそうな素振りを装って言った。

「それで?」

ヘンリーが途端に動揺したのが見て取れた。

「え、えっと、老婆は夜中にキャンプを抜け出し、北に向かいはじめました。衛兵詰所跡を越えたあたりで、見失いました」

保安官は完全に振り返ると、歩いて机に戻った。折に触れて芝居じみた挙動を楽しむ彼は、今回もそうすることにした。机に腰をかけるとインク壺から羽根ペンを取り直し、さきほど止めていたところから書類の作成を再開した。

「ヘンリー?」

しばらくして、彼はそう言うと、すばやい筆捌きで最後の一文を書き終えた。

「なんでしょうか?」
「頼みたいことがある。これを城に届けてほしい」
「承知いたしました」

保安官は手紙を折りたたみ、赤い蝋で封をした。かがんでヘンリーに手渡そうとするが、彼がその封書の端を掴んだあとも手を離さない。保安官はヘンリーの呆然とした顔を見上げた。

「キミは詮索好きな性格かね、ヘンリー?」
「そういうことは、私の職務ではありませんので……」
「そうだな」

彼はそう言うと、封書から手を離した。

「では、これをロイヤルガードの詰め所に届けてくれ」
「わかりました」

ヘンリーが立ち去ると、保安官は椅子に背をあずけて微笑んだ。





「ケン、起きるのよ!」

ケンは寝返りを打って、毛布のなかで体を縮めた。

「ケン! 起きなさいってば!」

両手で体を引っ張られたケンは、マットから転がって湿った草の上に落ちた。目を開くと地面にうつ伏していることがわかったが、マヤの努力にもかかわらず、ケンの頭はぼんやりとしていた。なんとか体を起こして四つん這いのまま傍らのマヤを見ると、彼女はケンが引き落とされたマットのそばに膝をついていた。

「なんだよ?」
「彼女がいないのよ!」

マヤが身を乗り出して、ケンの片手を引っ張った。

「イヌ婆のことかい?」

頭がはっきりしていくのを感じながら、ケンが尋ねた。

「そうよ! お婆様が消えたのよ。私たちが目を覚ましたら、毛布も何もかもなかったの!」
「私たちって? ああ……」

そう尋ねた瞬間に記憶が蘇り、マヤの後方にいるハーモニーを見た。彼女はキャンプの周辺を歩きまわりながら、丹念に地面を調べていた。

「それがどうかしたのかい。僕らが寝ている間に出発しただけじゃないの?」

マヤが即座に首を振った。

「どこに行ったのかわからないの。ハーモニーが調べているけど、この辺りは草地だから、足跡が見つからないのよ」

彼は周囲を見回した。キャンプの南側は、切り立った崖の先に海が広がっている。北側はハーモニーが森との境界を歩きながら調べている。

「いや、まてよ……」

彼は考えをまとめてからおもむろに歩き出し、焚き火を通り越して波音のする方角へ向かった。マヤも振り返って後に続いた。

「ちょっと、どこ行くのよ」

いちばん高い断崖の側まで歩くと、彼は海岸線をぐるりと見下ろした。

「夜中に滑り落ちたりとかは、してないようだね」

彼はそういって、ほっとした。

「縁起でもないこと言わないで!」

ケンは苛立って振り返った。

「縁起でもない、ってどういう意味だよ? イヌ婆はお年寄りだ。おまけに頭がおかしいんだ! 事故の可能性だってある。夜中に起きて、足を滑らせて……」

マヤの顔がこわばったので、彼はそれ以上話すのを止めて上手く話題を変えようとした。

「いや、つまり、ごめん。朝だし、それに……」

彼の隣で、ハーモニーが突然尋ねた。

「何かわかったかしら?」

いままで居なかったはずのハーモニーが突然現れたので、ケンは少しのけぞってバランスを崩したが、彼女がすばやく彼の腕を引っ張って落ちてしまわないように繋ぎとめた。

「ぼんやりしちゃダメよ!」

ハーモニーが面白がって彼を叱った。マヤは悲鳴を上げそうになるのを我慢した。

「いや、ありがとう」

弱々しくケンが言うと、マヤが怒った。

「やめてよ、そういうの!」
「あなたたち2人が盛り上がっていたから、テレポートして聞きにきたのよ」

ハーモニーは崖の端からマヤのほうに歩きながら謝った。彼女がずっと微笑んでいたので、マヤもつられて微笑んでしまった。

「ケンも怖がっていたし、これからは用心するでしょうね」

「ちょっと、こっち!」

半時ほど過ぎて、ようやく手がかりが見つかった。ハーモニーが森の奥まで分け入って、ブリテインの東側へ続くあぜ道を見つけた。その小道の南の端にサンダルの足跡があり、街道へと続いていた。そのかすかな足跡には、まだ朝露が残っていた。
しかし足跡が踏み固められた街道に入ると、どの方角に向かったのか判別するのは困難だった。彼らはいったんキャンプに戻ると、朝食をとりながら自分たちの状況について話し合った。

結局、彼らはブリテインに戻って、なんらかの情報を入手しようと決めた。イヌと一緒ではないのだから、ガードに邪魔されることはないはずだとハーモニーが言った。マヤは街の噂を聞きたかった。もし何か聞き出せれば、イヌに会う前に、少なくとも彼女が置かれた状況を把握できるからである。





