excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*

王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---ギルド・その他---*

乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ それぞれの野望 - I

ワールドニュース [戻る]
それぞれの野望 - I

投稿日:2000年8月23日

Garda Dalhar
全シャード

『俺にはわかる!ここに違いない!』

Dridはシャベルを固い地盤に強くねじ込むと、背後に大地の一部を跳ね上げた。

相棒のGeltonは手持ち無沙汰に、複雑な動きを組み合わせた剣の練習用スウィングをしながら声を掛けた。『そもそも、その地図が本物かどうかさえ信用できないし、ましてや座標が正しいのかもわからないのだぞ。どちらにしても、財宝探しのために、夜中にこの俺をこんな森の中に引っ張り出したことが信じられんね。』彼は草の上で飛び跳ねると静かに弧を描いて剣を降ろし、樹木の小枝をきれいに切り落とした。

『噛みつくよりも、吠える方が得意な犬もいると知ってるか?』Dridはにやりと笑うと、地面を掘りつづけた。

『よくも言ったもんだな。道化師でも目指しているのか?最近はロード・ブリティッシュも機嫌よく暮らしているようだし、俺だっておまえさんが土と戯れるのを見ているよりも、パブで陽気に飲んでいる事だってできる。今からでも遅くはない、俺の代わりにオークの集団とでも遊んでいるがいい。』彼の剣が草を素早く刈り取ると、トーチの炎を反射してきらりと光った。

『相変わらず、おまえの刃物の扱いは一流だな。その腕で俺を守ってもらわなけりゃならない。』Dridは掘る手を休めるとシャベルを調べるような仕草を見せた。『それにだ…俺達がどれほどの価値の財宝の上に立っているのか、おまさんは理解しているか?』

『あぁ、近頃の貴族のポケットにはゴミしか詰まっていないこともな。』

『この場所には…』Dridは地面の穴を再び掘りながら続けた。『おまえが俺を守ろうとせずパブに行って飲んだくれない限り、お互いがとてもつもなく満足できるほどの価値をもった宝箱が眠っている。そうでなきゃ、俺は1人で金持ちになった後、お抱えの召使を使っておまえにそのことを伝えなきゃならなくなる。どうか少し辛抱してトラブルが起きないように見張っていてくれ。そうすりゃ、おまえの好きなパブだって買う事ができるんだぞ!』

『おまえは子供の頃からそんなことばかり言っているじゃないか。おまえに必要なのは財宝探しなんかじゃなく、まともに腕を磨き、まっとうな取引と冒険をすることだ。こんなことじゃ、手に入れられるのは腰痛をくらいのもんだろう。』

『Gelton、財宝探しにだって腕は必要なんだぜ。財宝の場所を見つけるのだって簡単ではないし、うまくいけば金持ちにだってなれる。俺の相棒でいれば、おまえだって同じように金持ちになれるんだ。』

『前回の財宝探でも同じだったぜ。』Geltonが苗木に剣を振ると、その上半分が暗闇に消えていった。『おまえの掘り出してくれた財宝には呆れかえったがな。3ゴールドとチャージの切れたワンド、そしてモンバットの骨だったか?』

『今回はもっとましさ』

『骨鎧のフルセットでも期待できるのか?』

『いや、今回はそうじゃなくて…』金属同士がぶつかる音が暗い穴の中に響いた。『ゴールドさ』

Geltonは剣をさやに収めると、地面に置かれたシャベルを取ってDridが宝箱を掘り起こすの手伝った。何度か苦闘するうち、ようやく2人は宝箱を草の上に持ち上げることに成功した。

『そうら見ろ!』Dridは笑顔でそう言った。『俺達の財宝だぞ、Geldon!』彼は宝箱の前に膝をつくとこびりついた泥を落としにかかった。

『伏せろ…』

『どうした?』

『何かが近づいてくる!トーチを消して隠れるんだ!』Geltonは囁くと、剣を抜いて周りに警戒の姿勢をとった。

Dridはトーチを消して木陰に身を潜めた。葉の隙間から相棒を見ると、Geltonは木立から発する殺気にいつでも応じられるよう、じっと石のように動かず気配をうかがっていた。速度のある足音が次第に大きくなると、Geltonは身をかがめて剣をかざした。

いきなり3体のオークが木の間から飛び出すと、剣士をめがけてがっしりとした足で近づいてきた。Dridは身を潜めた場所からでも奴ら独特の呟きを聞くことができたし、身体を固くして静かに友の安全を祈ることしかできなかった。Geltonは気合の叫びを上げて正面の敵に立ち向かおうとすると、驚いたことにオークたちは戦士の側を通り抜けて木の茂る方向へ足早に通り過ぎ、後を追いかけようとした戦士を残し、奴らはそのまま暗闇の中へ消えていったしまった。Dridが側に立ってじろじろとGeltonの顔を見つめるまで、しばらくの時が過ぎていた。

『こんなに簡単にだと教えてくれていたなら、おれだって剣士になれただろうに…。』

2人は突然音を立てた草むらに同時に視線を向けると、紫のローブに身をまとった男が木立から姿を現し、悲痛に満ちた叫び声を発っした。『ふせろ!』そう叫びながら長髪の男は2人を草むらに押し出した。

『一体全体このソーサリアで何が…』Dridの声は、夜空から降ってきたファイアーボールの音にかき消され、炎は宝箱を直撃すると金属と木片が粉々に辺り一面に散らばった。

『2人とも伏せているんだぞ!An Lor Xen、An Lor Xen、An Lor Xen…』その不思議な男の声が響いた。








0:58 2017/04/16

by horibaka | 2017-03-26 00:56 | その他 | Comments(0)
<< エスコートは恋の罠 BNNアーカイブ 血塗られた鉱石 >>