excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 戦争

ワールドニュース [戻る]
戦争

投稿日:2006年8月24日

ブリタニアはオフィディアンとの戦争に突入しました。スカラブレイ、サーペンツホールド、ベスパー、そしてパプアでは、大地を漆黒の血で洗うような戦いが行われています。我々は軍人も民間人も無差別に殺害する、この世で最も邪悪な生物たちと戦わねばなりません。奴らは街の魔術的な防御を打ち破り、かつては平和と貿易のシンボルだった街の中心を占拠しています。

戦時下では多くの犠牲に耐えねばなりません。ブリタニア・ニュース・ネットワークも、こうした状況のもとで発行が難しくなりつつあります。我々はこの暗黒期の訪れに対し、すべての市民に昼夜に渡る警戒を促し、足元に迫った戦いに備えています。

サーペンツホールドからの通信は完全に途絶えました。しかし、我々はオフィディアンたちが市街地に押し寄せ、船で島から脱出することを余儀なくされる前に、スカラブレイの防衛司令官と会見することに成功しました。ブリタニア統治評議会からの公式回答はなく、市民軍は一般市民からの援助だけを頼りに戦っていることは、既に読者の皆さんもお気づきのことでしょう。

レジナルド司令官はオフディアン軍の侵攻について、現場の部下からの手紙を印刷することを我々に依頼しました。オフィディアンと戦っている勇敢な志願兵は、この街を通過する知性を持ったオフィディアンたちに注意してください。


スカラブレイのレジナルド司令官様へ

閣下、我々はあるものを手に入れました。それは、あなたが考えたとおりのものでした。前述のとおり奴らは渡航を開始し、我々は波止場で奴らのリーダーの一人を倒しました。その詳細は驚くべきものでした。警告します、Ophidian Healerに用心してください。奴が近くにいるだけで、蛇どもは猛烈な勢いで回復していきます。死にかけた蛇が数秒で回復する光景といったら……。行うべき最善の策は、まず前線で全力を尽くしてOphidian Healerを素早く倒し、それから後衛を叩き伏せることでしょう。

ああ……。ヘッジとティグスが失敗したようです。申し訳ありません、私たちができることはもう何もないようです。もちろん、私は手紙を書き、一度でも街の外へこの蛇どもを追い出すことができたら、承認を得るためにあなたに送るつもりです。

魔法使いたちは魔術障壁が破られた理由を説明することができませんが、原因の究明に取り組んでいます。セルギウスは、殺したオフィディアンの死体から手に入れた地図を調べてくれました(手書きの写しを同封します)。奴らが攻撃しようとしていた場所を明確にするために印をつけておきます。最後になりますが、この侵攻を押し戻すためには、何としてでも奴らの前線を打ち破らなければなりません!

幸運をお祈りいたします。

敬白

ティベリウス中尉より


ブリタニアのすべての市民に代わって、ティベリウス中尉に感謝いたします。手紙を受け取った後でレジナルド司令官は、敵軍前線後方にいた小隊を指揮して中尉を助け出そうとしましたが、そのとき既に彼らの隊は壊滅していました。

我々は降伏することも、この非情な敵に対して何ら譲歩することもないでしょう。市民がブリテインをののしり、評議会から何も回答がないことを問題にするときでさえ、我々は知っています。人々自身が偉大な挑戦のために立ち上がることを。勝利の栄光を勝ち取るたった一つの理由、そう……平和のために。








21:27 2017/08/21

# by horibaka | 2017-07-25 21:26 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 閉ざされた扉の向こうに

ワールドニュース [戻る]
閉ざされた扉の向こうに

投稿日:2006年8月18日

Clainin, the Royal Thaumaturgist of Britannia

Reg Volomに向かってから、はや数週間が過ぎた。
イヌ殿は無事だろうか? ……いや、無事であると信じたい。彼女はたしかに“変わり者”だが、しかし悪い人ではない。むしろ、子供のように無垢な心の持ち主だ。イヌ殿が何を伝えようとしているのか、なぜ連れ去られたのかを、友人として、また評議会の一員として確かめる責任が私にはある。
我が師ニスタルが収集した文献を調べたところ、例の小部屋にあった扉は、やはり魔法によって封印されているようだ。この世界がまだ混沌の渦の中にあった時代に悪魔族が使ったとされる、ある種の古代魔法らしい。封印を解くためのマントラをいくつか見つけることができたので、これを試してみよう。

