excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*

王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---ギルド・その他---*

乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

カテゴリ:海外・TC日記( 41 )
残された人々(9)




2017年4月24日(月)





          ◆ Napa Valley(米国西部)シャード ◆




彼を見つけたのは、ユー市街の近郊でした。





木々の間にひっそりと佇んでいました。
e0068900_2111287.jpg

その職業表示はWachman。





直訳すると、警備員でしょうか。
e0068900_21114114.jpg






辺りには空中水桶も、空中絵画もありません。
彼が守っていた家があったことを示すものは、何も残っていませんでした。










e0068900_21124068.jpg









21:12 2017/04/24

by horibaka | 2017-04-24 21:10 | 海外・TC日記 | Comments(0)
グレートウォール




2017年4月23日(日)






          ◆ Napa Valley(米国西部)シャード ◆




昔撮ったUOのスクリーンショットを整理していて、こんな写真を見つけました。
日付は2012年の8月、場所はNapa Valleyです。
e0068900_23561918.jpg

ユーの街の周囲が、壁で囲まれています。





壁は完成しておらず、まだ建造途中のようですね。
e0068900_2358140.jpg






まるで砦のようです。
e0068900_2356324.jpg






それらしいゲートや見張り台まであります。
e0068900_23584536.jpg

何かのイベントと連動した建造物だったのでしょうか?






こりゃ、行ってみるしかないですなw
e0068900_23591977.jpg






。。。ありませんでしたとさ。
e0068900_23593436.jpg





ブリタニア、そこは常に移ろいゆく世界。










e0068900_23595741.jpg








0:00 2017/04/24

by horibaka | 2017-04-23 23:55 | 海外・TC日記 | Comments(0)
BNNアーカイブ ギルフォーン

ワールドニュース [戻る]
ギルフォーン

投稿日:2001年3月19日

JP Reporter
全シャード

ギルフォーンは、ゲートトラベルとテレポート呪文の研究にかけての第一人者として世間に名を知られていた。これまでにも「最後のゲート」や「ゲートトラベルとモダン社会」などの著書を発表しているだけでなく、ムーングロウの街に設置されているタウンテレポーターやジェロームの地域テレポーターの仕組みを解明したことでも知られている。また、ギルフォーンはこれらの仕組み利用して、ムーングロウの秘薬屋で見られるような小型テレポーターの設置も実際に行い、買い物客でごった返す店の整理にも一役買っている。恐らく、誰でもが一度はギルフォーンの設置したテレポーターの恩恵にあずかっているだろう。

このような業績とはうらはらに、ファセットと付随するファセットゲートの発見への想いは、彼を完全に魅了していた。一歩踏み出したその先が別世界になることを考えれば、ゲートを開き秘薬屋へ飛ぶことさえ、彼にとっては至って単純にも思えたのだ。過去の歴史を振り返っても、別世界へのゲートが具現化したとされているのは、モンデインを討伐するために謎の人物をこのソーサリアへ運んだとされる伝説のSiege Perilousゲートだけだった。ギルフォーンは、ゲート生成に関する古文書の公開をニスタル(Nystul)へ何度も嘆願していた。ニスタルは、最終的にギルフォーンを個人的に訪ねて、ゲート生成の記録は一切見つかっていないことを直接説明しなければならなかった。ただし、ギルフォーンはこのことを一切信じず、Nystulは真実を述べていないと公に声明を出してしまったのだ。しかし、その気持ちを理解できる者も多くいるだろう。ファセットゲートは実際のところスキルも必要とせずに、たった一つのムーンストーンで実現できてしまうのだから。地面に置かれたムーンストーンは、やがて地中に埋もれ、相対する別世界へとファセットゲートを開く。ムーンストーンは、かつてミナックス(Minax)がブリタニアへ降り立ったときから人々の目に触れるようになったが、恐らくはミナックスが自らのファセットから我々のファセットへ入り込んだことで、何らかの作用が働いて生み出されるようになったものなのだろう。そして、臭気の強いヘッドレス(headless)と呼ばれるモンスターは好んで、あるいは何かの勲章であるかのようにムーンストーンを集める習性があるようだ。