しばらくすると、彼らは銀行の向かいにある酒場、キャッツ・レイヤーの前に立っていた。酒場の入り口は銀行から遠く離れてはいたが、それでも道から聞こえてくる喧騒が耳についた。

「みんな、いいこと。シャキっとするのよ!」

マヤが言った。

「お店に入ってテーブルに着いたら、常連みたいな顔をするのよ」

ケンが肩をすぼめた。

「はい、はい」

ハーモニーは少し戸惑っているようだった。

「でも、わざわざそんなことしなくても……」

マヤが手を振って彼女の言葉を制した。

「心配しないで。こういうのには慣れてるの。禅都にもこんなとこがあるし!」

そう言うと、マヤは気を引き締めて扉の取っ手を握り、勢いよく引っ張って開けた扉から2人を連れて、大またで入っていった。もし誰かが近くにいてそれを見ていたとしたら、3人連れの派手な登場になったかもしれない。しかし、マヤの目には誰もいないテーブルが並んでいるだけだった。

「いらっしゃいませ」

店の端から丁寧な声をかけられた。マヤが目を向けると、ブロンドの中年男性がバーの奥でマグを磨きながら、騒々しい入店をおもしろそうに眺めていた。ケンとハーモニーも彼女に並んだが、ハーモニーはさらにまっすぐにバーの方へ進んだ。

「エルストン!」

ハーモニーが楽しげに叫んで、バーに駆け寄るとカウンター越しに抱きついた。

「ハーモニー、よく来たね。そちらの若いお客さんたちは、どちら様かな?」

彼女は椅子に腰掛けて体を回すと、片手をカウンターの乗せたまま、もう一方の手で紹介した。

「私の新しい友達で、旅の仲間のマヤとケンよ」

ケンが歩み寄ってハーモニーの隣に座り、カウンター越しにエルストンと握手を交わした。

「はじめまして」
「よろしく。ハーモニーの親友なら、私にとっても親友です」
「はじめまして、エルストンさん」

マヤも挨拶をして、同じように歩み寄った。

「よろしく。いつでもいらっしゃい、大歓迎ですよ」

ハーモニーは微笑むと、バーの方に向き直った。

「ミードを3ついただけるかしら」

彼女はウィンクして言った。

「例のやつね」

エルストンが顔をほころばせて、にっこりと笑った。

「会った瞬間に、そう来るだろうと思っていたよ。少々お待ちを」

彼はそう言うと奥の壁のほうに寄り、マグに飲み物を注ぎ始めた。マヤは身を乗り出して、ケンの頭越しにハーモニーへ話しかけた。

「ねえ、どうしてマスターを知ってるって言ってくれなかったの?」

ハーモニーはウィンクをして答えた。

「その方が面白いから」

ケンがくすりと笑う。

「言おうとしてたじゃないか」
「そうね。でも遅いのよ!」

彼女は何か言おうとしたが、マスターがこちらへ戻るのが見えた。

「はい、お待たせ」

そう言ってエルストンは黄金色の液体に満たされた3つのマグを置いた。

「この子がどんなに困った娘か、おわかりになったようですね?」
「エルストンったら!」

ハーモニーが頬を膨らませた。彼らがふざけている間、マヤはその飲み物のことを考えていた。蜂蜜のような甘い匂いがしたが、これと同じものは今まで飲んだことがなかった。試しに一口味わってみると、苺の味もすることがわかって驚いた。エルストンもその様子に気付いたようで、すぐに彼女に話しかけてきた。

「アビー・ミードは初めてですか、お嬢さん?」

ハーモニーもふざけて付け加えた。

「ミードは飲んだことなかった?」

その間にケンは半分飲み終えて、気持ちよさそうな顔をしていた。

「禅都にも、これがあればいいのにね」

彼が大きな声で言った。

「おや、禅都にミードは無いんですか?」

エルストンが尋ねた。ケンが出身地を言ったのに彼が瞬きすらしなかったことを、マヤには不思議に感じた。

「いまは禅都にもあるけど、こんなのじゃないんだ」

そう言って、ケンがまたゴクリと飲む。

「気に入ってもらえてよかった、よかった。でも、アビー・ミードはかなり珍しいんだ。ハーモニーは、これを注文できる数少ないお客さんのひとりだよ」

マヤとケンが、同時にハーモニーのほうを向いた。

「いったい、おいくらなの?」

赤毛の魔法使いのほうを驚いて見つめながら、マヤがエルストンに尋ねた。ハーモニーが飲み干したマグを2杯目と取り替えながらエルストンが答えようとしたときに、ハーモニーが突然言葉を遮った。

「あら、そんなたいしたものじゃないのよ。ねえ、エルストン?」

彼はくすくすと笑って答えた。

「そうですね。あなたには全然たいしたものじゃないですね」

ハーモニーはエルストンにしかめっ面をしてみせたが、ハーモニーが普段見せないふざけた仕草だったので、マヤは思わず声を上げて笑った。
そして身をよじってクスクス笑っているうちに、彼女は店の中が暖かくて居心地のよい場所になっていることに気付いて驚いた。ケンはバーの上に腕を組んで頭を乗せ、彼女たちをぼんやりと見つめていた。

