excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

<   2017年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧
BNNアーカイブ 破壊されしヘイブン

ワールドニュース [戻る]
破壊されしヘイブン

投稿日:2007年5月15日

ヘイブンと周辺諸島に降りかかった災厄の日に何が起こったのか解明するべく、統治評議会から派遣された捜査官たちの努力がついに実を結んだのよ。捜査官たちはボロボロになっちゃったかつてのヘイブン市街区にあった魔法屋さんから、クリスタルボールの欠片を回収することに成功したの。
そして、ロイヤルガードの上位魔法使い達があれこれがんばった結果、クリスタルボールに写しこまれていた恐ろしい出来事が明らかになったのよ。

このようなことが再びと起こることのないよう、ぜひ心に留めて欲しいから、ブリタニアの皆さんは勇気をもってこの恐ろしい映像に目を向けてちょうだいね!

Sherry the Mouse




映像は下のリンクから、お好みのマナの量を選んでね!

マナ控えめバージョン(5 MB, .wmv形式)
マナ多めバージョン(18 MB, .wmv形式)








16:49 2017/09/10

by horibaka | 2017-08-31 16:47 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 勝利すべきは愛なり

ワールドニュース [戻る]
勝利すべきは愛なり

投稿日:2007年5月12日

瀕死の重傷を負ったまま、どろどろとしたおびただしい血の帯をワイナリーの床に残しつつ、Grierは闇の中へと這っていった。下へ下へと地下道を降りるその手でロウソクをめいっぱいに突きだしても、迫り来る闇を数十センチほど押しのけるのがやっとだった。

ひとつ這い進むごとに、長く過酷な戦いで処刑人に負わされた体中の傷口に土が入り込み、その都度うめき声が漏れた。その動きは、時が止まってしまったかと思われるほどゆっくりだった。2人はロングのダンジョンの奥底で長く苦しい戦いを展開した。Grierは、敵の攻撃に身をさらすことで辛くも勝利したのだが、それによって彼も致命傷を負う結果となってしまった。

そこまでする意味が本当にあったのだろうかと、彼は悔いずにはいられなかった。いまは去りしブリタニアの王が残した徳のシステムの熱烈なる信奉者ではあるが、体内の血が外へ流れ出るごとに、その信念は根本から揺らぐのであった。闇がのしかかってくるようだ。ロウソクの炎が消えかかっているのか、それとも己の意識が遠のいているのか、Grierには区別がつかなかった。それでも彼は、またひとつ、僅かなとっかかりに指をかけ、渾身の力を込めてほとんど死体と変わらない己の体を数センチだけ引きずった。

この聖なる行軍が終点に近づくにつれて、Grierの意識は溶岩の激流が発する有毒ガスのためにますます弱まっていた。そんな彼に力を与えていたのは、前方に差し出した炎の美しさだ。本物のロウソクの炎はよほど美しかろうと想像するだけで、力がわいてくるのであった。

最後の角を曲がる。すると目の前に愛のロウソクが現れた! それは究極的な憎悪の骸布に包まれ、炎は輝きを失っていたが、Grierは確信していた。彼の手の中にある炎を愛のロウソクに移せば、Astarothの呪縛を解くことができると。再び生き生きと燃え上がるに違いないと。

彼は起きあがり、魔法の溶岩迷路の縁を見渡した。そして絶望した。これほどの速度で始終変化する迷路を通過することなど、今の自分には不可能だ。愛のロウソクに炎を移すことなど、とうていかなわない。彼は最後のため息をつくと、その場にへたり込み、荒岩に頬を押し当て打っ伏した。血だらけの手で握りしめていたロウソクは転げ落ち、その炎は、洞窟の地面を覆う古代の土埃の上で次第に小さくなっていった。

しかし、じわじわと闇に飲み込まれながらも、Grierは願った。勇敢な冒険家たちが自分の後に続いてくれることを。いつかもっと強い人間が現れて、自分には成し得なかったこの仕事をきっと継いでくれる。息を引き取る間際、愛のロウソクはほんの一瞬だけ彼に輝いて見せた。Grierは、Astaroth打倒の日が近いことを祈りつつ、最後には愛が憎悪に打ち勝つのだと信じつつ、この世を後にした。

