excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 皇帝再び!? - I

ローカルニュース [戻る]
皇帝再び!? - I

投稿日:2000年1月1日

JP Reporter
全日本シャード
--------------------------------------------------------------------------------
第一話 魔界の門 発行:1999/10/26
生贄のアンク(an ankh of sacrifice)が落雷により破壊された。この地には魔界へと通じる門があると噂されていたが、門の鼎であったアンクが消えた為、魔界へ通じる門が出現した。これを重くみた王宮では、近衛のNadyaを呼び寄せた。
「Nadyaよ、生贄のアンクが破壊されたことはもう知っておるな?そこでそなたに命ずる、急ぎ現地へ赴き事態の調査と収集するのだ」
「はい、この命に代えましても...」

アンクに急行したNadyaだったが、既に門は開かれており、魔界から湧き出たデーモンと集まっていた戦士達との間で戦いが始まっていた。
「遅かった。既に門が開いてしまっている」
「あなたは?」
「私は王宮より今回の事件の調査を命じられたNadyaといいます」
彼女は、このままだとこの地は魔界に飲み込まれてしまう事を戦士達に告げ、アンクを修復できるVladというBritainの細工師を連れてくるよう頼んだ。

戦士達は酒場で酔いつぶれていたVladをみつけた。
「Hello Vlad」
「んん?俺に何か用かぁ?*hic*」
「だめだ完全に出来上がっている」
戦士達のは暫く呆然としていたが、運良く一人が酔い覚ましの薬を持っており、泥酔した彼に無理やり飲ませた。
「!!! 悪酔いしていたようで申し訳無い。用件を聞こうか?」
戦士達は事情を説明し、正気に戻った彼を連れてアンクへと急いだ。   

Vladの手によってアンクの修復が始まった。
「よし、これでアンクは元に戻った。門を見に行ってみよう」
しかし、依然魔界の門は閉まる気配をみせない。
「何故だ、アンクは元に戻ったというのに・・・」
絶望感が支配する中、Nadyaが語りはじめた。

「ここは生贄のアンク...生贄が必要だということでしょう」
「皆さん、下がってください」
そして彼女は門の中心へ歩き始めた。
「まさか!?」
戦士達の間に驚愕が走る。
「短い間でしたが、貴方達と共に戦えた事を誇りに思います」
「お別れです、さようなら...Corp Por」

Nadyaの死と共に、アンクはその効力を取り戻し門は閉じられた。
「世界は救われた...か。だが、何か嫌な胸騒ぎがするな。*hic*」
酒場で一人呟くVladであった。
彼の胸騒ぎとは単なる飲みすぎか、それとも...!?


--------------------------------------------------------------------------------
第二話 異変 発行:1999/11/02
各地のダンジョンで、モンスターの数が激増しているという報告がもたらされた。
なにも知らず狩りをしていた人々は、次々と現れるモンスターの大群に飲み込まれ、被害は時間の経過とともに増すばかりだった。


しかし、連絡を聞きつけた戦士達が集まりはじめ、モンスターは徐々にその数を減らしていった。

やがてモンスターの大群は駆逐され、ダンジョンは普段の様子を取り戻した。
だが・・・ここに一つ気になる情報がある。
モンスターが大量発生している現場に居合わせた人々が、どこからともなく無気味な声が聞こえてきたと証言している。
これは何を意味するのであろうか?






--------------------------------------------------------------------------------
第三話 皇帝復活! 発行:1999/11/08

遂に皇帝Golmorは復活した。

魔界から帰ってきた皇帝の亡霊は、勇者達に自分の体を探させようと画策した。
まずドラゴンに憑依し、勇者達が来るのを待った。
Golmorという名のドラゴンが暴れているとの報を受ければ、各地の勇者達はこぞって集まるだろう。皇帝の思惑通りにドラゴンは集まった勇者達によって退治された。
だが、皇帝は密かに戦いで死んだ者の体を乗っ取り、彼等のパーティーに紛れ込んだ。

そのパーティーは皇帝の復活を阻止するべくHythlothに向かった。彼達はそこに皇帝の体があることをつきとめていたのだ。
「・・・ククククク、よもやこのような場所にあろうとは。そなた達のおかげで余の体を取り戻す事が出来た。ハッーハッハッハッ」
かくして、自分の体を取り戻した皇帝は何処かへと飛び去った。








5:35 2017/03/30

by horibaka | 2017-01-26 05:33 | その他 | Comments(0)
<< BNNアーカイブ 皇帝再び!?... BNNアーカイブ Vesper受難 >>