「ヒック」

マヤがしゃっくりをした。

「あら、まあ」

ハーモニーが笑いながら椅子をマヤに近づけて、彼女を支えた。

「ま、ヒック」

マヤがまたしゃっくりをした。

「思うんだけど……」

ケンがゆっくりと言った。

「お酒を飲むには、ちょっと早すぎる時間だったみたいだね?」

マヤは言い返そうとしたが、しゃっくりに止められてしまった。





その日残った時間を使って彼らはブリテインのあちこちを歩き回り、必要な物を購入して、街に宿泊するための準備をした。ハーモニーは酒場で奇妙なポーションを作成した。そのおかげで彼らの酔いはすぐに醒めたのだが、マヤはあのミードがとても強い酒であることがいまだに信じられなかった。
彼女は2つのことを心に留めることにした。アビー・ミードは病みつきになること。そして、グリゼルダという人が考案したものには注意すること。酔い覚ましの効果は素晴らしかったが、ポーションはひどい味だった。

マヤがスウィート・ドリームス・インで部屋を予約している間に、ケンとハーモニーの2人は街の北側にある魔法屋に出かけた。夕方に部屋で落ち合い、一緒に酒場に出かける約束をしていた。その時間なら、酒場も客でいっぱいに違いない。

その夜は、特に変わったことは起こらなかった。店の隅のテーブルに座り、彼らの手助けをしてくれそうな人を教えてくれるようエルストンに頼んでいた。しかし残念ながら、ときどき噂話を聞くだけで、有益な情報を伝えてくれる人はいなかった。
ときおり、誰かが最近銀行の近くで見かけたおかしな老女について話をしていた。どうやら彼女はそれ以来現れることはなく、彼らもその問題については一晩で忘れてしまい、翌朝には別のことを考えることにしたらしかった。

次の日を迎えても、よい案も新しい手掛かりもなかったので、彼らはその後数日のあいだ昼間は街の人たちと話し、夜は酒場を訪れて過ごした。マヤは少しイライラしてきたが、ムーンゲートが街と街の間の移動を楽にしたとはいえ、世界の全ての都市を訪問する手段があるわけではなかった。ブリテインは王国の首都だし、遅かれ早かれ手掛かりになるニュースをもたらしてくれる人が見つかるだろうと思っていた。

ある朝、彼らが宿に戻ろうとして歩いていると、タウンクライヤーが突然彼らの注意を引いた。

「ニュースだよ!」

彼は叫んだ。3人は他の数人の人たちとともに立ち止まり、彼の話に耳を傾けた。
どうやら冒険者の一団がたまたま洞窟を発見し、そこでラットマンの群れやモンスターを退治したということらしかった。マヤは最初特別なニュースだとは思わなかったのだが、タウンクライヤーの説明によると、そのグループが洞窟の入り口に行き着いたのはイヌと話した直後だということだった。

「そして、ロルガッシュを倒すと、なんとそいつが、ある失われた本を隠し持っていたことが分かったのです!」

とタウンクライヤーは続けた。

「本日、王立出版局はブリタニア市民に、我らが最も偉大な魔術師のひとり、ニスタルが記した知の経典を紹介するものであります!」

ハーモニーは熱心に話しを聴いていたが、そこで頭を上げてタウンクライヤーをじっと見つめた。彼はまばらに起こった拍手にお辞儀をすると、一冊の革張りの本を高く掲げた。

「彼らはどんな本を発見したのでしょうか? そして我ら善良な市民にとって、それがどういう意味を持つのでしょうか?」

全員の関心がタウンクライヤーに集まっていることは明らかだった。彼は続けた。

「皆さん、これは『The Shattering』という名の本です。我らブリタニアの宮廷魔術師、ニスタルの魂の深奥を綴ったものであります。でも、皆さんはお尋ねでしょう。『私は銀行家だ、商人だ、その経典から何を学べるのだ?』と」

ハーモニーが緊張した声で彼に呼びかけ、彼の集中力を奪った。

「じゃあ、それにはモンデインのことが書かれているの?」

マヤとケンは、ハーモニーがタウンクライヤーに直接話しかけたことに驚いたが、聴衆はもっと驚いているようだった。だれもが息を呑んだ。そして彼らは、そうした反応を引き出した彼女の発言の意味を考えていた。

タウンクライヤーはハーモニーのほうを向くと、手にした本を高く掲げたまま話を再開した。声には急に興奮の色が加わった。
「まさしく、これにはモンデインについて書かれています。さよう、これには宝玉についても、それ以外のことも書かれています」

