excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 暴かれた悪

ワールドニュース [戻る]
暴かれた悪

投稿日:2005年4月27日

Ailsa Maclean, Peripatetic Bard
全シャード
評議会を治めておられる紳士淑女の皆様にご挨拶申し上げます。
私はある出来事の証人であり、本日皆様には私の心に恐れをもたらしたその出来事を物語りましょう・・・。

あの日、レディ・イヨナ(Lady Iyona Kondo)が市民に呼びかけているという噂を聞きつけて、私を含む多くのブリタニア市民達は城へと向かいました。急ぎ向かったその先では、クレイニン (Lord Clainin)、イヨナ、そしてオドリック (Odric) が姿を現しました。オドリックは困惑の面持ち、しかしながら他の二人は厳格な面持ちでありました。

「評議会の集まりだと聞いて来たのだが」オドリックは疑い困惑の目を二人に向けました。

イヨナは進み出て言いました、
「私達はこの集まりを市民の皆さんの前で行う必要があると考えました。そう、これからする事が終わってしまう前に。」

「『評議会の集まりがある』と言うから来たのだよ。他の評議員はどこに居るのかな?」

オドリックの声は大きく響き、しかしその響きには弱さがありました。今思い返すと、彼は何かを感づいているようでもありました。

クレイニンが進み出て、私達市民にに向かって言います。

「皆、エレインが病気病魔に侵されたになったときのことを覚えているか?」
「あの時は絶望したよ・・・私たち我々では彼女を癒すことが出来なかった。そこへ彼が現れて、ミナックスが持っていた自分の家宝を手に入れる事と引き換えに特製のポーションでエレインを救ってくれた。オドリック、あの時の君の手際には今でも感心させられるよ。」

「それを私の手柄というならばそう言ってもらって結構だ。」
オドリックは憮然として呟きました。

イヨナとクレイニンはその声を無視するかのように続けます。
「これも大分前のことになるが・・・、あのキーワナンが捕らえられたときのことを覚えているかな?あの時も、Mondain’s Embraceを持つミナックスのところまで導いてくれたのは・・・

オドリック、君だったね。ここに集まった皆の中にはあの作戦に参加した人もいるだろうから確認するまでもないか。

そして・・・結局そのMondain’s Embraceを手にしたのは誰だっただろうか?」

「なんて便利だったんのでしょうね?」
イヨナは冷たく、オドリックをにらみ睨みつけて言いました。

クレイニンは続けて言いました。
「それ以来しばらく私達がオドリック君を見かけることはなかった。
しかし最近になって、また君は現れた。マラベルとの会合を設定した、という貴重な情報と一緒にね。」


「ええ、そしてその結果!」
語気を荒げてイヨナは言いました。

「私達はマラベルの家が荒らされているのを発見し、そして彼女が殺されているのを見たわ。
これまでの出来事はなにもかも全部てあなたに都合が良すぎるのよ、オドリック!」

「何を言いたいのかな。全て評議会の力になろうと思ってした事だったのだが。私はあなたたち君達を手助けし、そしてブリタニアを救おうとしているのではないか!」

そうオドリックは冷笑を浮かべながら言葉を返したのです。

すぐさまクレイニンは私が想像もしないようなことをその口から放ちました。
「君には何か別の思惑があるのではないかね?」
と。

オドリックはその顔になおも笑みを浮かべて・・・、私も実を言うと笑いそうになってしまいました。誰がそんなとっぴな言いがかりを信じるでしょう? 私の周りの人々もざわめき立ちました。と同時に、玉座の間の空気が徐々に張り詰めてつくのが感じられます。

「何だって? 何を根拠にそんなことを言うのだ。 話があるからとわざわざ来たのに、こんな言いがかりをつけられるとは。君達とは良い関係を築けると思っていたのだがね。」

オドリックの顔には笑みが浮かんだままでした。でも私は、彼の目が玉座の間の出口を見ていることに気がついたのです。

私の周りでは「彼は反逆者だ!」「なぜそんな言いがかりを!」という声が飛び交います。クレイニンは無表情にで前に進み出ました。彼がイヨナに目配せをすると、イヨナは大きく頷き返しました。両腕を頭の上に高くあげると、クレイニンは強張った声でオドリックに声を掛けました。

