excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

2017年 03月 11日 ( 2 )
ホワイトハウス・ダウン



2017年3月11日(土)






          ◆ 北斗シャード ◆




目覚めるたびに、見慣れない世界になっていく。。。





コールドスリープから目覚めた宇宙飛行士も、
きっとこんな気持ちになるんでしょうね。





なに、コレ?
e0068900_13382932.jpg

新着情報?w





これってGPで買えるのかな?w
e0068900_13384383.jpg

どちらにしても、お金無いからカンケイないですねw





ふう~
e0068900_13385559.jpg

シャバの空気はうまい。





久しぶりのログインなので、発声練習をしておきましょう。
e0068900_1339717.jpg






今夜は北斗でお祭りがあると聞いてやって来ました。
e0068900_13394349.jpg






会場は禅都です。
e0068900_13395642.jpg

e0068900_134017100.jpg

時間が早かったのか、まだあまり人がいませんね。





ひと眠りして、もう少し後で来てみましょう。
e0068900_13403243.jpg






これは置きルーン?
e0068900_13405833.jpg






ルーンがあったら、
とりあえず飛んでみるのがブリタニアンの性(さが)。。。
e0068900_134888.jpg






お店のようだけど、ココどこですか?w
e0068900_13413188.jpg

帰ろうとしたら。。。





ゲート消えたしw
e0068900_13415883.jpg





コネロスだしww
e0068900_13421381.jpg





北斗、落ちてるしwwww
e0068900_13422565.jpg












e0068900_13425197.jpg
by horibaka | 2017-03-11 22:11 | 北斗日記 | Comments(2)
BNNアーカイブ 倒れ行く同志

ワールドニュース [戻る]
倒れ行く同志

投稿日:2001年5月25日


全シャード
Gebrekのハンティングパーティーは、太陽が空に高く届くほどの時刻まで、森の中をさまよっていた。野営地に戻ったとき、その視界に入った光景に、彼は唖然として膝を落としてしまった。野営地には鮮血が飛散し、胸に突き刺さった長い槍を両手でつかんだ死体を含め、20体以上もの同志の生々しい姿が横たわっていたのだ。そんな中でもテント類はキャンプファイアーと同様に無傷のようだ。彼は膝を落としたまま、これほどのオーク戦士の群れを一瞬にして倒すことができるのは、一体何者なのだろうかといぶかった。背後のパーティーが互いに唸るようなトーンで会話を始めると、Gebrekはこの状況下で自分が唯一の新しいリーダーのポジションにいることに気付いた。振り向くと、喉頭音に近い命令をパーティーへ向けて発した。

パーティーは野営キャンプ全体に散開すると、Gebrekが具合の悪そうなため息をついた。オーク族は年齢に関係なく常にパワーを持つ者への服従を誓うことは分かっているが、それでもGebrekは神経質になっているようだった。年上のパワーリーダーからの訓練もないままリーダーの一員となってから、まだそれほど太陽が空に昇っていないのだ。そして、彼が魔法を使える優れたオークとして仲間から十分に認められるためには、いくつもの季節を越えていなければならないはずだ。言ってみれば修行中の身、それにも関わらずパワーリーダーとしてパーティーの最高責任者となってしまったのである。

何故こんなことになってしまったのだろう?以前にも増して年端の行かない若いオークが、戦士や魔法使いの称号を持つようになっている。若者達を駆り出さねばならないほど、そして若者達を使ってまで守らねばならないほど、我々オーク族は危機に瀕しているのだろうか?そして彼は、魔法を使うオークが戦士のヘルメットを前に、何らかのパワーを封じ込めている光景を思い出した。Gebrekは未だかつて、オークメイジがオーク戦士のために魔法を使うことなど見たことがなかった。そして、戦士達もその魔法の使い方についても聞くことはない。彼らは基本的に誇りが高く、互いを必要ともしていなかったのだ。

彼のパーティーの半分のオーク達は、戦士と呼ぶには若すぎ、そして要塞から離れる年齢でもなかった。経験の少なさから戦闘に恐怖を覚えるなどもってのほかだ。戦いから逃げるオークなど聞いたこともない。もちろん、そのことで彼らを責めるつもりはない。振り返ると、怯えた目つきの若いオークロード達がいた。彼らは野営キャンプで横たわる仲間も装備していたはずの、パワーを封じ込めた新品のヘルメットをかぶっていた。恐らく、ロード達を倒した者は、容易にその新しいヘルメットを入手したに違いない。

Gebrekは何か使えるものがないか、キャンプ周辺の死体の間を歩き回り調査を続けた。どうかこれらの死体が若いオーク達の恐怖を煽らないように祈りながら…。やがて…キャンプファイヤーの周りには物資の山が築かれていった。Gebrekは物資のことではなく、すでに次の思考に移っていた。ロードの集団を一掃した奴らにしてみれば、自分の率いている若いパーティーなど容易に撃退できる考えるだろう。攻撃は始まれば、若いロード達に勝ち目はない…。

若いオークがGebrekに近づくと、おもむろにオークの顔に似たものを差し出した。Gebrekは振り向くと、興味深げに首をかしげた。周りを見回しても、顔を失ったオークの死体はない。気の進まないまま、震える手でその顔に似た何かを受け取ると同時に、思わず「それ」を地面に落としてしまった。それは顔ではなかった、そしてパワーを帯びていたのだ。オークにこんなことをする力はないはずだ…。

彼は再び野営キャンプを見渡した。最強のオーク戦士達はもがくこともできず、すでに息絶えている。神秘の力を秘めた仮面、姿を見せぬ殺戮者達、Gebrekは心底恐怖を感じていた。何かが確実にオーク族を破滅の道へ向かわせている…。しかも、その時は刻々と近づいている…。



by horibaka | 2017-03-11 07:58 | その他 | Comments(0)