excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*

王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---ギルド・情報・その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 最後の希望

ワールドニュース [戻る]
最後の希望

投稿日:2001年10月7日


全シャード
誰に聞かれても構わない。苛立ちを隠せないそのガーゴイルは壊れたピックアクスをトンネルの壁に投げつけた。三日三晩掘り続け、彼の体力はその斧と同様に疲れきっていたのだ。トンネルの壁に背中をもたれ、自分自身を落ちつけようとしていた。

床をぼんやりと見ているうちに、彼の思いは、残してきた物へと移っていくのであった。彼らはその過酷な運命には似合わない、気のいい人種だった。だが、思いつく限り人生とはこんな物だった。征服前の時代については長老のガーゴイルたちしか知らないのだ。今となっては、そんな時代はまるで寓話のようなものであり、自由な人生など彼には想像を超えた物なのだ。

自由なんてありはしないのだ!彼はひどく深刻に考えた。あるとすれば、力のあるものだけのための物だと。しかし、すぐにそのようなことを考えた自分を呪った。そして開いた手のひらにこぶしを打ちつけると一人唸った。違う!もう一度故郷を取り戻す方法があるはずだ。彼は本来であれば幸せであるはずの人生をこんな物にしたままにしておきたくはなかったのだ…。

彼と同様に穴を掘るものたちがいることも彼は知っていた。脱出への希望を抱きながら、救助の希望を抱きながら…。その昔、追手を逃れて別の地へ渡った仲間たちがいることも知っていた。コントローラーたちの会話を盗み聞きしたところによれば、奴らはどこかの地で敵と戦っているらしい。汚らわしい生き物と目されているその敵を自分の兄弟たちであるとは考えていなかったが、それでもモンスターとして富と名声のために遠い地で虐殺されているのだ…。

選択肢など無い、何かしなければならない。それこそが最後の望みだった。

リーダー達は、無限の広さを持っているとも思われる山々をつらぬく道が見つかることを期待しながら、特定の場所を掘るためにガーゴイルたちの小さな集団を組織していた。強い羽根があるにもかかわらず、いかなるガーゴイルも山頂を超えることはできなかった。かつてごく少数の者が挑戦したが、帰ってくることは無かったのだ。過去のいくつかの挑戦から、ガーゴイル達は全員それが無理であることを悟っていた。山に吹く風は彼らの命を奪っていってしまったが、少なくともその者たちは今自由であろう。ガーゴイルは小さな笑みを浮べ、その勇敢な、向こう見ずな友人に静かな祈りを捧げるのであった。

彼はたった数日前まで、彼と共に穴を掘ってきた友人達のことを思い出していた。彼らはコントローラーに捉えられたのだ。しかし、幸いなことにコントローラーの下僕達は洞窟の入口を見つけるには至らなかった。ガーゴイル達はどんな運命が待っているか分かっていたし、その運命について考えると身震いした。彼らは恐らく町に連れ戻され、そして誰であるか、何のためにそこにいるかさえ分からない存在にされてしまうのである。下僕達はてきぱきとその仕事を行う。’再教育’(彼らはそう呼ぶのだが)されたいかなるガーゴイルも、以前の状態に戻ることは無い。彼らは今となっては、喜んでいかなる命令にも従う忠実なコントローラーの軍隊の戦士であり、何のためらいも無く他のガーゴイルを殺すであろう。

そんなことはガーゴイルへのプライドへの究極の侮辱である、そんな風にそのガーゴイルは考えていた。しかし、このような時代にこそ、そのプライドも飲みこんでおかなくてはならない。ガーゴイル達は何度も都市の奪還を試みたが、いったんメイジ達が彼らの親類を使って攻撃を仕掛けると、ガーゴイル達には、なす術が無かった。そのガーゴイルは先の戦いを思い出す度に、その表情は硬くなる。

今でも忘れることはできない。彼は3人の親類を殺してしまったという嫌悪の念に常に駈られているのだ。しかし、もはや手のつけられる状態にではなかった。彼らの苦しみから解放してやるにはそれしか選択肢がなかったのだ。そのことはいまだに彼の心を痛めつけ、怒りで一杯にするのだった…。

かつての高貴なガーゴイルの街に、まるで昔から自分達の物であったかのように居座っているコントローラーたちのことを想像すると、彼の怒りは強くなった。掃き清められた階段、美しい彫刻、大理石の道、そして忘れられないくらい美しい塔。これらは全てガーゴイルの物であり、あの薄汚い生物の物などではなかった。拘束から逃れるために常に隠れて暮らし、荒野の中で育ったので、彼は本当の故郷としてのその街を知らなかった。しかし、心で、魂で、彼はその不思議な街が自分達の住むべき所であると感じていた。

囚われの身となっている彼の親類、赤いローブのメイジ達に荒らされたかつての美しい都市、主人と呼ばれるもののために意志の無い雄蜂にまでおとしめられた誇り高いガーゴイル達に残された物、全て彼には耐えられない物であった。

彼は立ち上がり、そしていままで掘ってきた壁を握りこぶしで強く叩いた。突然、岩が唸るような音を立て、彼は驚いて飛び退いた。壁が崩れると眩しい陽光が注ぎ始め、その眩しさに彼は目に手を当てなくてはならなくなった。そのガーゴイルは忘れ去られた土地への入り口を前に呆然と立ちすくんだ。余りにも多くの感情に満たされたために、呆然と立ちすくむことしか出来なかった。

トンネルは貫通した。しかし、助けは到着するのであろうか…。








6:07 2017/05/17

by horibaka | 2017-04-28 06:06 | その他 | Comments(0)
<< 櫻子さんの足下には死体が埋まっ... BNNアーカイブ 戦いの報酬 >>