excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

2017年 09月 18日 ( 3 )
はだしのゲン




2017年9月18日(月)





          ◆ 桜シャード ◆




ちょっと見ない間に、
ブリタニアのファッションもずいぶん変わりましたねえ!

たとえば、たまたまルナで見かけたこの人とか。。。
e0068900_2212331.jpg






この防災頭巾みたいなのは。。。
e0068900_22191898.jpg

「言霊の魔力虎皮ヘルム」?
虎の皮でできた頭巾ってことでしょうか?





そして首装備は。。。
e0068900_22192897.jpg

「言霊の再生レザーネックガード」?
きっとスンゴイお宝なのでしょう、プロパティたくさん付いてるし(^^;





「悟りの魔術メタルシールド」?
e0068900_22193960.jpg

ネーミングはカッコいいですが、「悟り」ってなんでしょう?(^^;;





。。。で、
e0068900_22195183.jpg

足はなぜか、はだしでした。










e0068900_22134523.jpg







22:13 2017/09/19

by horibaka | 2017-09-18 23:11 | 桜日記 | Comments(0)
部長 一柳邦生のざわめき




2017年9月18日(月)





          ◆ 桜シャード ◆




ふと気が付けば、もう9月も後半。
いやあ~、時が過ぎるのは早いものですね(^^;;






おや? ポストに旗が。。。
e0068900_2351969.jpg

部長からの贈り物のようですが、。。。




玄室のパワーコア」?





これはいったい何でしょう?(^^;;
e0068900_2363633.jpg

クリックしても、無反応。





セキュアにもならないようですね。
e0068900_237125.jpg






よくわからないけど、
e0068900_2371680.jpg

とりあえず、しまっておきます。










e0068900_2374499.jpg







23:08 2017/09/18

by horibaka | 2017-09-18 23:04 | 桜日記 | Comments(0)
BNNアーカイブ 少し前

ワールドニュース [戻る]
少し前

投稿日:2008年6月26日

少し前の話になるのだが……

「我が主よ!」 美しくも落ち着いた女性の声が、その主に向けられた。

「どうか、その情報を探し出すよう、私めに御命令ください。」

言い終わり彼女が頭を上げると、長く深い赤毛が彼女の美しい顔に沿って流れた。

強大な闇が ― それが彼女の主なのだが ― 承知したことを示すように頷いた。

「これで最後か、6とはまたいい数字なことよ。」 主が考える中、彼女は他の者たちから離れ、前に進んだ。その者たちは彼女とよく似ていた ― そして違っていた。彼女は選ばれた他の5人に加わった。

「支度を済ませなさい、彼はすぐに到着するでしょう。面会の時間はすぐよ。」 大いなる主は満足の笑みを浮かべ、皆に伝えた。

皆はその言葉にあわせ、行動を開始する ― 「6」(ザ・シックス)を守るために。


「ヴァルヴァカ(Valvakka)、お前はなぜ笑っているの?」 女性は彼女の供に問うた。

「なぜなら、カエルディア(Kaeldia)、」 歯が見えるほどその笑いを膨らませながら、彼は続ける。「最も誇り高き我が使命のゆえに。ヒューマンに隷属する弱きものどもを破滅させるのだから。」

彼は手を静かに、しかし力強く握り締めた。続ける言葉は囁く様に消えていく。「弱き……偽りの……」

「であれば、わたしが先に行く方がよくはないか?」 ヴァルヴァカの渇望を熱く見守るカエルディアを遮る声がした。彼女は、新しい供である彼が魔力をほとばしらせ、視界の隅にほのかな真紅のオーラが瞬くのを見た。

「ミキオン(Myxkion)、お主は一番の若輩でありながら、年長の誇り高き特権を奪うというのかね?」 更に違う声、影が囁くような、真の闇に閉ざされた夜だけ風が運び耳に届く、あの空恐ろしい響きを持つ声が聞こえた。

ミキオンは落ち着いて微笑むと応えた。「おお、リヴァタク(Rivatach)ではないか? ヴァエクトル(Vaector)もクリサン(Krysan)もあなたより古いものであろう……。古きものの特権というからには……。」

「静かに! 主が帰還される。」 ヴァエクトルが硬い声で命じた。入室とともにうち静かに消えいく会話さえ無視し、主が到着した。

「汝ら6人は我らのうち最初に、故郷に辿り着くものだ。」 前置き無く彼の話は始まった。全ての目は主を注視している。

「ただの楽しい里帰りではないことは承知しているとは思うがな。それぞれに使命がある。速やかに遂行せよ。汝らの時間、つまり我らの時間は短い。これも承知の上かとは思うのだが。」 彼は話を終えると、外套をまとった姿へと目をやった。

フードをかぶったその者が手を ― もしそれが手と呼べるのならだが ― あわせると、渦巻く魔力の奔流が引き裂かれた。たちまち光と闇が渦巻き、引き伸ばされながら部屋と部屋にいた存在全てを分かち、影はその姿を現した。

大いなる主の眼が初めて明らかとなり、深い青と紫の眼が瞬いた。力は虚無から生み出されたものであった。彼は外套を被ったかの人物が、そのフードを脱ぐのを見た。「それ」は一声彼に叫んだ。その声は世界の混沌に満ち溢れており、彼は思い出した。ゲートはまもなく開き、時間と空間を捻じ曲げ、露(あらわ)となる力に狂喜することだろう。彼も彼が戻ろうとする世界の広大な海のごとき己の力を与え、手助けをした。

力がその二つの物体の間ではじけた。衝撃波の強さは屈強な「6」のメンバーでさえ身構えるほどであった。

力が安定すると、視界が開けた。そのポータルは「6」の主と名前の無い影のようなそれの力が組み合わさり造られた。

「それぞれ異なる時と場所に辿り着くやもしれぬ。行け、選ばれしものよ。」

一つずつ、戦いを求める存在が門をくぐりぬけ、二つの世界をまたいでいく。ミキオンが先頭に立った。

その少し後の話である……

「6」の大いなる主は来るべき計画をしばし熟考していた。彼は力尽きていた。今しばしのことではあるが。二つの世界にまたがる門の構築には、とてつもない力を必要とするのだ。「闇」は、来たときと同じくすぐに姿を消した。それは大いなる主にとって分かっていたことだ。彼は3つの大いなる影の敗北すら、あらかじめ計画していたのだから。

すると……ほんの瞬間、銀色の輝きが、一瞬ではあるが瞬いたのだ。主はそれを視界の隅でしか見ることが出来なかった。魔力の輝きとは思えなかった。「もちろん。」 彼は微笑んだ。「ブラクシオン(Braxyion)。お前は知ったのだな。それは彼らもまた知ったことを意味する。」 彼は一人ごちた。

「予定通りだ。」








8:26 2017/09/18

by horibaka | 2017-09-18 08:25 | その他 | Comments(0)