excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

2017年 03月 14日 ( 1 )
BNNアーカイブ 今日のご馳走

ワールドニュース [戻る]
今日のご馳走

投稿日:2001年6月15日


全シャード
Grulaは尻を掻きながら、その暑さに唸った。暑すぎる…、しかも彼女は腹が減っていた。もう何時間も前に、人間どものキャンプそばから食べ物と果実酒を調達してくるよう、スカウトの1人に頼んだはずだが、その間抜けなスカウトは一向に帰ってくる気配がない。死ぬほど腹が減れば、オークの習性として手当たり次第に何でも狩ろうとするだろう。いわば危険な状態である。

再び、何百回となく視線をくれた小道の方を振り向くと、彼女の耳に物音が聞こえてきた。やっと帰ってきた!期待していたオークスカウトは茂みから猛スピードで駆け込むと、狂ったように激しく息をした。

『私の食べ物はどこ?私の飲み物はどこ!?』彼女の声は乾いた熱気のせいか、しわがれていた。

駆け込んできたオークは一瞬混乱した様子を見せたが、ようやく異変に気付いたようだ。

『メシ、ない!人間追っかけて、殴った。人間死んだよ!』彼は今来た道を指差していた。

『イモ付いた石、飛んでぶっかる!ぶっかる!』彼は大袈裟に身振りを示すと、よろめいて疲れたかのようにそのまま倒れこんでしまった。

『人間、ぶっかったよ。4本足から落ちた!』

Grulaはしばし喉の渇きを忘れようと努めた。

『イモ付き?石?誰がイモ付き石を持ってた?』

Grendulと呼ばれるそのスカウトは、体中についた泥を気にすることもなく不器用に立ち上がった。

『知らない。おいらはいつもの飛び道具だと思った。でも飛び道具には石なんかない。たぶん違う。殺すんじゃなくて、4本足から人間落とすだけだと思う。後で殺すけど、それで殺すんじゃない。』彼は急に言葉を止めると辺りを見回した。

『疲れた。のど乾いたし。』Grulaが唸りながら空のカップを投げると、彼はしゃがんでそれを受け取った。

Grulaのように戦う女性オークは稀だった。彼女は料理の腕が最悪なことに定評があり、料理鍋に近づく事さえ禁じられていたのだ。そして彼女自身の体臭は、繊細に言うならば、オークキャンプで出会った大量の花とスパイスの絡み合いと言ったところだろうか…。彼女にとって、スカウトとしての偵察行動は楽な仕事だった。 友達はほとんどおらず、多くの時間を一人で、偵察行動の為に隠れて過ごした。特に監視すべきものは見当たらないが、全てのスカウトには、「なにか」に注意しておくよう命令が下っていた。監視すべき物とは一体何なのか、彼らにはわからなかった。彼女を含むスカウトが唯一理解しているのは、監視すべき何があるにしろ、それが友好的な物ではないと言うことだ。

少し離れた場所から、乗用動物にまたがった複数の人間達の戦う声が急速に近づいてきた。彼女はさっき投げたカップを、まだ地面に座り込んでいる元気の無いスカウトからひったくり、思いっきりカップで頭を殴りつけた。

『隠れなさい!人間来るよ!』彼らは草むらに駆け込むと、戦う男達が駆け込んで来るのを期待して息を潜めた。

耳を傾けている限り、その人間達は明らかに、戦っている相手に苦戦を強いられているらしい事がわかる。悲鳴が空気を切り裂き、戦いの場が近づいているものの、人間達の声は次第に少なくなってきている。

やがて隠れている草むらの向こうに、乗用動物にまたがり、パニックで顔を引きつらせた人間が視界に入ってきた。Grulaは飛び出して行こうかとも考えたが、ブンブンと唸るような音を聞きつけて思い留まった。次の瞬間茂みから何かが飛んで来ると、人間の首に巻き付いて、その勢いで彼は地面に叩きつけられた。彼の馬はすでに全速力でその場から走り去っていた。

Grulaは、落馬で目眩を起こしている人間が、ゆっくりと立ち上がるのを黙って待っていた。一体何が起きたのかよくわからないが、彼女は決してその武器を持つ相手と対面したいとは思わなかった。幸いにもう片方のスカウトも、近くの茂みで同じ事を考えているようだった。その後、何かが姿を現してその人間に襲い掛かることはなかった。恐らく、彼を襲った敵はすでに別の場所へ移動したのだろう、彼は安心して瓶をバックパックから引っ張り出すと、底を空に向けておいしそうに中身を飲み始めた。

『やつ、飲み物持ってる!』Grulaの傍らのオークは、まるでビンに催眠効果でもあるかのように見入っていた。

『食べ物、ない!』

ついにGrulaも誘惑に負けたようだ。

『あいつ、鍋に入ると思う?』

『チョッパーに頼んだら、入るよ!』彼は興奮気味に囁いた。

その晩、オークたちはご馳走に舌鼓を打つことになった…。








5:36 2017/05/10

by horibaka | 2017-03-14 05:35 | その他 | Comments(0)