excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*

王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---ギルド・情報・その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 呪われた遺跡

ワールドニュース [戻る]
呪われた遺跡

投稿日:2000年10月19日

Nalin Wren
全シャード

原生林との格闘、そしてと地下に眠る恐怖へと続くDelucia東方への旅が始まり、すでに数日間が過ぎていた。人生には時として忘れられぬ場面が訪れるが、恐らく私はこの悪夢の体験を永遠に忘れることはできない。だが、この巻物にこうして記録をつづりながらも、今回の冒険もやがては人々の記憶から消え去るのだろう。ある者は勇気に駆られ、ある者は欲に目がくらみ、またある者は単に愚かさから同じ道を辿ろうとするかも知れない。多くの者は謎の地を探ろうと思うに違いない。そして最悪なのは、地下深くに眠っているその力を解き放とうとする者もいるだろうことである…。

それは古代文明の研究で知られる、Lorn Teleras博士により提出された古代遺跡の発見にまつわる調査報告書が発端であった。ロストランドと呼ばれる地域で最近起きた地震により、Delucia東部で古代の遺跡が発見された。博士は、蛇族あるいは蜘蛛族の古い植民地跡であると当初は推測していたのだが、発掘を進める過程で姿を現した建築物は、確かに蛇族、蜘蛛族時代のそれと共通点を持ってはいたものの、その石細工はいずれも博士がこれまでに目にしたことのないものであることも事実だった。私はこの部分に大いに興味を惹かれ、Deluciaを訪れて博士の助手、Deren Illumに面会することとなった。我々は真新しい発掘道具をラマにしっかりと荷造りすると、現場のある東へ向かってほぼ丸2日間の旅路へと出発した。

Lorn博士は現地にテントと小箱だけの小さなキャンプを設営していた。よく見ると、繊細に造形されたいくつかの壺が木枠で囲まれていたが、別の言葉で呼ぶならばそれはアンティークと言うべきだろう。それぞれの壺には絵柄が塗られていて、スケルトンと思われる図と一緒に不思議なシンボルが描かれていた。私が目を引かれたのは、長い5本の腕がそれぞれに絡み合って伸び、一方に頭蓋骨、もう一方には血に染まる剣が握られている。その不気味さに私は身震いを覚えると同時に、何者かがこの場から立ち去ることを私に命じているかのように感じた。肩をすくめてその妖気を払いのけると、私はさらに発掘現場の視察を続けた。

発掘現場の中心にたどり着くと、そこには先日の何度かの地震で隆起した地面の割れ目が姿を現していた。石造りの階段が山肌へと続き、その先の壁には当時の入口があったと思われる部分に柱だけが残っている。調査員たちは内部へ通じる入口を何とか見つけようと、念入りに瓦礫を取り除く作業を行なったようだ。当時の扉も部品を組み合わせる修復がほぼ終わろうとしていた。私はそれら石のブロックが完全に修復された部屋の姿を想像することができたし、のちにLorn博士はこれを神秘的なエリアと呼んでいる。複数のブロックで構成されたそのシンボルは、Delucia近辺の廃墟や丘の上のパラディンホールでも目にすることのできるものにも似ていた。そしてブロックに刻まれた傷の多くは、まるで敵対心を表すために付けられたようにも見える。一部の調査員は古代の扉のシンボルを見た時点ですでにわずかばかりの不安を覚えていた。そのうちの数名と実際に話をする機会を得たが、彼らはDeluciaに古くから言い伝えとして残る伝説に怯えているというのだ。中でもSelhimと呼ばれる男は、人々の記憶から薄れかかっているこの言い伝えを、他の者よりは正確に覚えていた。長い時の流れの中で神話と伝承の詳細は定かではなくなっていたが、彼は次のように物語を聞かせてくれた。


『ええ、この場所の起源については少しは知っていますよ。蛇と昆虫が地上に現れて戦いを繰り広げるようになるはるか昔、邪悪な何かが人間に乗り移ったという物語が存在していたことに間違いはありません。物語に登場する主役は人間の姿をしていながら、その心は悪魔だったのです。彼は巨大な洞窟で命を絶やしながらも、永遠にその魂は生き永らえていると伝えられています。奴が命を落としたのは「聖なる力」だったとも言われています。これだけでは大した調査の情報にもならないでしょうが、もう1つお話できることがあります。別の物語なのですが、財宝を求めて冒険に出たあるグループが二度と戻ることがなかったという話があるのです。これは150年も前の事ではありません。「財宝の墓」と呼ばれる場所の発見という噂を確かめるため、30名ほどの調査員がDeluciaから旅立ったのです。その1人として帰ってきたものはなく、さらにそれを捜索するための別グループが奥地へ送られたらしいのですが、まるで山々が30名を丸呑みしてしまったかのように何の手がかりを得ることもできなかったそうです。様々な憶測が飛び交い、多くの者は蛇族に襲われて切り刻まれしまったのだとされています。蛇族は確かに脅威ですが、一部のものは財宝に目のくらんだ罰だと言っていますよ。敵が誰だったにせよ、私もこの意見に一理あると思いますね。』


これらの物語は興奮と消沈の両方の気分を味あわせてくれた。Selhimの呪われた男の話は、まゆつばかも知れないが、私の視線を古代の壺に戻させるだけの効果はあった。壺に描かれた何かが息を吹き返し、私をあざけるかのように思えた。背筋には凍りのような冷たさが走り、私は再びその妖気を追い払わねばならなかった。調査員たちの疲労に気付くと、Lorn博士は休憩を命じた。皆で食事を摂り、全員で眠りについた。眠気が私を夢の淵まで引きずると、すでに大地は目を覚ますところまできていた。








5:45 2017/04/19

by horibaka | 2017-04-02 05:44 | その他 | Comments(0)
<< BNNアーカイブ 新年に向け特... タイタンズを忘れない >>