一瞬、聴衆が動揺したように思えたが、ひとりの男の顔に笑みが広がった。

「えっと、王立印刷所だったかな? さすがに商売が上手いね!」

彼は大きな声で言うと、前のほうへと進んできた。

「それで、おいくらかしら? きっと寝室に一冊必要になるものね!」

そう言って、別な女性も明るく笑った。タウンクライヤーは戸惑ったようで、両手を上げて本を高く掲げた。

「紳士淑女の皆さま、王立印刷局は一粒のゴールドもいただきません! この本は無料です!」
「どこで?」
「いま、どこにあるの?」
「どうやって手に入れるの?」

観衆の揶揄は、たちまち興味に変わった。

「お近くの銀行を訪れて、行員に一冊要求してください。必要なのは、あなたの口座が正当であること。それだけです」

タウンクライヤーはそう言って、お辞儀をした。数人がすぐさま銀行に向かったが、ひとりの人物が彼らの肩越しに、

「でぼ、こでただ、こうざもつ、そでだけ」

つぶやいて、銀行とは反対の方角へと向かっていった。
タウンクライヤーは革張りの本をバッグに戻すと、散っていく聴衆に手を振った。

「王立印刷局と王立銀行局になりかわりまして、皆さまのご静聴に感謝いたします!」

そう言って彼は歩き去っていった。3人は十字路に取り残されたままだった。

「さあ、いきましょう!」

ハーモニーが興奮気味に言って、2人の手を取って足早に歩き出した。どこに行くのだろう、とマヤは思った。ケンはこの騒動のあいだ終始無言だったが、何が起こったのか知りたいと思っていた。

「ちょっと待てよ、どこへ行くんだよ?」
「もちろん、銀行へよ」

ハーモニーが答えた。ケンは掴まれた手を振りほどき、彼女に歩調を合わせた。

「それで、どうするっていうんだい? 無料の本を貰うのかい?」

信じられないという口調で尋ねた。ハーモニーが頷いた。

「そうよ!」
「でも、そんなことしてる時間はないじゃないか!」

マヤがそばを歩きながら口を開いた。

「時間がない、って? ケン、私たちはもう何日もこの街にいるのよ。これは天啓よ!」

ハーモニーも頷きながら答えた。彼らは宝石店の角を曲がると、銀行の周囲でごった返している商人やビジネスマンの人混みに入っていった。

「それに……」

マヤは、ハーモニーに追いつくために息を切らせながら言った。







23:15 2017/08/15

# by horibaka | 2017-07-12 23:13 | その他 | Comments(0)
フルーツ果汁100%




2017年7月12日(水)





          ◆ 倭国シャード ◆




酒造りの、レアな材料について。
「ジェローム港の樽の中にある」と言う情報が寄せられました。





ただし、樽を空けるには、開錠スキルが必要とのコト。





開錠スキルと言えば、この男でしょう。
e0068900_9233756.jpg

八雲@倭国。





倭国の八雲は、トレハン・釣り・練成キャラでした。
e0068900_924350.jpg




仲間とちまちま無理のないトレハンに行って、
http://horibaka.exblog.jp/13331564/



ゲットしたお宝を溶かして練成の修業をして、
http://horibaka.exblog.jp/13252191/



休日はのんびりと釣り三昧。
http://horibaka.exblog.jp/13481962/




かな~り楽しく倭国ライフを送っていましたが。。。




時のたつうちに、いつしかトレハンにも釣りにも行かなくなり、
練成修業も中途半端に頓挫したまま。



下宿していた家もなくなりました。





感傷に浸っていても、材料は手に入りませんね。
e0068900_926030.jpg

はて? 鍵開けって。。。どうやるんだっけ?(←素で忘れている
えーと。。。たしかロックピックを使うのでは?(←必死に記憶をたぐっている





道具屋でロックピックを買って、
e0068900_9271140.jpg

e0068900_9273413.jpg














お?


開いた、開いた。

e0068900_9281569.jpg










で、


罠を解除する、と。。。。








ちなみに罠はどの樽にも
3つ仕掛けてあるようです。





命にかかわるほどではないですが、
けっこうウザイですね(^^;;







お~、ホントだ!
野菜や果物が入ってますね!
e0068900_9321678.jpg

でも残念。
欲しいのは「ハネデューメロン」と「ナツメヤシの実」です。





次の樽を開けましょう。
3歩ほど離れてテレキで罠を解除すれば安全ですね。
e0068900_933410.jpg

残念、これもハズレ。
きっとレアな食材なのでしょう。





さあ! どんどん開けましょう。
e0068900_9334880.jpg

e0068900_93401.jpg

e0068900_934945.jpg

今日は、ここまで。










e0068900_9342425.jpg










9:34 2017/07/15

# by horibaka | 2017-07-12 09:22 | 倭国日記 | Comments(2)
BNNアーカイブ 謎の書籍『The Shattering』

ワールドニュース [戻る]
謎の書籍『The Shattering』

投稿日:2006年6月8日

老婆イヌの予言に従って謎の書籍、『The Shattering』が発見されました。
先ほど、ライキュームの図書館からその全文が届きましたので、皆さまにお知らせいたします。





『The Shattering』

我は永きに渡り、不滅の宝珠の破片に関することを考え続けてきた。
我が人生の大半をこの不思議な芸術品に費やすことによって、ようやくこの宝珠にまつわる真実を覆い隠していたベールを剥がすことができそうだ。

2つのことが明らかになった。
我はまもなくこの地を去らねばならないが、我が発見を記したこの本を見つけることができたまだ見ぬ後継者に、この2つのことについての研究と調査、そして希望を託すことにする。