勇敢なるブリタニア市民は、かならずや彼の志を受け継ぐことであろう。さもなくば、あらゆる価値が、すべての愛する者たちが、みなたちどころにこの世から消えてしまうからだ。








4:23 2017/09/08

by horibaka | 2017-08-30 04:22 | その他 | Comments(0)
恋とニュースのつくり方




2017年8月29日(火)





          ◆ 桜シャード ◆




タウンクライヤーに「news」と声をかけると、
ニュースを喋ってくれますが。。。
e0068900_22563966.jpg

「タウンクライヤー紙はヘラルドまで」とか言われたのは
はじめてです。




彼がヘラルド?
e0068900_2257154.jpg




たしかに。
「タウンクライヤー紙を購入」というコマンドがあります。
e0068900_22572247.jpg

これを選択すると。。。






バックパックに証書のようなものが2枚入りました。
e0068900_2257316.jpg

これがタウンクライヤー紙?
クリックすると。。。





おおっと、びっくり!!Σ00
e0068900_2257426.jpg

これって、新聞?!





まさかブリタニアで新聞が読める日が来るとは思いませんでした。
e0068900_22575540.jpg

いったい。。。UOはどこへ向かって流れて行くのでしょう(^^;;










e0068900_22582697.jpg








22:58 2017/08/29

by horibaka | 2017-08-29 22:55 | 桜日記 | Comments(0)
BNNアーカイブ ザンター・ロックの手記より

ワールドニュース [戻る]
ザンター・ロックの手記より

投稿日:2007年5月1日

-- 尊敬すべき王立ブリタニア地理学会員であり,冒険者としても高名なザンター・ロックの手記より

終りの時が近づいているのか?大災厄が降りかかったのか?世界はその形を変えようとしている。
我々が真実だと知っていたものはもはや真実ではない。そのことを私自身がひしひしと理解させられている。
かつてヘイブンがあった場所は廃墟と化し、墓から甦った者達で溢れかえっている。そして傍らでは新たな大地、‐ニューヘイブンとでも言おうか‐が現れ、聡明で高度な文化を有しているとおぼしき市民が、この瞬く間に起こった変化がまるで驚くことに値しないかのように住まっているのだ。

我々の世界の小さな地域が消え去り、そして別のものにとってかわったのだ。なぜこのようなことが?

ヘイブンだけではない、他の地域は一体どうなっているのだろうか?いくつかのダンジョンは一見同じように見える。が……しかしそれらもまるで見えざる手によって描き変えられたように、今までとは違っているのだ。私の眼が私を裏切っているのだろうか?これは古き時代の魔法なのか?それとももっと恐ろしい何かが?

タイムロードの姿が見られたという報告や、シャドーロードの噂を耳にした。予言者たちは我々の未来にあるあらゆる類の破滅を高らかに叫んでいた。いたるところで愚か者達がブラックロックを用いてアーマゲドンの魔法を唱えようとしていた。

我々は何を行ったのだ?我々に何が行われたのだ?ソーサリアに何が?
私の心は次という名の恐怖にかきむしられている。








4:21 2017/09/08

by horibaka | 2017-08-29 04:20 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 食卓での決定

ワールドニュース [戻る]
食卓での決定

投稿日:2007年4月28日

豚の丸焼きはすでに食べつくされようとしていた。無作法に積み上げられた軟骨と骨の山のむこうにいる人物はその散らかりようをまるで気にしてはいないようだった。ユニコーンの角亭の中にはバーで飲んでいる日雇い労働者が幾人かいるだけだった。しかし、たとえ他に貴族がいたとしてもこの貴族のテーブルマナーに疑問を投げかける事ができただろうか?