「タウンクライヤーに伝えてくれないか。これからイヌ殿を探しにいく。腕に覚えがある冒険者は至急王座の間に集まってほしい、とね」




私が王座の間に入ると、そこにはすでに多くの冒険者たちが集まっていた。彼らもまたイヌ殿の消息が気になり、この日を待ち望んでいたに違いない。




「よく集まってくれたね。感謝するよ。長い間待たせてしまって、本当に申し訳なかったね」
「それよりクレイニン殿、あの扉を開ける方法がわかったんですか?」
「うん。文献を調べてみたところ、古い魔法の一種であるらしいということがわかったんだ」
「やはり魔法か。どうりで歯が立たねえわけだ……。それで、開けられそうですかい?」
「封印を解くためのマントラをいくつか見つけたよ。効くかどうかはわからないけど、でも、試してみる価値はありそうだ。あれからだいぶ経ってしまったから、イヌ殿を助けるのは難しいかもしれないけど……それでも、私と一緒に来てくれるかい?」
「もちろんです!」
「乗りかかった船だしな。こうなったらとことんお供しますぜ、宮廷魔術師殿!」
「ありがとう。助かるよ。さっそくゲートで向かおう。みんな城の外へ」

こうして私は再び、冒険者たちを引き連れて、封印された扉がある謎の小部屋へ向かうことになった。




イルシェナーの荒野を抜けて、Reg Volomに着いた。とくに変化は認められない。

「ここだ。みんな、移動するための呪文は覚えているかい?」
「あ~、すまねえ。忘れちまった……」
「znfgrebcragurargbbeだよ。これを唱えれば、例の小部屋に飛ばされるはずさ。よし、行こう!」

呪文を唱えて飛ばされた先の小部屋も以前のままだ。

「さて。封印を解くためのマントラを試してみよう。うまくいくといいんだけど……」
「頼みますよ、宮廷魔術師殿~!」
An Ort Ex Ort Por!!

*カシンッ*
カギが外れる音が小部屋に響く。

「おっ!?」
「開いた?」
「みたいだね。なるほど、やはり魔法だったのか」
「さすがだねえ、宮廷魔術師殿! 見直したっ!」
「しかし、こんな古い魔法を使うなんて……ユリゴールという男は、いったい何者なんだろう?」
「ヘン! ただのいけすかない野郎ですよ、クレイニンさん」
「いやな予感がするな。みんな、油断しないでくれよ!」




閉ざされていた扉の向こうにあったのは、意外にも、豪奢な屋敷だった。ここがどこなのかはわからないが、トランメルやフェルッカの大地ではないことは間違いない。

「なんだ、ここは? 妙なところに家なんか建てやがって!」
「よくわからない場所だね。ますますいやな予感がしてきた。みんな、慎重に頼むよ」
「とにかく屋敷に入ってみましょう。当たって砕けろですぜ、宮廷魔術師殿!」

血の気の多い冒険者たちに引きずられるようにして屋敷の中に入ると、そこは高価な家具や装飾品が並ぶ見事な部屋だった。しかし、趣味の悪さも漂う。
そして広間の奥には、一人の男が悠然と椅子に腰掛けている。赤いマントを羽織った貴族風のいでたちだが、目がガラス玉のように虚ろで、どこを見ているのかわからない。




「ようこそいらっしゃいました、クレイニン殿」
「む? 貴方は一体?」
「おわかりでございましょう、私がユリゴールですよ」
「ならば話は早い。イヌ殿を解放していただきましょう」
「それはできませんな。まだまだ聞かなければいけないことがたくさんありますから。それにしても、彼女は口が堅い。何も話さないのですよ。ブリテインではあれほどおしゃべりだったのにも関わらず、ね」
「貴方、まさかイヌ殿を!?」
「心配には及びません。まだ生きておりますよ。私が知りたいことをすべて話すまでは……。ただ、少し弱っているかもしれませんな。毒が入っていると言って、ほとんど食事を召し上がらないのです」