まず、我はその昔モンデインを打ち破った“異邦人”こそが、宝珠を破壊することができたという証拠を手にした。その異邦人は、我々の内なる世界から現れた者ではなく、我々がこの世界に繋ぎとめられている法則の糸に絡められることのない者であった。これにより、宝珠を破壊できた者と、抽象的に現実を描く宝珠自身とは、それぞれが互いにこの世界に作用することを可能にしたのだ。

異なる次元が我々の世界に影響を及ぼす可能性があるといえば、かつて恐ろしい計画を企てた者たちがいたことを思い出す。我は、いまここにそのことを記録せんとしている。
かつて、全ての命を絶やすべく恐ろしい魔法をかけようとした者がいたが、感謝すべきことに、その者と信奉者たちの試みは失敗に終わった。しかし、その魔法は我々の世界のものとは異なる摂理に基づいていたように思えてならない。

この件についてはまた別の機会に触れるとして、次に2番目の発見について記す。
不滅の宝珠が破壊されたその瞬間から、砕けた破片のひとつひとつの中に、この世界とほぼ同じ世界が生成された。我が主は、この宝珠の力が未だにこのいくつかの世界に影響を及ぼしていることに多くの懸念を抱いていると打ち明けてくださった。

それぞれの破片に存在している世界に、さらに宝珠の破片の複製が存在している可能性について我は否定していたが、それは誤りであり、すでに宝珠は我々の世界の一部ではなくなっている。いまもなお、この手の中で輝く破片の中に、世界がゆっくりと回っているのが見て取れるからだ。
異邦人が宝珠を叩き割っただけでは、この不吉な力が消えてしまうことは無く、それどころか自らの破片に己の破片を散らばらせていたのである。

ここに問いが生まれる:
この繰り返しは永遠に続くのだろうか?
震える我が手の中のタンポポの綿毛が、風に乗って新たな綿毛を作り出すが如く、世界は世界を作り出すのだろうか?
そしてこの瞬間にも、不滅の宝珠の力は、その世界にどのように降りかかっているのだろうか?

宮廷魔術師 ニスタル








23:09 2017/08/14

# by horibaka | 2017-07-11 23:08 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 老婆イヌ 第一章 【2/2】

「禅都! そんなに遠くから来た人に会ったのは初めてだわ! お知り合いになれてうれしいわ。私の名前はハーモニー」

そして彼女はお辞儀をしたが、それはマヤにとって少し奇妙に写った。なぜなら彼女は座っていたからである。

「こちらこそお知り合いになれてうれしいわ、ハーモニー。私はマヤ、そしてこちらがケンよ」

マヤは、できるだけブリタニアの訛りに合わせながら言った。ケンはいたく感動した様子で、

「ケンって呼んでくれ」

と手を差し出した。ハーモニーはその手を握ると、いぶかしげに、

「でも、彼女あなたのことをケンって紹介したわよ」

と言った。ケンは少し当惑しつつ、

「ああ、そうだね、ごめん。僕のフルネームはケンタロウっていうんだよ」
「まぁ、それじゃそう呼びましょうか?」

マヤは笑いだした。

「いや、だからケンでいいんだよ、ごめん」

ケンは必死に説明していた。

「失礼、ハーモニー。あなたは呪文を唱える練習をしていたと言っていたわね?」

マヤが助け舟を出した。これはハーモニーの気を惹くのに充分だった。

「そうなの! このインビジビリティっていう魔法は私のレベルより上の魔法なんだけど、もう少しでものになりそうなの!」

彼女はとても活気に満ち溢れていたので、ケンとマヤが対照的にぼんやりしているように見えた。

「あなたたちに話しかけたから、集中力が薄れちゃったんだわ」

彼女はそういうと楽しそうに笑った。ケンとマヤは感動していた。彼らはブリタニアの魔法について聞いたことはあったが、姿を消す術は忍者のものだと思われていた。

「それで、どうしてブリテインまでやって来たの?」

ハーモニーがたずねた。
マヤは、すでに自分たちの目的をすっかり忘れてしまっていたので、答えるのにしばらく時間がかかってしまった。

「私たちは家族の友人を探しているの。彼女がブリテインに来ていると聞いて、それで探しに来たというわけ」
「わかったわ! 徳之諸島から来た人は少ないのよ。彼女の名前は?」
「イヌ。かなり年を取った女性で、名前はイヌというんだ」

ケンは、礼儀正しくしようと繰り返して言った。
ハーモニーはしばらく考えていたが、

「うーん、そういう名前は思い出せないわ。でも、実は私自身もここに来てまだ数日なの」

今度はマヤの番だった。

「あなたはどこから来たの? ハーモニー」
「マジンシアよ。ご存知?」
「ごめんなさい、知らないわ」

ハーモニーは一向に気にせず、東の方を指差して、

「ヘイブンの北にある、ここから遠く離れた島なの。私の家族はもう何代もそこで暮らしていたの」

彼女は優しく言った。そして彼らの方を振り向きながら、

「もちろん、ムーンゲートだってあるわ。みんなが思うほど遠くにあるわけじゃないと思うんだけど」

そして、ふと奇妙な表情を浮かべたが、次の瞬間また笑顔に戻った。

「私も同じことを思ったの」

マヤが応えた。

「私はブリテインに来たことがなかったのだけど、思ったよりも大変じゃなかったわ。ゲートをくぐったらあっという間だったわ、その後、しばらく歩かなきゃならなかったけれど」

