excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ クリムゾンドラゴン(Crimson Dragon)

ワールドニュース [戻る]
クリムゾンドラゴン(Crimson Dragon)

投稿日:2009年4月7日

今にいたる少し前……。
タールストレイター(Taerlstratar)はその繊細で優雅な前足の爪にはさんで掲げ持つ、光るオーブ(宝珠)を見つめる。その巨体にもかかわらず、彼の所作は素晴らしいものであり、12インチのオーブを優雅に運ぶことなど呼吸と同じようにたやすい。

彼は考える。「シャドーロードがそれを為す者たちであり、その故郷に戻る。我も同じく、かつて住まいし地、現在ブリタニアと呼ばれし地に戻るのだ。忌々しきモンデイン、不快で小さな人間ども。ふむ、全てを滅する時が来たな」

人間という存在の完全なる抹消と破壊を脳内で楽しんでいくうち、オーブに映る風景が変わっていく。シャドーロードの為した仕事の跡から、若いクリムゾンドラゴンたちへと。タールストレイターはオーブをじっと覗き込んだ。彼の猫のように大きな瞳孔が、まるで命じられたかのように流れるように動き、オーブの中にその焦点を合わせる。「若きものたちよ……彼奴らにも役割はある」

タールストレイターは、若きクリムゾンたちの血にいまだ残る血への渇望を知りすぎるほど知っており、若さゆえの経験と知識の不足からくる知恵と自己の抑制の欠落も承知している。だが間違いは犯してはならない。彼らは血のみ追い求める殺りく機械ではないのだ。若きクリムゾンたちですら、人間、ガーゴイル、または故郷に戻ったエルフよりは使い物になる。彼らは単にその生まれ持った権利を望んでいるだけなのだ。そう、より弱き種を統べるという。

血を引くものは増え、いま必要なのは新たな棲家だ。新たに征服し、新しい土地を得る。モンデインにより閉じ込められた、終わりのない虚無(Void)を出る時だ。タールストレイターはその長大な翼、人間の基準でいうと150フィートはあろうかという翼をまっすぐに拡げ、オーブをその台座に戻すと少し伸びをし、その足を揃えた。使命のために。








14:10 2017/10/07

# by horibaka | 2017-10-03 14:09 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 対話

ワールドニュース [戻る]
対話

投稿日:2009年4月4日

正と邪の区別無く、等しく風はその向きと力を変え、雨は降り落ちる。少なくとも私はそう教えられた。私は王国が燃え落ちるのを見た。攻城戦と疫病。出生と死。愛、そして殺人。だがまだまだ足りない。
一人の息が止まる、止まらないなどはささいなことだ。全土が一つの旗の元にまとまるというこの時に、それが何ほどの価値を持つのか。私は野望に燃える者であり、平衡を知る者であり、犠牲の完全なる意味を知る者だ……その犠牲が私ではないことは確かだが……だがその意味を知る者だ。全身鏡の前に立つメリッサ(Melissa)。慄然とするほどの優雅さで振り返るとその背中を確認し、再び優美にその灰色の目を覗きこむ――その色で思い出すは、鉄の破片。かつて、鍛冶師が彼女へ最初の短剣を作った時に見た破片。自らの運命を思い、彼女が作り上げてきたことを思うと微笑がこぼれる。
彼女は驚き、落胆、失望、歓喜の表情を練習した。身振り手振りを交え、ある表情から次の表情へと変えながら、手の中の漆黒の刃をきらめかせる。その手に持つ重みが彼女の目に、表情にあう平穏とは異なる光を与える。彼女は満足そうにその両刃を確かめた。群れで最も弱きを狙う、雌ライオンのように。
手からその刃を抜き取ると、彼女は間諜の報告の束の前に立った。走り書きもあれば、その順調さにあわせて丁寧にかかれたものもある。新しいものもなければ、特に気になるものもない――なぜなら彼女の企みこそが、彼女の組織がこの何週かおこなってきたことよりも魅力的なものだからだ。短剣をさらりと元の場所に戻そうとし……そして「あら」と言う。「そこにいるのね」彼女が部屋を動くその立ち振る舞いは本当に見事で、むしろ艶かしくすらあった。彼女は、書庫から“存在を取り除いた”クレイニン(Clainin)を描いた絵画の前に立つと、からかい混じりでその絵に話しかけた。
「あなたはとても優秀ね、魔法使いさん。ブリタニアはあなたに未来永劫感謝しなきゃならないわ」
彼女はその描かれた人物を思い出し、あざけるように続ける。「そうね、この国では感謝は永劫よ」何気ない動作で彼女はその絵に体をもたげ、手に持つ刃を描かれた頬にやさしく当てる。彼女の口は、絵の人物の耳に近づき、彼女の言葉は押し殺され、毒のある囁きになる。「そして、私自身の感謝をこめ、任務を……遂行し……満足を……」
墓所を満たす偽の夕暮れの中、薄暗がりに彼女の考えよりも黒い影どもが進む。囁きと意思の疎通が取り交わされるがはっきりとした言葉は無い。クローク姿の影どもの進みはまるで低いアーチに入るひびのようで、油と香の臭いが鼻につき、数千年の死を閲したかのような感覚を呼び起こす。
メリッサの部屋から響く甘美な笑い声がホールまで聞こえていた。








5:29 2017/10/06

# by horibaka | 2017-10-02 05:28 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 突入作戦

ワールドニュース [戻る]
突入作戦

投稿日:2009年4月1日

ブリタニアの諸君。状況は刻一刻と変化している。
トランメルの魔法障壁の復活の報告を受け、次の作戦を決行する。
この作戦は間違いなくこのブリタニアの歴史に残るものとなろう。

諸君、わしと共に新たな歴史を作っていこうではないか!