こういうと、ユリゴールは虚ろな目つきのままで「ふう」とため息をついた。

「イヌ殿を解放していただきましょうか」
「ですから、申したでしょう? できない、と。それに、先ほど牢に錠を下ろしてしまいましたからね。ほら、これがその鍵ですよ。それはともかく、宮廷魔術師である貴方がイヌ殿を説得し、私に協力してくれると助かるのですが……いかがです?」
「なにをバカなことを。協力などできるわけがないでしょう!」
「そうですか。では、仕方ありませんな。やれやれ、これだから下等生物の相手はいやなんですよ。そこにいる冒険者とやら共々、ひねりつぶして差し上げましょう。この私の美しい本当の姿を、冥土の土産にするがいい!!」

こう言い放つとユリゴールはゆらりと椅子から立ち上がり、大きく息を吸い込んだ。そして、なんと、バルロンへ姿を変えたではないか!




「なんてこった、奴はバルロンだったのか!」
「どうりでおかしな魔法を使うわけだよ……って、オイオイ、逃げ場がねえぞ!」
「ダメだ、やられちまうよ、クレイニンさんっ!」
「みんな落ち着いてくれ、ここは力を合わせて戦おう!」

屋敷は凄惨な戦いの場と化した。本来の姿に戻ったユリゴールは次々と魔法を繰り出しなから、その鋭い爪で冒険者たちを引き裂いた。大理石の床は赤く染まり、酸っぱい臭いが辺りに立ち込める。軍馬の嘶きと、スワンプドラゴンの咆哮。私はかつて、これほどまでに凄惨な戦いを見たことがない。

どれほどの時が過ぎただろう。冒険者たちの絶え間ない攻撃に晒されて、ユリゴール……いやバルロンの体力が徐々に減り始めた。

「よし、いけるぞ! ヘヘ、悪魔野郎も不死身じゃないってわけだ!」
「攻撃の手を緩めるな! このまま一気に削れ!」

冒険者ひとりひとりの力は、悪魔族であるバルロンには遠く及ばない。ユリゴールが言うように、たしかに、我々はちっぽけな存在だ。しかしその意思が共通の目標に向いたとき、人は大きな力を発揮する。ユリゴールは、たぶん、それがわかっていなかったのだろう。冒険者たちから思わぬ反撃を受けて、ついにバルロンは「どう」と音を立てて倒れた。




「ふぅ~、死ぬかと思った」
「なにか隠しているとは思ってたけど、まさかバルロンだったとはね。そうだ、鍵を探さないと……」
*ゴソゴソ*
「あった、これだ!」

バルロンの死体から鍵を手に入れた私は、イヌ殿が幽閉されている牢の扉を開けた。はたして、イヌ殿はご無事だろうか。それとも……。

「遅いんだよ! まったく、どれだけ待たせれば気が済むんだい!」
「え?」
「こんなところへ何週間も閉じ込められる身にもなってごらん! どこで油を売ってたんだい?」
「あ、ええと、扉が、その……開かなくて……」
「ゴタクなんて聞きたくもないよ。フン、とっととここから出るためのゲートをお出しっ!」

