excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

2017年 03月 15日 ( 1 )
BNNアーカイブ 不吉な予感

ワールドニュース [戻る]
不吉な予感

投稿日:2001年6月22日


全シャード
死体を突っついていたカラスの一群は、騎士に追い払われると怒ったようにバタバタと羽ばたき、夜空へ舞い上がっていった。旅のキャラバンを襲った動物、あるいはモンスターの痕跡を探すため、彼が近辺を調べていると、死体の傍らに泥にまみれた斧を発見した。

『オークですね、閣下…。』その騎士は斧を高々とかざし、若いリーダーに向かって自分の結論を報告した。実際には『閣下』という呼びかけは、呪いの言葉のようにかすれて、若い貴族出身のリーダーの耳にはほとんど届いていなかった。

ジャーヴィスはこの場の不快感をなんとか隠しながら、声の主に振り向いた。彼は死体をこれほど近い距離で見た事はなかった。地元の領主を父に持つ息子として、つい最近騎士達への命令を下す立場に就いただけの事なのだ。しかしわずか数名を除いて、尊敬など払われていない事を認識するだけの賢さは持ち合わせていた。騎士たちは、彼の耳に入る事を知りながら、毎日のように大声で嘲りを続けているのだ。それでも彼は、この二週間続けられているあからさまで屈辱的な中傷に対して、決して弱さを見せまいと決心していた。何としても与えられた仕事をやりこなし、その過程で彼らからの尊敬を得るのだと。

ジャーヴィスは不安を退けて、生存者の気配を探し近辺の調査を続けた。調査を終えた時には、虐殺が完膚無きまで行われた事は明らかだった。誰一人として襲撃から逃れる事はできなかったのだ。コーブへの援軍として派遣されたキャラバンが全滅させられている。あたりには胸を突く死臭が漂い、ジャーヴィスは自分が正気でいられる事を祈りつつ、膝をついて足元の死体を調べ始めた。彼は近づいてきた足音に顔を上げた。それはパーティーのレンジャーだった。実際のところ、唯一人パーティーで気に入っている男だった。

『鎧に開いた口、その奥の足の傷を見てください。オークはこれほど強力な傷を残す事はできません。』レンジャーは若い貴族の心の中を読んでいるかのように語った。

ジャーヴィスもこれには気付いていた。実際のところ傷口はすべて小さく、突き刺したり鋭利な刃物で切り裂いたような痕で、オークの斧でできる大きな切り口や、棍棒で殴ってできる大きなへこみではなかった。ジャーヴィスが一人頷くと、レンジャーは話を続けた。

『恐らくブリガンドの一味でしょう。オークにしては攻撃が正確過ぎます。』

『ダスティン、しかしこの辺りではブリガンドは昔から見られていない。それに奴らは単に食料を狙って人を襲う事はあっても、このような大虐殺をするとは信じ難いと思わないか?これはブリガンドの仕業などではなく、誰か…、いや何か別の原因によるものだろう。』

ジャーヴィスは父の望んでいた、そして半ば強制的に就かされた騎士への道ではなく、追跡者や調査員になる事を夢見ていた。紳士気取りの父の言う「一般の人々」として、厳しい訓練に明け暮れる戦士とは別の道を歩みたかったのだ。

肩に掛けられた手にジャーヴィスの思考はさえぎられた。彼はレンジャーの方を向くと、自分の推測が否定されるだろう瞬間を待った。もちろん、こういった分野はレンジャーの方が専門であり、自分は単なる貴族なのだ。自分の考えなど誰も聞き入れてくれるはずもないだろう。レンジャーはそれに反して、合点がいった様な表情で頷き、軽く笑顔を見せた。

『素晴らしい、あなたはレンジャーの才能をお持ちです、閣下。』

ジャーヴィスはダスティンの言葉に喜び、またそれ以上に驚きながら、ダスティンの方でその物音がした時には、踵を返し騎士たちを呼ぼうとした所だった。ジャーヴィスは物音に気づきダスティンを見た。レンジャーの目は大きく見開かれて、その唇は何かを告げようと動いているものの、声は出ていなかった。ダスティンの顔から胸に視線を落とすと、そこには彼の血に濡れた槍が突き出ていた。ダスティンはそのまま膝をつき、槍を突き刺したまま地面に倒れこんだ。ジャーヴィスは急いで助け呼びに道を戻りかけたが、その目に入ったものに身動きが取れなくなってしまった。奇妙な姿をした人間の集団が、騎士たちに猛然と襲い掛かっていたのだ。

ついに敵はその姿を現した…。

18:35 2017/05/11



by horibaka | 2017-03-15 18:34 | その他 | Comments(0)