そこから一番遠い店の扉が音を立てて開き、ガードの男がきびきびと店内に入ってきた。ガードは店内の角に座っている派手に着飾った太りすぎの男に眼を向けると、かつかつと歩いていった。

「フランセスコ様」
「アベリー」

フランセスコは席から動こうともせず、テーブルの向こうに来たガードに声をかけた。そのガード、伝令はうなづき、気を付けの姿勢をとった。

「ご報告申し上げます。ヘイブンでブラックロックが発見され続けています。過去最大量と思われます」
「ふむ……」

フランセスコは噛むのを一瞬止めた。

「商人の動きはどうかね?世間はどうやって彼らの噂を?」
「よく解っておりません。彼らに発見される前に鉱山は厳封されました。町民ですら鉱山の事は知りません。しかし、彼らはまだ見つかるだけのブラックロックを買い上げ続けています。タウンクライヤーを通じて彼らに注意するよう呼びかけてはいますが、あまり効果を上げていないようです」
「そうなのかね?」
「街は人で溢れかえり、宿屋も満室で街の外で野営をするものも出る有様です」

アベリーは肩をすくめた。

「なるほど。まだ奴らが何者なのかわかっていないのだな?」
「わかっておりません。我々の質問に答えようともしませんし、法を犯すようなことは何一つしておりませんので、ガードは手出しが出来ない状況です」

フランセスコはテーブルに身を乗り出し、考え込んだ様子で手を組み遠い眼差しを店内に向けた。

「好かんな。今週末まで評議会は無い……」

フランセスコは週末前に評議会を招集しようと一瞬考えた。が、原因はなににしろその考えを取りやめた。

「クレイニンから返答はあったかね?」
「いいえ、クレイニン様が彼らを追い始めてから後、一切の連絡が途絶えております」
「そうか。ではヘイブンにエージェントをおき、奴らに接触する人間の名前を可能な限り書き留めるようにしたまえ。奴らの関係が知りたい」
「かしこまりました」
「今のところできるのはこれくらいだろう。すぐに取り掛かりたまえ」

アベリーは敬礼し、テーブルから遠ざかった。フランセスコは食べ残した部分に目を向けたが、テーブルの上を片付けるようコックを呼んだ。








22:05 2017/09/07

by horibaka | 2017-08-28 22:04 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 黒いローブの者どもに注意せよ!

ワールドニュース [戻る]
黒いローブの者どもに注意せよ!

投稿日:2007年4月21日




ヘイブン島に突如現れ、周囲を徘徊している黒いローブの不審な者どもの目的は未だ判明していない。過度の警戒を呼びかけるには及ばぬが、ヘイブンに滞在の折には十分注意されたい。かの者どもは手の内を明かさず、近づいてきたかと思うとあっという間に消えさるのだ。

この訪問者どもが、ブラックロックのかけらを集めているとの報告も寄せられている。危険要素を多分に有しているこの石を収集している個人または団体に対して、高度の警戒を求めるものである。

ブラックロックを収集し実験しようとする市民は、ブリタニアを代表する魔法使いたちが、この黒い鉱物が有害である可能性とその多くが解明されていない物質であるとしていることを忘れてはならぬ。我々は市民に対して、ブラックロックを直ちに破棄することを望むものである。

十分注意し、安全に努められたし。


--ロイヤルガードキャプテン サー・ジョフリー







22:03 2017/09/07

by horibaka | 2017-08-27 22:01 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ 照らされた真実の光

ワールドニュース [戻る]
照らされた真実の光

投稿日:2007年4月7日

言葉では言い表せないほどの喜びが、今日ライキュームに訪れた。魔法使い、学者、そして書写師らが待ち望んだ真実の本が、ついに発見されたのだ。
高潔な冒険者たちによって届けられた幾千にものぼる本が念入りに調べられ、今朝早く、すべての検査や審査を通り抜けた1冊の本が確認されたと発表された!