イヌ殿はご無事なようだ。というか、以前よりもずっと元気に見える。もちろん喜ぶべきことなのだが、なんだか拍子抜けした気分だ。私の心配はいったい……。

「さしもの宮廷魔術師殿も、イヌ婆さんにあっちゃカタなしだねえ」
「悪魔だって、てこずるわけだぜ!」

冒険者たちの間に笑いが広がる。そう、イヌ殿が無事ならそれでいい。考えてみれば、私自身が望んでいたもっともよい結末じゃないか。

「よし、こんなところに長居は無用だ。ブリテインまでのゲートを開くよ」
「いいから、さっさとおし! 私はお腹がすいてるんだよ!」
「はいはい」

こうして私と冒険者たち、そしてイヌ殿はブリテインへと戻った。




城内の王座の間に戻った私は、イヌ殿にいくつか話を聞くことにした。立場上事態を把握する責任があるし、第一、イヌ殿はとても元気に見える。

「お疲れのところ恐縮ですが、少しお話を。ユリゴールはなぜイヌ殿を連れ去ったんですか?」
「シッ! 静かにおし! 見えないじゃないか!」
「見えない? まさかイヌ殿、目が?」
「予言さ。ああ、見える! 王国って文字が見えるよ。あんたたちの言葉ではKingdomだね……。そして、ああ、聞こえる! 甦りの声が聞こえる! Rebornと叫んでいるよ!」
「kingdomreborn?」
「意味なんて、あたしにはわからないね。そうだ、もうひとつ関係のありそうな予言を聞かせてやるよ」

イヌ殿は瞼を閉じると、静かな声で祈るようにこう続けた。

この欠片が永遠であると思うことなかれ
うたかたの夢は、やがて次なる世界へ続く
しかし、心して聞くがいい
きまぐれな予言に惑わされるな
サーペンツホールドの沖に、ブリテインの先に、
イルシェナーの果てに、マラスの星の向こうに、
トクノに住む我もまだ見ぬ世界がある

「これがこのお婆からの予言じゃ。……あたしゃ疲れたよ。そろそろ禅都に帰ろうかね」
*ふら*
「そんな足取りではとてもムリですぞ。どうぞこちらへ。ゆっくりお休みください! それからでも禅都に帰ることはできますぞ!」




気丈に見えても、やはり相当お疲れだっだようだ。ベッドに倒れたまま、イヌ殿はぐっすりと休んでおられる。それにしても、わからない。イヌ殿の予言は、たしかこうだった。

この欠片が永遠であると思うことなかれ
うたかたの夢は、やがて次なる世界へ続く
しかし、心して聞くがいい
きまぐれな予言に惑わされるな
サーペンツホールドの沖に、ブリテインの先に、
イルシェナーの果てに、マラスの星の向こうに、
トクノに住む我もまだ見ぬ世界がある

そして、kingdomrebornという謎の言葉。この中に、ブリタニアの将来を指し示す重大なヒントが隠されているに違いないのだが……それが何なのか見当もつかない。
今日は疲れた。そろそろ休まないと。頭を横にすれば、また違うものが見えてくるかもしれない。








21:24 2017/08/21

# by horibaka | 2017-07-24 21:22 | その他 | Comments(0)
百年の家




2017年7月24日(月)





          ◆ 桜シャード ◆




とりあえず酒、全種類仕込みました。

(この他にもフルーツ酒が作れると言う情報があります。)
(そちらの方もすごく気になりますが ^^;;)




さて!
さすがにそろそろ少しは内装をしないといけないですね。
e0068900_1281218.jpg



イメージするのは、
酒蔵とかワイナリーとか、そう言った感じ?
e0068900_129026.jpg
e0068900_1292177.jpg





































無造作に置いただけの酒樽をなんとかしたいですね。
e0068900_12124223.jpg

こう。。。樽を重ねて置けるといいのですが。
樽って重ねられなかったっけ?



そもそも以前はどんな内装だったんだっけ?




こんなとき、ブログをやっていると便利です。

アルバムを見るように、過去の写真を見ることができます。




●2004年頃
このときはまだ酒場はやってなくて、鍛冶工房でした。
e0068900_1213986.jpg

これはたまたま通りがかった人と会話している場面。
この頃は、こういう出会いもありました。





●2005年頃
酒場をはじめて間もない頃ですね。
e0068900_12132058.jpg

奥の方に樽を重ねたキャビネットが見えます。
この技、酒樽に応用できないのかな?






