excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

2017年 04月 01日 ( 2 )
タイタンズを忘れない



2017年4月1日(土)





          ◆ 飛鳥シャード ◆




先日、桜シャードで拾った置き本に
飛鳥で行なわれるバッグボール大会のことが書いてありました。






いざ、会場へ。
e0068900_5153638.jpg






バッグボールの試合は、ゲームの性格上、フェルッカで行われます。
e0068900_5165928.jpg

これは、大会前のエキシビジョンのようですね。





e0068900_5171676.jpg






それが終わると、いよいよ第一試合。
e0068900_5175887.jpg

e0068900_6387.jpg






いつ観ても熱が入りますね、このスポーツ!
e0068900_5183099.jpg

最後まで観ていたかったのですが、時間の都合で途中まで。






優勝したのは、どこのチームだったのでしょうね(^^










e0068900_5185293.jpg







5:19 2017/04/06

by horibaka | 2017-04-01 22:14 | 飛鳥日記 | Comments(0)
BNNアーカイブ  業火

ワールドニュース [戻る]
業火

投稿日:2002年1月10日


全シャード
その爆発は要塞を揺るがし、ダーシャ(Dasha)を床へ叩きつけた。彼女の周りのジュカ(Juka)兵士も槍と鎧とをぶつける音を立てながらふらついた。彼女は自分の置かれている状況を捉え直し、部屋全体を一目見た。石の壁はひび割れていた。床が揺れ動いた。要塞は今にも崩壊しようとしていた。

師アドラナス(Adranath)の儀式が始まったのだ。ダーシャとケイバー(Kabur)が素早く行動をしない限り、ジュカとミーア(Meer)の滅亡は目の前にやって来ていた。

彼女は膝立ちになり怒鳴った。『エクソダス(Exodus)!魔術師め、姿を見せろ!』彼女の指先から、暗く奥まった小室を照らし出す呪文が放たれたが、ジュカの謎めいた支配者はそこにはいなかった。彼は、幾何学的な配列の明滅するジェムストーンと銀のはめ込みをちりばめた奇妙な祭壇か台座か見当のつかない物を残して立ち去っていた。彼女は呟いた。『危機を前にして、お前の尊敬する主人は何処なのだ、ケイバーよ。』

そのウォーロードは怒りを込めて言った。『ジュカは魔術師の後ろに隠れたりはせぬ。我々は自分自身の手で以って戦うのだ!』そして、彼は出入り口を通りぬけるべく突撃した。ダーシャは彼の後を追った。彼らは強固な要塞の前部にある高い壁の頂上にやって来た。その眺望を得て、彼らは今朝の戦いの地震で荒廃させられた目の前に広がるジュカの都市を見渡した。無秩序な乱戦は通り中に血を浴びせた。そして、新たな恐怖が谷全体を飲み込もうとしていた。幾組かのミーアの長老達が、まさに魔法詠唱の最中で激しく光り輝きながら要塞の周りにリングを形作っていた。その輪の北の地点は師アドラナス自身によって占められていた。彼の合図で、長老達から火の巨大な輪が波紋を形作る様に放たれ、光り輝く大火の中の都市を燃やし尽くしていった。彼女は顔に受ける熱を防ぐ為に腕を上げた。要塞は炎の撃ちつける衝撃に揺れた。そしてそれは地獄の海の波の様に飛沫をあげ、上下に振動した。すると黒い煙が全てを飲み込み、ダーシャは壁の端から離れた。

彼女の心は痛々しく閉じた。エクソダスは正しかった。アドラナスは谷に於いてジュカとミーアを問わず全ての民の虐殺を導いたのだ。その大虐殺は情け容赦ない大波の中で都市を粉々にしていった。とても酷い熱さだったので彼女の毛皮も焦げ始めた。彼女は地面で身動きの取れない数え切れない程の人を救うのには既に遅すぎると分かっていた。頭の中が絶望で一杯になった。ご先祖様、私達を見捨てないでください!私達はこの様な終焉を迎えたくはありません!

力強い手が煙の外から伸びてきた。それは彼女を煙の外へと引き抜き、そこで彼女をしっかりと掴んでいた。彼女は激しい怒りにねじれたウォーロード・ケイバーの緑色の顔を目にした。『我が民よ!』彼は叫んだ。『お前達は何をしたのだ?偉大な母により、お前達は我々全てを殺したと言うのか!』

彼女はケイバーの顔を見つめた。その顔はミーアの故郷である森の破壊を組織した男の顔であった。彼は不幸にもエクソダスに利用されている者だったのであろうが、それでもやはり彼には罪があった。彼の単純さがこの戦争を引き起こしたのだ。彼はアドラナスと同じ位の責任があった。彼女の恐怖は怒りの爆発へと変わり、彼女は彼の胸部を蹴りつけながらわめいた。彼は彼女を放し、壁から転落した。

彼女はその端の向こうを凝視した。彼は大火の中へと落ちてはいなかったが、要塞と独立した塔とを結びつける狭い石の橋の上に着地していた。彼はさっと立ち上がり、槍を投げつけた。彼女は数インチの差でそれを避けた。しかし、彼女の足が再び地に着いたとき、その壁はアドラナスの呪文の衝撃により震動した。大きな石の塊が秩序無く落下してくる。ダーシャは空を傾きながら走り、ケイバーの隣に着地した。そのウォーロードは重たい剣を抜き、彼女に向かって突進して来た。