ハーモニーは笑った。

「そうね。でも、行き先を間違ったちゃったりすると、ちょっと大変だったでしょうけどね」

ケンは、ついつられそうになったが話を本題に戻して言った。

「ハーモニー、どこか情報を得られるところを知らないかい? 僕たち、本当にイヌ婆さんを探さなきゃならないんだ」

ハーモニーはしばらく考えこみ、おさげにした赤毛の髪を引っ張っていた。

「たぶん、『キャッツ・レイアー』かしら。そこの裏手にある居酒屋なの。酔っ払いたちの中に一人や二人、噂好きがいるはずよ」

ケンは指差した方向へ向かおうとしたが、突然マヤが言った。

「ううん、私たち動かない方がいいと思うの」

彼女は驚いた表情で銀行の方を見つめていた。ケンも驚きのあまり息を呑み、ハーモニーはもっとよく見ようとまた二人の間に入ってきた。





銀行の屋根の上、一人の年老いた女性が淵から下の群集を見下ろしていた。誰か彼女に気づき、他の人々も何ごとかと集まってきたのだ。

突然イヌは叫んだ。

「静かにおし! よく聞こえないよ!」

数人がはっとして動きを止め、彼女の言葉に耳を傾けた。マヤは強い既視感に襲われて凍りついた。
予期せぬことに、群集は全員イヌの言うことに従い、興奮してぶつぶつ言う者以外は皆おとなしくなった。ハーモニーはマヤの方を見てたずねた。

「あれは……」

しかしイヌがふたたび大声で言った。

「見よ!」

その言葉の響きには、驚くほどのものものしさが感じられた。

「時は来た! 単純な言葉は複雑に、複雑な言葉は単純に!」
「石の上の石は、粉と砕け散る!」
「川は煮え、壁は溶け落ちる!」
「もう時間がない、わしには見えぬ!」

彼女はこれらの言葉を澱みなく言い切った。すると地上からの声がした。

「一体これはどうしたことかね? 壁の上にいる愚か者は誰だ?」

別の者がそれに続き、

「誰か! ここに引きずりおろせ! そのうつけ者をだ!」

群集は、今や大騒ぎだった。イヌは意に介さない様子で太陽を見上げていたが、人々の言うことは聞いていた。褐色のロバに乗った男が、切り捨てるように言った。

「たかが老婆のたわごとじゃないか。相手にするな」
「あの人、大丈夫かしら?」

奇怪な老婆を一目見ようと人々が押し寄せ出し、しばらくしてからついにハーモニーが訊ねた。マヤは何と言ってよいかわからなかった。

「前と同じだわ」

ケンは心配していた。

「これはまずいな、マヤ」

イヌは再び言葉を発した。しかし、今度は明らかに怒りが含まれていた。

「わしを笑いものにしようというのか!」

一人の女性が呼びかけた。

「あなたのお名前は何というのです! あなたこそ、私たちを笑いものにしていませんか? あなたは誰なんです?」
「わしはイヌ! 年老いた者だ! そしてお前は愚か者だ!」

その女性が前に進み出たので、よく見えるようになった。

「何ということを!」

そして振り返って群集に向かって言った。

「ガードを呼んでちょうだい! おかしな女がいますってね」

人々は口々に賛成の意を表していたが、まだイヌに注目している者もいた。マヤは立ち上がり、ケンがそれにならい、ハーモニーも後に続いた。彼らには、人々の数がまだまだ増えていくのが見てとれた。傍らで商売をしていた商人が野次馬に加わったからである。

「何とでも呼ぶがいい! 聞くつもりがないのなら、教えてはやらん!」

その女性が振り向いた拍子に、マヤは彼女が高潔な怒りに駆られ、拳を両脇で握り締めるのが見えた。

「教えるですって? わけのわからないことをぶつぶつ言うだけで、何の意味もない言葉じゃないの!」

不気味に落ち着いた表情で、イヌは彼らには聞こえないほど小さな声で何かを答えた。しかし女性は完璧に怒っていて、群集は拳を振り上げて老婆を罵っていた。

「ばか者!」
「たわごとを言うな!」
「引きずりおろせ! あいつはあぶない奴だ!」

マヤはすでに丘を降りて、銀行のドアの近くにいる群集のところまで来ていた。ハーモニーとケンは、そのすぐ後ろに続いた。マヤはハーモニーに向いて、懇願するように言った。

「あなたは魔法使いでしょう。私たちをあの屋根の上に移動させてくれないかしら?」

事態が急を要することを察知したハーモニーは言った。

「わかったわ、少しだけ時間をちょうだい」

そしてうつむくと、

「秘薬を探さなきゃ」

彼女は小さなナップザックの中を探り、やがて少量の薬草を引っ張り出した。

「いいわ、ケン、マヤ。私の手を握っていてちょうだい」

彼らは身を寄せ合い、彼女が唱えた。

「Kal Ort Por!」

一瞬方向感覚を失った後、マヤは銀行の屋根の上から群集を見おろしていた。群集は、イヌが原因で危険な状態になりつつあった。侮蔑の言葉が飛び交い、暴徒となり始めた群集の中には、それを正当化しようとしている人すらいるようだった。
マヤがイヌの元へ駆け寄ると、彼女はひどく驚き、半分叫び声に近い声で言った。

