excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 絶望のダイゼン -Treasures of Tokuno-

ワールドニュース [戻る]
絶望のダイゼン -Treasures of Tokuno-

投稿日:2005年2月1日


全シャード
永遠とも思える数時間が過ぎて、ウェイ(Wei)はいまだにショックから立ち直れなかった。

警鐘の音に驚いて目を覚ました彼女は、窓際に駆け寄りまだ眠気でぼうっとする眼で窓の外を見つめた。路上にはいくつも人影があり、黒っぽい服を着た姿が路傍の灯に照らされて行き交っていた。
尋常でない雰囲気の恐怖に凍りついたウェイは、力の抜けた脚を踏ん張って急いでカーテンを閉め、小走りで光の届かない部屋の隅へと姿を隠した。

そして今ぼんやりとした朝の光の中、長時間からだを縮めて身を潜めていたために麻痺したその脚を震わせながら玄関の上がり段に立ち、ウェイは禅都にもたらされた大虐殺の痕を見渡していた。

夜の闇にまぎれてもたらされた混沌の痕を…。





普段からひねくれた言動を好むゴズ(Gozu)は、「ゴズと海は油断がならない」という比喩を喜んで受け入れていた。

禅都の宝物庫からくすねてきた財宝を、彼の手下の者がせわしなく船に積み込む間に雷雲はいよいよその厚みを増していた。出航してまもなく、岸に寄せて安全な船着場を探した方が良いと言った船長の助言を無視したことを後悔していた。

禅都の港からの追っ手を振り切り、猛烈な勢いの嵐の中を必死にくぐり、ゴズは待ち合わせの地点目指して際どい角度で西に向かって航行するよう船長に命じた。
荒波がまるで大砲のように激しく船体にぶつかる度に彼の信頼する手下ですら反抗的な思いを抱くようになっていた。こんな嵐に巻き込まれるくらいなら、禅都の軍勢と戦う方がましである。


ゴズは思った。

反逆者はこうした後知恵によってのみ、その存在が認められるというものである。

もしも彼の企みが成功すれば奪った財宝はクランの強化に役立ち、やがては徳之諸島全体を支配できるであろう。そして彼は、のけ者ではなく英雄の名を勝ち得るのだ。

彼の主は賢い人であったが、財宝を破壊しようという主の提案は傲慢で現実離れしており、役立たずの伝統であるとゴズは反論した。ハンザギリ(Hanzagiri)が権力の座についていた頃はよかった。つまるところ歴史は勝者によって書かれていくものではないのか?

ゴズは主が彼にこっそりと女帝の軍隊を使ってくれと頼みこむのが目に見えるようだった。ゴズは彼の主とそのクランの為に反逆者となるのだ。彼は英雄として死ぬだろう。彼の犠牲が再びハンザギリをこの徳之諸島の王座に座らせるのだ・・・。





ハンザギリ ダイゼン(Hanzagiri Daizen)-ハンザギリ クランの首領にして元徳之諸島の王座の継承者-は誉島の海岸の磯辺で苦悩していた。もうこれで九日目の朝である。

彼の心は今回の女帝に対する大胆な企みのために疲れきっていた。
彼は、ゴズが無事に帰ってくることにわずかな望みをかけていた。彼の息子たちは役に立たない者ばかりで、ゴズだけがハンザギリの未来を託すに足るだけの蛮勇さを持ち合わせていた。

ダイゼンは盗賊ではない・・・利益を求めて財宝を盗んだわけではなかった。
むしろ目的は、国民の目前で女帝を・・・さらに重要なのは貴族たちを貶めてやることだった。自分の金庫を守れない者に、臣民を守る力があるだろうか?

ハンザギリは強烈な打撃を与えることに成功した。しかしゴズとその手下は行方が知れず・・・。ひょっとしたら死んでしまっているかもしれない。
そうなるとクランにとっての報酬はなきに等しい。恥をかくだけである。

ダイゼンは毎日水平線に目を凝らす。毎日欠かさず。しかし結果はいつも同じ。戻ってくる船団も部隊もない。苦々しく思いながら坂道を登り、元大名は供の元へと戻る。

名もなき海岸・・・激しい嵐によって打ち寄せられた金銀財宝が波に洗われて何が起こるかわからない未来を待ち続けていた。








21:38 2017/08/07

by horibaka | 2017-06-23 21:36 | その他 | Comments(0)
<< 夢追い酒 姫泣かせ >>