闇雲な怒りがその時彼女を駆り立てていた。ケイバーの剣の振りは糖蜜のようにのろい物に彼女には直感的に感じられた。彼女はそれを素早くかわし、彼の傷ついた体へ次々に攻撃を叩きこんでいった。そのウォーロードはふらついていたが、それでも彼女は攻撃を止めなかった。要塞が揺れる衝撃の度に炎は勢いを増し、煙は肺に痛みを感じさせながら彼女の呼吸を妨げた。ケイバーの剣が彼女の防御に一点の隙を見つけた。剣の先端が彼女の腹に押し込まれた。しかし、その痛みは彼女にとって何でもない物であった。彼の煙で煤けた姿に向かって彼女は怒鳴った。『お前の馬鹿さ加減が私達を滅ぼしたのだ!これがジュカが永遠と言う物に向き合うやり方なのか?』

ウォーロード・ケイバーはこの悪夢の中で彼自身の一面を自覚していた。彼女は彼の爬虫類の目の中に気も狂わせんばかりの苦悶を見出した。雄叫びを上げ、彼はダーシャの腹の奥深くへと剣を押し込んだ。すると彼女の体はよろめいた。彼女の視界が徐々に薄れていった。そして刃は彼女の体から離れていった。

痛み、炎、そして煙からやって来る毒気は時間をゆっくりと引きずって行った。彼女はそのジュカの足元に石の橋が崩れているのを見た。彼は燃盛る炎の中に落ちないように、バランスを取る為に武器を振り回していた。

彼女の心の中で声がした。これがミーアが永遠と言う物に向き合うやり方なのか?

不思議な事に、彼女は自分の手がケイバーに届いているのを見た。彼女は彼の手首を掴み、彼も又彼女の手首を握っていた。彼の体重はもう少しで彼女を橋から引きずり落としそうであったが、自らの体力を振り絞りながら彼女は彼を飢えた炎から引き上げた。そして、彼女は熱の渦の中に倒れ込んだ。彼女はウォーロードが彼の腕に彼女を抱きかかえ、橋の終わりにある塔へと走っているように感じていた。そこで彼らは崩れた石を背に跪いた。

『ジュカは名誉と共に生きるのだ。』彼は唸るように言った。

『ともかく、生きている事を確認しようじゃないか。』彼女の指先は血まみれだった。塔の屋根の埃や煤の中で、彼女は明滅するルーンを印した。先祖への祈りで、彼女はその呪文を発動した。薄暗く冷涼とした中で、光が彼らを包んでいった。

彼らは深い闇の中に出た。洞窟の硬い壁から音が木霊してやって来る。ダーシャは幾夜か前に彼らがデュエルをしたのと同じ洞窟を探す為に、魔法の明かりをつけた。ちょっとした視線のやり取りで彼らには十分だった。すぐに彼女は彼らの傷を治癒し、そして彼らは洞窟の遥か向こうにある入り口目指して走った。急な傾斜地で、彼らは師アドラナスがどれ程の被害を与えたのかがわかってきた。

谷は山の端にまで炎が噴き出す炎の椀であった。煙が、大火が景観全体を焼き尽くそうとしている隆起線の向こうから上がった。

都市の中、或いは山腹にいた人は誰一人として生き残る事は無かった。雄々しく、両種族は他の場所で生き残った極少数の軍勢を召集した。この状況で最良の環境を得たとしても、生き残っていくのは難しいであろう。そして、冬の致命的な霜が数週間、或いは数日先に忍び寄ってきていた。

静寂の中で、彼らは谷から、想像を絶した墓の巨大な祈念碑の様な、渦を巻く煙の柱を見つめていた。

洞窟の中で、彼らは今にもダーシャを飲み込もうとする巨大な捕食者を発見した。それは出血が激しく弱っており、その傷から死に絶え絶えであった。協力して彼らはそれを仕留めた。その肉は火が収まるまでの間、彼らに栄養を補給する事になるであろう。

二日後、彼らは再び洞窟を離れた。彼らは並んで暗黒の谷を注意深く見下ろした。かつて強固なジュカの要塞の壁であった石の山を除いて、今では殆ど残っている物はなかった。既に人間達は瓦礫を掘り起こし始めていた。スカベンジャーガーゴイル(Scavenger gargoyle)が冷たく、灰色の空を旋回していた。ダーシャは二つの種族の黒焦げになった死体に彼らが何をするのか、想像したくなかった。

ウォーロード・ケイバーの不興の度合いは深刻だった。彼は反抗的なプライドを以って顎を上げた。『肉体は消え行くとも、名誉は永遠なのだ。ジュカは歴史にその存在を刻んだのだ。』

ダーシャは何も言わなかったが、彼女の思考は安息を取る事はなかった。師アドラナスはかつて彼女にこう言った。智慧は変化の必然性を重んじる。しかし、今に至ってさえ、彼女は彼の言葉を拒否した。ミーアは輪廻転生の真理の上に精神的な支えを築いてきた。ダーシャは人々が再び現れるであろう事を解っていた。彼らの姿は奇妙かもしれないが、魂は消え行く事はない。彼らはいつも前を見ている事であろう。しかし、彼らは背後に横たわっているものを決して恐れないに違いない。

それが智慧の本質なのか、と彼女は疑った。その教訓はとてつもない犠牲を生んだが、もしかしたら先祖達自身もこの運命の道連れだったのかもしれない。彼女の考えでは彼らの動機までは判断がつかなかった。彼女はただ前方を見遣り、決して二度と恐れる事はないであろう。

偉大さは時間により泡沫へと帰すが、栄光は忘れられる事は無い。古き時代の風は、とても静かに過去を歌う。








7:50 2017/05/28

by horibaka | 2017-04-01 07:48 | その他 | Comments(0)