「マヤ?」
「お婆様! ここで何をしていらっしゃるのです?」

ケンとハーモニーもそばへ駆けつけた。イヌはまだマヤの質問に答えていなかった。

「おお、お前はケンかい?」

イヌの声には、おもしろがっているような甲高いひびきがあった。

「ごきげんよう、お婆様」

彼はおっかなびっくりに言った。彼女の名前を直接口にするのは憚られたし、他に呼び方がなかったからだ。

「この方は知らないわねぇ」

イヌは階下の叫び声を耳にしながら、珍しそうにハーモニーを見た。

「このお嬢ちゃんも一緒なのかい?」

ハーモニーが甲高い声で言った。

「こんにちわ! お目にかかれてうれしいですわ! 私はハーモニー」
「お婆様! 一体あの人たちに何をおっしゃったの?」

答えようとしたとき、突然イヌは頭を抱えてぐらりと前にのめった。マヤが受け止め、ケンとハーモニーが彼女を抱き起こした。

「お婆様!」

マヤは叫び、意識が朦朧としているイヌを揺さぶった。

階下の女性が叫んだ。

「いい考えよ、魔法使い。パラライズ魔法ね。いまガードが来るから、そこで待ってなさい!」

ハーモニーはすっかりショックを受けたようだった。

「私、そんなことしてない……」

ケンは彼女をかばって言った。

「違うと思う、彼女は病気なんだ」

マヤはイヌを地上に降ろすと、急にもろくなってしまった彼女を膝に抱えて介抱していた。彼女は青ざめて血の気がなく、マヤは一生懸命意識を取り戻させようとした。
何の前ぶれもなく、二人のガードが彼らの前に現れ、すぐにことの次第を調べ始めた。

「ご同行願います」

左側の一人が言うと、次の瞬間彼らは石造りの頑丈な部屋の中で、いかめしい顔をした男がデスクに向かっている前に立たされていた。彼の表情は不愉快そうであった。





それからの1時間、イヌはヒーラーのベッドに寝かされ、彼らはブリテインの保安官に厳しくしかりつけられた。そして3人は、イヌが快復した後ただちに街を出ていき、少なくとも3日は街に戻ってはならないという命令状と共に釈放された。

「あなたのお婆様は、あの貴族の婦人を侮辱してしまったようね?」

診療所への道すがら、ハーモニーはそう尋ねた。

「そのようね」

ため息と共にマヤが言った。マヤの母も、イヌ婆を探すだけのはずが、まさかこんなことになるとは予想していなかったに違いない。

「でも、少なくともイヌお婆様は何も罪を犯さなかったわ」
「連中は、あの貴族の婦人がさっきみたいにまた群衆を煽り立てることを心配してるだけさ」

とケンは言った。

木造の診療所の中に3人が入ろうとしたとたん、中から何かが砕ける大きな音とともに、イヌがドアに向かって走ってくるのが見えた。ローブを纏ったヒーラーたちは、用心深く、少し離れたところからイヌを落ち着かせようとしていた。

「大人しくしてください! 危害を加えるつもりじゃないんです!」

とその中の一人が声を上げたが、まるで向こう脛を打たれたかのように後ろにのけぞっていた。イヌは三人を見ると駆け寄り、

「早く! この野蛮人たちは、わしをベッドから出さない気だよ!」

イヌがケンとハーモニーと話しながら外で体を伸ばしている間に、マヤは少しだけゴールドを差し出しながらヒーラーたちに謝った。

「お婆様を許してください。ここ最近、具合が悪くなってしまったんです」

明るい茶色のローブを着た男は、当然のようにそのゴールドを受け取ると言った。

「構いませんよ。私たちは彼女の健康を心配していただけです。でももう、どう見ても元気そのものですね」

「マヤ!」

外でケンの声がした。手早く感謝の言葉を述べると、マヤは飛んで逃げるようにその建物から出た。外にいるはずのイヌたちがいないのを見てマヤは驚いたが、またマヤを呼ぶケンの声が道の先から聞こえてきた。大急ぎで向かい、なんとかイヌの着物をつかんで言った。

「お婆様! どこに行こうとしてるんですか?」

イヌは歩みを止めることなく、

「暗くなってきたねえ。わしは疲れたよ」

とだけ言った。

例の騒ぎの後では、この街で彼らを受け入れてくれる宿などあるはずもなく、また保安官からの命令状を考え、マヤとケンは禅都に戻るようにイヌの説得を試みた。しかし、イヌは二人の言うことに聞く耳を持たない。やがて彼らはブリテインを二つに分ける川にたどり着き、いつしか海へと向かって歩いていた。
ハーモニーがマヤに提案を投げかける頃には、空は夕焼けに染まっていた。

「マヤ?」

しばらくの間誰も口を利いていなかったので、マヤは不意を付かれた。

「あ、なに? ハーモニー」
「ちょっと聞いてみようと思って。嫌だったらそういってくれていいのよ。私、ブリテインから出た後も、あなたたちと一緒に行っちゃ迷惑かしら?」