ギルフォーンは一般的なムーンゲートの生成方法に関する古文書の研究を進めていた。「それは固定的なもの:到着地はソーサリアを周期する二つの月の位相に依存する。」しかし、ムーンゲートに関する魔法とムーンストーンのすべての組み合わせを試しても、開いたゲートの爆発により怪我を負ってまでも、未だに固定ゲートを完成するには至っていなかった。

その夜もまた、ギルフォーンは夜更けまで古文書の研究を行っていたが、やがて本を閉じると身体を休めようとベッドに横たわった。即座に睡魔に襲われた彼は眠りに落ちて夢を見ていた...。

そこはムーングロウの市民センターだった。澄んだ夜の爽やかな風がギルフォーンの頬を撫で、星は満月の双子月に照らされるかのように瞬いていた。ウィスプ(Wisp)が姿を現すと、ギルフォーンを招いているように見える。彼はそれに従い、街の南門を出てムーンゲートの方角へ輝くウィスプの後を追った。突然、ウィスプは姿を消してしまった。ゲートを見ると、これまで目にしたことのない、いつもとは異なる輝きを放っている。そのときだった。情景に相応しいとも言える、自然に幾重にも重なった声々が闇から彼を包んだ。

『これまでよく頑張ってきた...その努力は決して無駄にはならぬだろう...さあ、ゲートを見るのだ。』

風が強まり、ギルフォーンは渦を巻くようなゲートを凝視した。

『おまえは誰だ?何故私の夢に入り込んできたんだ?』

『我等は賢者、そして助けを求めている...。』

『目にしたことない...おまえの望み...我等が叶えてやろう...。』

その言葉にギルフォーンの凝視が崩れた。『ただほど怖いものはない。その知識と引換えに何を失わなければならんのだ?魂か?』

『代償など必要ない...一切だ...。そのゲートから学ぶがよい...。』

彼は再び目の前にある不思議なゲートに視線を戻した。そこには馴染みのある不規則な文字の組み合わせがねじれ、そして揺らぎながら浮かんでいる。

『単純かつ明解...そして、摩訶不思議...。』

『さあ、ゲートをくぐるのだ...。』

ギルフォーンは足を踏み出すとゲートに入っていった。

彼は興奮と共に目を覚ました。身体は震え、汗にまみれながら、自分自身を取り戻すのにたっぷりと時間が掛かった。夜の空はまだ暗く澄んでいた。夢...ウィスプ...ゲート...そうゲートだ!ギルフォーンはベッドから飛び起きると研究室へ急いだ。

彼の思考は光り輝く文字と神秘の呪文に集中していた。あわただしく研究室の秘薬をかき集めると、頭の中は多少なりとも狂気じみた思考に取って代わっていた。秘薬の準備を整えたギルフォーンは、これまで聞いたこともない詩的とも呼べる呪文節の詠唱を始めた。

『init kal vas gres』
『trak sek-de ter-mer..』
『re in ew tu-tim in-ten』
『re grav beh』
『i trak-por』

最初は何も起こらないと思えた。次の瞬間、秘薬は爆発エネルギーの光となって研究室を強烈に明るく照らし、床に秘薬と共に置いたムーンストーンがゆっくりと地中へ埋もれて行った。明るい光に視力を半分奪われたギルフォーンのその目に、床から姿を現した渦を巻くゲートが飛び込んできた。それはまさに夢の中に出てきたゲートと同様のものだ。もちろん、ギルフォーンは砂時計をひっくり返すことを忘れなかった。

彼はゆっくりとゲートを眺めた。その向こうにあるものは見えない...。彼はじっと時を待ったが、砂時計のガラス容器の中で、砂は驚くほど遅いペースで時を刻んでいた。いつものゲートが閉じる時間となったとき、彼は当惑した。それは閉じなかったのだ!ギルフォーンは、時間の経つのがこれほど遅く感じたことはなかったが、ゲートは一時間を過ぎても消えることはなかった。どうやら固定ゲートの生成方法を遂に手に入れたようである。もちろんまだ大切な試験が残されている。この中へ足を踏み入れても大丈夫だろうか?向こうにあるものはまったく見えない...。その不思議なゲートを前に、彼はさらに時が過ぎるのを待ち、そして夜が明けようとしていた。ギルフォーンはこのまま朝を待ち、評議会へ固定ゲート生成の発見を伝えるべきかを悩んだ。しかし、ゲートの向こうにある世界を見てみたい、そしてゲートが完全に機能するのかどうかを確かめたい、彼はその衝動に勝つことができなかった。そしてゲートに一歩、足を踏み入れた。