Lord Casca








4:18 2017/10/04

# by horibaka | 2017-10-01 04:16 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 氷と炎の物語

ワールドニュース [戻る]
氷と炎の物語

投稿日:2009年3月31日

戦いとその勝利は時に血で贖われ、時に夜明けから夕暮れの間の沈黙で贖われる。百年の平和をもたらす時もあれば、そうでない時もある、今のように。
しばし平穏ならざりし平和の境界域は時に試されるが、時ですらこの平面世界を跨ぐ戦いの傷を癒すことはできない。
今年の春は早かったが、目指す土地を仰ぐばかりで、周囲や乗っているものを気にかけない二人、騎士用の乗用馬ですら耐えられない速さで進む二人には関係が無かった。 ラベンダーの光の中つきすすむ影を見たものは、その二人がテレポートでも使っているに違いない、と思っただろう。 閃光、1リーグ(*1)先へ。また閃光、3リーグ先に。
銀白のクロークからうかがえる細身の体にしては、肩だけ異様に盛り上がっている二人。この距離からでも分かるが、おそらく荷役馬よりも背が高い二人。そして再び夕闇迫るなか光が瞬き、光の加減か、異様な姿が映る。肩で颯爽と動き、けして止まらず、一方を気遣うそぶりすら見せない。太陽より古いその関係、天上でも無いであろうその間柄の二人が、ある目的を持って移動していた。彼らは立ち止まる。彼らはあまりにも突然その動きを止め、それはまるで息をするものとも思えないほどだった。つまり……そう……停止したのだ。一人が大地があるかどうかを確認するかのようにうずくまると、彼の掌が伸び、目が大地の下を見つめてから、二人の前に広がる地平線を見つめる。
古の言葉がその口から漏れる「Tenpiswo ui wer ouith……」
「私も感じる」とその連れが答える。「傷はここだろう……」

カスカ(Casca)の勝負はもう数週間にも及んでいた。敵の動きは秩序だったものだ。その一手を相手に知らせるのは鳩で、一日ごとに一手すすむのだった。 最新の一手で、カスカはポーンの代わりにナイトを失う羽目になった。不注意か。カスカは考える。悪手だ。 なぜこんな手を打ったのか。何を考えていたのだろう。侵攻と彼の策謀がその決定に影響を与えていたのかも知れない。
あえぎ走りながらスレウォート(Threwort)が駆け込んできた。すぐに注意が彼に向けられる。 彼はカスカに何か言おうとし、手を上げた。
「我が君……」スレウォートはカスカの思索を中断しようとした。
『お前はいったい何をあせっているのだ』カスカは内心の会話に夢中だった。彼の目はまっすぐのびた指の先を辿り、手は何も無い空気をうつろに何かを辿ろうとしている。
スレウォートはかかとを打ちつけた。不意に苛立ったカスカはスレウォートに振り向くと、「何があった?」と尋ねた。
「トランメルの魔法障壁です。我が君。魔法障壁が復活しました。何か緊急事態が発生したらしく、クリムゾンドラゴンが後退しています」
「だが、わしは何も聞いていないぞ。何も言われていない……」
胃が締め付けられる音がする。チェス盤を覗き、まるで鉄と油を甞めたかのように舌は口蓋に張り付く。
「どういうことだ、復活しただと? もちろん復活したのだ!  確かに、全て計画通りだ! これだ、わしが以前喋ったのはこのことだ! 星は直列し、運命は繁栄の歌を、魔法の歌を、そしてマフィンの歌を歌うのだ!」
「次の一手は、ならばたやすいな。 ユーのエンパスアビーに向かうのだ!」


*1: 1リーグ = 約4.8km








21:38 2017/10/03

# by horibaka | 2017-09-30 21:37 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ クレイニン護送計画

ワールドニュース [戻る]
クレイニン護送計画

投稿日:2009年3月26日

ブリタニアの諸君。
知っているものもいるかもしれないが、昏睡状態だったクレイニン(Clainin)が目覚めた。近頃、ようやく歩行が可能になるまでに回復したので、安全確保のため、ニューヘイブンから彼を移動させることにした。
ゲートトラベルの魔法は、一時的ではあるが皆に行き先を知らせるようなものなので、まずは、ニューヘイブン郊外のムーンゲートを使って最初の大きな移動をさせる。これならば、行き先を一箇所に特定されることはないであろう。この最初の移動を成功させれば、クレイニンの保護はかなり楽になる。
街の中心を通過し、人ごみにまぎれて移動するというのもひとつの方法ではあるが、体調も考慮して今回は人通りの少ないルートを取り、ムーンゲートには西側から入らせる。ガードが呼べない地域を通る必要があるので、ブリタニアの未来を守るべく、諸君にムーンゲートまでの護衛を援助願いたい。
なお、タウンクライヤーにこの依頼を流すと、驚くべきスピードで全てのファセットに情報が伝播してしまい、狙われる可能性が高まってしまいかねんので、この依頼はこちら側からタウンクライヤーへ流すことはしない。また、諸君もタウンクライヤーにこの計画を伝えることのないようお願いする。








12:06 2017/10/01

# by horibaka | 2017-09-29 12:06 | その他 | Comments(0)