「やましいところがないのなら、そこを動かないでくれ。」

そして力で満たした声を発したのです。

Vas Wis Quas

突然、玉座の間の空気が魔法の力でいっぱいになりました満たされ、そして、驚くべきことにオドリックがその姿を変えていったのです・・・見るもおぞましい姿に! 玉座の間にはどよめきが走り、あちこちで混乱が起こりました。

Kal Ort Rel

影は群衆をかき分け玉座の間の後ろへと群衆をかき分けていき、道を塞ぐ人々の間を難なく避け、巧みにすり抜けていきました。

人々は一斉に彼の後を追いました―この人々をもってして、どうやって逃げおおせることが出来るでしょう。しかしながら不運なことに、その影そのものといってよい姿は私達の手に余るものだったようです。私や他の市民達は必死に彼を追いましたが、その余りの素早さに遂には彼の姿を見失ってしまいました。

何分かの実りの無い捜索の後、イヨナと私達は王城へと戻ってきました。
影の行方について話し合いがなされているその時、伝令と名乗る男が息も絶え絶えに走ってきました。怪しい人影がコーブに向かっていったというのです!
オークどもが占領するコーブへの追跡にクレイニンは難色を示しましたが、結局イヨナと私達はコーブへと大急ぎで向かうことになりました。

もちろんのこと、私達はコーブがオークたちでいっぱいなのを目にし、ここに再びオークたちとの戦いの火蓋が切られました。この度の戦いにおいてもイヨナや冒険者達は素晴らしく勇敢に戦い、オークたちの数は少しずつ減っていきます。

激しい戦いの中で、私達の目は影のような姿の人物を捉えました。あの男です!
彼は切り立った岩山の上から私達を見下ろし、あざ笑っていました。

「少し遅かったな」その影は氷のような笑い声を周囲の山々に響かせました。
「私の名はラムズ、オドリックは仮の名だ・・・。」
「貴様らに混沌の怒りをもたらしてくれよう!貴様らの血はその脈を焼き、その骨は塵と化すだろう!ブリタニアよ、覚えておくがよい―貴様はその胸中に新たな蛇を巣食わせたのだ!」

突然、聞いたこともないような恐怖と憤怒の入り混じった叫び声が人々の間から上がりました。
私が振り返るとそこには見るもおぞましい野獣が戦士達を跳ね飛ばし、人々に襲い掛かっていました。そして・・・ラムズと名乗った黒い影はその戦いの最中、いつの間にか姿を消していました。

凄まじい戦いの後、野獣は倒れました。 同時に私達は、コーブに久し振りの静けさが戻ったことに気が付いたのです。斬っても突いても次から次へとやってきたオーク達は、今はもう見渡す限りの屍となっていました。

私達は当然のことながらこの予期しないコーブの解放に喜び沸きあがりました。それはまるで受けた傷が徐々に癒え始めていくかのような輝かしい一歩でした。
すると突然、イヨナの声が聞こえました。「あら?これは一体何かしら・・・?巻物・・・?」

そこへロイヤルガード司令官のエレイン(Elain Bayfery)がかのクレイニンから話を聞いたと息せき切らせて駆けつけてきました。

「イヨナさん!皆さん!無事ですか!?」

エレインとイヨナ、私達はお互いの無事を喜びあい、そしてコーブの解放を祝いました。イヨナはこれまでの経緯をエレインに話すと共に、先ほど見つけた巻物を手渡して示しました。

「オドリック、いえ、ラムズと名乗りました・・・が逃げる時に落としていったものだと思います。私には全くなんと書いてあるか解読できません・・・」イヨナは残念そうな様子でした。
「クレイニンに見てもらいましょう。」エレインの顔にもまた『解読できない』と書いてあるようでした。
その後、私達は再び静けさを取り戻したコーブを後に、キャッスル・ブリタニアへと凱旋を果たしたのです。

そして私は家路につき、こうしてペンをとりました。
高貴なる紳士淑女の皆様、本日起こったことをここにお知らせ申します。私の望みはクレイニン
が巻物を解読し、かわいそうなマラベルがいつの日か報われる日が来ること、ただそれを願っています。

従順で謙虚なしもべ、
Ailsa Macleanより








21:40 2017/08/07

by horibaka | 2017-06-24 21:38 | その他 | Comments(0)
<< 時代おくれの酒場 あゝ野麦峠 >>