衝撃的な感覚はなかった。これまで何度も通ってきた一般のゲートをくぐった時と同様の感覚で、何の苦労もなく彼は別世界に立っていた。しかし...何かが大きく異なっている...。そう、それはフェルッカではなかったのだ。

ギルフォーンは朽ち果てた石の建造物そばに立っていた。最初はそれに気付かなかったが、やがて明確に意識に入り込んできた。アンクだ!目の前にあるのは、紛れもない荒石を積み重ねたアンクだった。そして石の残骸に半分埋もれているのは、信じがたいことに確かに徳の印章だ。天秤のマーク:正義の印章。これが正義の神殿なのだろうか?もちろん、彼の知っている正義の神殿とは似ても似つかない。驚くべきその光景に、ギルフォーンは興奮を覚えた。意識をゲートへ戻すと、それが消えてしまうのではないかという気持ちに襲われた。魔道士評議会へ一刻も早くこの事実を伝えなければならない。この世界を詳しく調べたいという後悔を残しながら、ギルフォーンはゲートを使って研究室へ戻った。ゲートはまだそのままだ。夜明けの近い空の下、彼はこの大発見を伝えるべく、アノン(Anon)のもとへと急いだ。

虚空間の最も暗い次元で、三つの影が不気味な笑いを浮かべていた。

それは始まったのだ...。









5:47 2017/04/26

by horibaka | 2017-04-07 05:45 | 海外・TC日記 | Comments(0)
重力ピエロ




2014年3月23日(日)





          ◆ Atlantic(米国東部)シャード ◆



海外キャラのほとんどは、まったく育成していない散歩キャラで
ほぼ褒章アイテム倉庫になってしまっているのが多いです。
e0068900_1547342.jpg






長年、褒章アイテムをもらい続けていると
e0068900_15474753.jpg

何もしていないのに、ある日ログインすると
動けなくなっている情けないキャラも中には出て来ます。










e0068900_1548098.jpg








15:48 2014/04/29

by horibaka | 2014-03-23 10:16 | 海外・TC日記 | Comments(2)
ラスベガス




2012年8月26日(日)





          ◆ Test Center ◆



次のパブで「カジノ」が実装されると聞いて
TCに遊びに行きました。
e0068900_9413484.jpg

怪しい色のゲートですね(^^;



前にも書きましたが、わたし
個人的に異色のゲートの写真をコレクションしています。
Colorful(カラフル)

このゲートもコレクションに追加します!



さて、ゲートの先は。。。ヒスロスかな?
e0068900_9431757.jpg

レーダーには映りませんが、ここがカジノ?



e0068900_9441481.jpg




やたら気前のいいNPCに出迎えられて門をくぐると
いくつかのテントが並んでいます。
e0068900_9442927.jpg




最初のテントは銀行ですね。
e0068900_9443984.jpg




ここでチップを購入するようです。
e0068900_946267.jpg




次のテントはダーツ。
e0068900_9461324.jpg




その次のテントがカジノのようです。
e0068900_9464915.jpg




さっそく遊んでみましたが。。。
e0068900_9473923.jpg




なんていうのかな、こう。。。
e0068900_948565.jpg

もっと豪遊できるかと思ってワクワクしていたのですが
意外に健全ですね(^^;



カジノで遊ぶ楽しさには、ディーラーとの駆け引きもあります。
感情の無いNPCが相手では、パチンコ屋でスロットやってるのと同じですな。
e0068900_948462.jpg











e0068900_9485621.jpg











9:48 2012/08/30

by horibaka | 2012-08-26 21:40 | 海外・TC日記 | Comments(0)
戦火の馬




2012年8月20日(月)





          ◆ Great Lakes(米国東部)シャード ◆



海外シャードでは危ない所へは行かないのですが、
e0068900_6254886.jpg

ごくたまにイベントに巻き込まれたりして
ペットが死ぬことがあります。



言葉が通じないとペットの蘇生は不便ですが。。。
e0068900_6255830.jpg




いまはNPC厩舎員がペットの蘇生をしてくれるのか!?
e0068900_6261027.jpg

いつからこんな仕様になったんだ?