マヤは立ち止まり、ハーモニーは話を続けた。

「どうしてかわからないけど、そんな気になったの。それに、私、あなたたちの旅を手伝えると思うの」

ケンにもその話は聞こえたが、イヌはそ知らぬ顔で川の土手を歩き続けていた。
考えるまでもなく、マヤはすぐに優しく返事を返した。

「もちろんよ! でも、無理してない?」

ハーモニーは笑った。

「無理だなんて!」

そして、いつになく真面目な調子で続けた。

「それにね、私、少し癒しの技を知ってるの。必要な時にお手伝いできると思うわ」
「いいから、その子も連れてきな!」

イヌが道の先から声を上げた。

「わしに聞こえないとでも思っているのかい!」

ハーモニーは笑いながら、イヌに追いつこうと走り始め、マヤもその後を追った。

4人は、街の東の海辺を海岸線に沿って歩いていた。夕焼けの赤がさらに濃くなっていく中、街のはずれの家を通り過ぎると、ケンは辺りを調べて言った。

「ここがいいんじゃないかな」

そこは森と岸壁の間にあるちょっとした窪地で、夜をしのぐにはもってこいのようだった。

「良さそうね」

マヤが返事した。

「その斜面の辺りでキャンプをすれば、風も吹いてこないと思うわ」
「それにまだ家が見えるから、何かあったら街のガードに助けてもらえるわ」

ケンはうなずいた。

「ちょっと焚き木を取ってくる間、面倒みてて……いや、その」

イヌはケンを凝視していった。

「何の面倒だい? 騒ぎさ! 絶対!」

ここ1、2時間、イヌの話には訳のわからない言葉が混じったりしていた。マヤは一度だけ何のことかイヌに聞いてみたのだが、イヌ自身もわからない様子だったので、それ以上何も聞かなかった。すぐに慣れたが、変な感じだった。
イヌが相変わらずケンを睨み付ける中、ハーモニーがそんな雰囲気を変えるべく言った。

「私も一緒に行くわ。二人で集めれば、すぐ戻れるでしょ」

マヤが黙ってうなずくと、二人は森の中へ入っていった。マヤは草で覆われた斜面にイヌを座らせた。

「かわいい孫や」

マヤはベッドロールを広げようとしていたので、地面に膝をついたままイヌの方を向いて答えた。

「どうしたの?」
「お前は本当にいい子だね」

マヤが驚いて返事をためらっているうちにイヌは横になり、目をつむった。一瞬の後、会話の終わりを告げる寝息が聞こえてきた。

その後、ハーモニーとケンが戻り、3人はキャンプをこしらえるとマヤは2人に話し始めた。

「お婆様が言う変な言葉のこと、どう思う? 具合が悪いだけなのかしら?」
「そうだと思うよ。イヌ婆はいつもちょっと……。みんながイヌ婆のこと何て言ってるか知ってるだろ」

ケンが言った。

「でも、今回これほど馬鹿げた言葉を言うなんて、訳がわからない」

ハーモニーは木の枝で焚き火を突っついていたが、マヤに顔を向けて聞いた。

「魔法使いなの? その、マヤのお婆様は」
「お婆様があなたのように魔法を使うとは思えないわ」

マヤは続けた。

「でも、お婆様には何かが見えるんだと思うの。何かを感じるって言ってるわ」

マヤは消え入りそうな声で言い、ハーモニーは持っていた枝を火の中に投げ入れた。

「そんな気がしたのよ」

ハーモニーが言った。

「だから聞いてみただけ」

マヤは膝を抱え、焚き火の燃えさしを見つめて言った。

「知らないわ。私が考えてるのは、お婆様を禅都に連れて帰ることだけ。今頃お母様、心配し始めているだろうし」

焚き火の向こうに、間に合わせの寝床でも、できるだけ心地よくしてあげようと苦心して寝かしつけたイヌの姿が見えた。

(彼女は気づきもしないでしょうけど)

そう思いつつも、彼女は責任を感じていた。

しばらく自分たちの置かれている状況を互いに話した後、ケンは自分のベッドロールを出すと夜空を見上げた。

「その通りだよ。明日は街を通り抜けてムーンゲートに向かわなきゃ。通るくらいならガードも許してくれるさ。もう暴徒もいないだろうし」

ハーモニーは興奮した様子で言った。

「最高ね! 私、あなたたちの故郷を絶対みてみたいわ」
「彼女を説得できたらの話だけどね」

ケンは、イヌを指しながら注意した。マヤはうなずき、自分の毛布に包まると、

「明日なんとかしましょ」

と、疲れきって答えた。





トランメルの月がゆっくりと夜の空を昇り、明るく輝くフェルッカの月が地平線に見えた頃。
イヌはこっそりと起き上がってベッドロールをたたむと自分の荷物にくくりつけ、消えかけている焚き火の灯りの届かないところへと歩いていった。イヌは寝ている三人を一瞬思いやるように見やったが、じきに森の中へと姿を消した。

(第二章へ続く)








7:44 2017/08/14

# by horibaka | 2017-07-10 07:42 | その他 | Comments(0)