●2006年頃
かな~り物が増えてますね。雑然としてきてます(^^;;
e0068900_12154047.jpg

この頃は赤ネームのお客さんが多かった時代ですね。

いろんな方が遊びにきてくれました。
玄関のテーブルの上のゲストブックも冊数が増えてますね。





●2012年頃
完全に物置き場と化していますね。。。足の踏み場もありません。
野外酒場にして何年もたつので、家の中で接客することがなくなりました。
e0068900_12155213.jpg

訪れた人がお土産にくれたものや、腐りまちで拾ったものなど。

思い出の品々なのですが、
たくさんあり過ぎてどんな思い出だったか思い出せません(^^;;






●2017年
そして今年の3月頃、うっかり腐らせて一度更地になりましたが、
e0068900_1216395.jpg

現在はなんとか再建して新たな内装を検討中なのですが。。。





過去写真を見て懐かしくなって、内装には手がつきませんでした。











e0068900_12164753.jpg






12:17 2017/07/24

# by horibaka | 2017-07-24 10:06 | 桜日記 | Comments(2)
BNNアーカイブ オフィディアン軍、スカラブレイとサーペンツホールドに侵攻

ワールドニュース [戻る]
オフィディアン軍、スカラブレイとサーペンツホールドに侵攻

投稿日:2006年8月11日

Lenor, the Towncrier
全シャード

緊急ニュースをお伝えします!

オフィディアン軍が、スカラブレイとサーペンツホールドに対して突如侵攻を開始しました。すでに両市の周辺には無数のオフィディアン兵が押し寄せ、市民に対して容赦ない攻撃を加えています。スカラブレイ、およびサーペンツホールドの住民は、ただちに安全な場所へ退避してください。

また、オフィディアン軍はスカラブレイとサーペンツホールドのムーンゲートをその支配下に置き、ゲートから現れた者を見境なく攻撃しているとの情報もあります。状況が確認できるまで、ムーンゲートの使用は極力避けてください。

この緊急事態に対処するために評議会のメンバーが招集され、対応策を検討中とのことです。しかしオフィディアン軍の目的すら判明していない以上、どこまで有効な手段が打てるのかを疑問視する声も少なくありません。
現在、冒険者を中心とした有志による防衛戦が続けられていますが、数で勝るオフィディアン軍から両市を守りきれるかどうか微妙な状況です。

以上、緊急ニュースをお伝えしました。








7:23 2017/08/20

# by horibaka | 2017-07-23 07:21 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 嵐の前の静けさ

ワールドニュース [戻る]
嵐の前の静けさ

投稿日:2006年8月11日

Naka Gerou の日記より

これを書いている間にも、窓の外から人々の歓声が聞こえてくる。
永遠とも思えるこの数週間のあいだに、我々はオフィディアンの軍勢から絶え間ない攻撃を受け続けた。そして、オフィディアンの強烈な刃によって、多くの犠牲を出した。奴らは男であろうと女であろうと、子供ですら見境なしに、無慈悲かつ無差別な殺戮を行った。パプアの住民はもちろん、ブリタニア全土から駆けつけた人々が勇敢にこの街を守ったが、オフィディアンの襲撃の前に倒れた。

とはいえ「この喜びが空しいものではないか?」という疑念を、私は振り切ることができずにいる。オフィディアンたちは果てしなく部隊を送り込むことができるようだし、名誉ある戦いにまったく関心が無いのだから、あと一歩で完全な勝利を掴める状況にあった。
一方我々のほうは、文字どおり屍を乗り越えてゆく戦いだった。兵站が底を尽く危険な状況だった上に、生き残っている者たちの間にも極度の疲労が広がっていたのだから、パプアがまもなく陥落するであろうことは誰の目にも明らかだった。

それなのに、オフィディアンたちは去った。
かつて見たこともない大殺戮を引き起こしておきながら、奴らは去ったのである。

なぜ奴らが撤退したのか、私には見当もつかない。どこかで他の人たちが彼らを撃退したのかもしれないが、そうした噂はまったく聞かなかった。ここに届いた数少ない報告にも、つい数時間前までパプアが置かれていた絶望的状況と同じような場面が書かれていたのだから。

この突然の退却は喜ばしきことなのか、それともさらなる災いの前兆なのか?
まもなく答が出るだろう。
外で騒いでいる無邪気な連中には気の毒だが、それは後者であるかもしれない。








7:19 2017/08/20

# by horibaka | 2017-07-22 23:17 | その他 | Comments(0)