ライキューム、そしてブリタニアのもっとも汚らわしいダンジョンの深みへと赴き、真実に光をもたらし、我らが手に取り戻すために勇敢に立ち向かったすべての冒険者に感謝する。本物の真実の本を発見した冒険者の名誉を称えるために、その名がライキュームに刻まれた。

真実の本は、現在ライキュームの地下室にて厳重に保管されている。中庭のテレポーターを使って入室可能だ。なお、各シャードにおける真実の本の発見者は以下のとおりである。

Chesapeake: Uxmal
Atlantic: Lady Andrasta
Catskills: Lord Vallend
Siege Perilous: Yasuo Wakayama
Legends: Aleah
Great Lakes: Ayla
Lake Superior: Esmeralda
Lake Austin: Jasmine
Baja: Lord Maximus Bond
Napa Valley: Jayden
Sonoma: Lord Tanthalius
Pacific: Savara Darkstorm
Origin: Mother St Terese
Oceania: Lord Quintarias
Formosa: White
Arirang: Lord Boo
Balhae: Lord Cpuenter
Europa: Lady Mallory Rayne
Drachenfels: Lord Thenon Tomeshk
Yamato: Lady Cougar
Izumo: Haoumaru
Wakoku: Samia
Hokuto: White Wind
Asuka: Concerto
Mizuho: Lady Vanilla
Mugen: Kinme
Sakura: Lady Cindy








22:02 2017/09/06

by horibaka | 2017-08-26 22:01 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ ウィンダミア海岸でデーモンの目撃相次ぐ!

ワールドニュース [戻る]
ウィンダミア海岸でデーモンの目撃相次ぐ!

投稿日:2007年3月28日

BNNベスパー支局発

ここ1週間、複数の商船と漁船からウィンダミアの西海岸付近でデーモンを目撃したとの報告が相次いでいる。この地域は、かつてリーパーやハーピー、そしてときおりオーガが見かけられる程度だったのだが。

「オラの目で見た中でいっちばんおっそろしい魔物だったんだ」と、ウィンダミア海岸で30年に渡って漁業を続けてきたバーナードさんは語る。

「だいだい色の肌をしてな、どんな男より2倍は筋肉があったね! いっときはそいつに目をつけられたんだが、オラ、すぐに船を返してよそに逃げたんだよ」

そのデーモンはゆうに10フィートを越す長身で、羽を広げた長さはドラゴンシップの幅よりも広かったそうだ。

ベスパーとミノックのガードは共に、この悪魔に備えて警戒態勢に入った。ミノックの西側、およびベスパーの北側に向かう旅行者は十分に注意されたい。








21:59 2017/09/06

by horibaka | 2017-08-25 21:58 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ ダークウィスプの脅威、収束す!

ワールドニュース [戻る]
ダークウィスプの脅威、収束す!

投稿日:2007年3月24日

ムーングロウ市民の勇気ある行動とブリタニア中の冒険者の不断な助力に感謝する!

市民と冒険者の団結によりダークウィスプは徐々に姿を消し、ついにライキュームは平和を取り戻した。
真実の本の選別に当たっていた図書館員もようやく作業を再開する事ができ、近日中にも本物が見つけ出される事になると思われる。
まだ真実の本と思われる書物を有している冒険者の諸君は是非、安全と静けさを取り戻したライキュームにて寄贈をして欲しい。
ダークウィスプによる脅威が取り除かれたとはいえ、まだ本当の真実の本は見つかってはいないのだ。








21:35 2017/09/05

by horibaka | 2017-08-24 21:34 | その他 | Comments(0)
BNNアーカイブ ライキューム急襲さる!

ワールドニュース [戻る]
ライキューム急襲さる!

投稿日:2007年3月16日


神聖な殿堂であり、ムーングロウでもっとも愛されている図書館に、ダークウィスプが多数侵入した。
おびただしい数の魔物たちが大挙して押し寄せ、図書館の警護にあたっていたガードに始まり、ムーングロウ島全域のガードたちは簡単にねじ伏せられてしまったようだ。建物や街の防備が全く役に立たない状況になってしまっている。

現在、ダークウィスプたちは書写師の検査を待っている何千もの『真実の本』を引き裂き続けているとの報告が入っている。ダークウィスプたちはかつて見られたことが無いほどの黒さをもってライキュームに混沌をもたらすとともに、本物の『真実の本』を探しているのではないだろうか?

冒険者諸君、今こそ武器を取れ-ライキュームを守るのだ!









21:33 2017/09/05

by horibaka | 2017-08-23 21:32 | その他 | Comments(0)