便利にはなったけど、これじゃますます
プレイヤーどうしのコミュニケーションは減るわな。



「ペットの蘇生をお願いします」とブリ銀前で頭を下げたのは
いまや過去の時代の話。
e0068900_6271968.jpg

レスキューさんも、失業だね(^^;;
レスキューファイアー









e0068900_6272621.jpg











6:27 2012/08/21

by horibaka | 2012-08-20 21:25 | 海外・TC日記 | Comments(0)
魔法の国が消えていく



2011年11月9日(水)





          ◆ Shard of the Dead(ハロウィーン特設シャード) ◆



ハロウィーン特設シャードは、
e0068900_1057105.jpg

けっきょくどんなシャードだったのか、よくわかりませんでした。










10:57 2011/11/13

by horibaka | 2011-11-09 21:56 | 海外・TC日記 | Comments(0)
エルム街の悪夢




2011年11月6日(日)





          ◆ Shard of the Dead(ハロウィーン特設シャード) ◆



ハロウィーン特設シャードへは、
キャラ転送が出来ると聞いていたのですが。。。
e0068900_1042290.jpg

実際には出来ないようですね。
仕方ないので、TCと同じように新キャラを作ります。




なんですか、ここは?(^^;
e0068900_10421753.jpg

赤いゲートと、青いゲート。
その真ん中には。。。これってバーチューベイン?



しかも自分、裸だしw
e0068900_10422981.jpg




しばらくしたら、勝手に身体が黒くなりました。
e0068900_10423940.jpg




お?
はなちゃんも到着。
e0068900_10424947.jpg




ゲートの外は。。。
e0068900_1043211.jpg

どこかのダンジョンのようですね。



というか、勝手に身体が水色になってるんですけど(^^;
e0068900_10431791.jpg




スタチューをクリックすると、動物に変身できるようです。
e0068900_10432932.jpg




うあ!
なんかヤバそうなのがいますね。。。
e0068900_10433948.jpg




おっと!
またバーチューベイン?
e0068900_10434720.jpg




いったい、ここは何をする場所だったのか。。。
何もわからないまま、死にました。
e0068900_10435777.jpg

ハロウィーンシャード。
そこは不条理な悪夢のような国でした。










e0068900_104481.jpg















10:44 2011/11/13

by horibaka | 2011-11-06 21:41 | 海外・TC日記 | Comments(0)
星空の向こうの国



2011年11月3日(木)





          ◆ Shard of the Dead(ハロウィーン特設シャード) ◆



なんか。。。
ハロウィーン特設シャードと言うのが出来てますね?
e0068900_17145268.jpg

ハロウィーンの季節だけの期間限定の特別シャード。


そこはいったい、どんな夢の国なのでしょうか?
期間が過ぎる前に、ぜひ行ってみなくては。。。











17:15 2011/11/12

by horibaka | 2011-11-03 20:14 | 海外・TC日記 | Comments(0)
世界に一つだけの花




2011年7月3日(日)





          ◆ Napa Valley(米国西部)シャード ◆



海外シャードを散策していると、
見慣れない装飾や独自のイベントの名残りをよく見かけます。
e0068900_1810470.jpg




その多様性には、ときとして驚かされます。
e0068900_1810229.jpg




世界中に数多(あまた)の破片世界がありますが、
e0068900_18103398.jpg

ルナゲートの脇に花の咲いている立木のあるシャードは
世界中でここだけです。



e0068900_18111123.jpg

あなたのシャードには、
どのような固有オブジェクトがありますか?










e0068900_18145137.jpg











18:15 2011/07/03

by horibaka | 2011-07-03 18:09 | 海外・TC日記 | Comments(0)