excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*

王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---ギルド・その他---*

乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ ロガールの遺産

ローカルニュース [戻る]
ロガールの遺産

投稿日:2000年1月1日

JP Reporter / 1999年10月~12月
Wakoku

--------------------------------------------------------------------------------
第一話 謎の遺跡 発行:1999/10/26

「FireLandに古代の遺跡が発見」の報がLycaeumに届いたのは、今から2週間前。Lycaeumではこの遺跡を調査するべく、Oliveira教授を中心とした発掘チームを現地に送り込んだ。

しかし、遺跡の周囲にはモンスターが生息しておりOliveira以外の発掘隊員は全滅するという結果に終わった。そこでOliveiraは、モンスターの駆除を市民に呼びかけたのだった。

呼びかけに応じて集まった市民達は遺跡へ急行し、モンスターを駆除することに成功した。

これから新たな発掘チームが編成され、遺跡の調査が始まるだろう。


--------------------------------------------------------------------------------
第二話 水晶の髑髏 発行:1999/11/02

謎の遺跡から水晶の髑髏が発見された。
しかし何者かの手により、その髑髏は盗み出されてしまった。
そこでOliveira教授は髑髏の奪還を市民達に呼びかけるのだった。
「髑髏を盗んだ者は、発掘を手伝っていたJoshuaじゃ」
「まだあの島のどこかに潜んでいるだろう。髑髏を取り戻したものには報酬として10000GPを払おう」
集まった人々は、一斉にFireLandに向う。

そして遺跡の周囲を捜索していた人々によってJoshuaが見つけられた。
「待ってくれ。私の話しを聞いてくれ!」
Joshuaの必死の説得に、人々は一旦攻撃を中断した。
「教授は・・・・うっ」
報酬に目の眩んだ一部の者によって、彼は打ち倒されてしまった。
その後、髑髏はその場にいたFaw達の手により教授へと返された。
Joshuaは何故髑髏を盗んだのか、そして死ぬ間際に何を伝えようとしたのか?



--------------------------------------------------------------------------------
第三話 ロガール文明 発行:1999/11/05

遺跡とそこから発掘された水晶の髑髏を調べた結果、Oliveira教授はこれを古代ロガール文明の物と断定した。
「ロガール文明とは、文献もなく、架空の文明だと思われていた。また独自の文化と、進んだ建築学・天文学・錬金術を持っていたと伝えられている」

教授が発表を終えて帰宅した矢先、Lycaeumに1人の研究員が血相を変えて飛び込んできた。
彼の話によると、遺跡へ地質の調査に向かったチームがモンスターに襲われているらしい・・・。
発表の場に残っていた人々は、直ぐに遺跡に向かった。遺跡から北にある洞窟に隠れていたElliotは駆けつけた人々によって助け出されたが、他の発掘員は既に事切れていた。発掘を妨害するかのように集まるモンスター・・・

その真相はいかに?



--------------------------------------------------------------------------------
第四話 教授死す 発行:1999/11/12

Joshuaの友だったElliotは、彼のローブの裏に”Hythloth”と書かれている事に気がついた。
Joshuaが何の理由も無く、水晶の髑髏を盗みだしたとは思えなかったElliotは、Hythlothのどこかにその手がかりがあると確信した。
Elliotの依頼を受けた人々は、Hythlothの最下層でJoshuaの手記を発見。そこにはこう書かれていた。


私はあの日偶然それを聞いてしまった・・・

Oliveira「第一次発掘隊のメンバーは全て始末できたか?」
謎の男「ああ、全員土の中だ」
Oliveira「そうかこれで秘密が外部に漏れることはないな」
謎の男「仕事の報酬をいただこうか」
liveira「まぁ、そう慌てるな。ロガールの謎が解ければ、莫大な財宝が手に入るじゃろう」
謎の男「ほう、そしてその鍵を握るのがこの髑髏ということなのか」

なんと言う事だ!教授は財宝が目当てなのか・・・・

ことの是非を問う為、人々は一斉に教授のもとに向かう。
しかし、教授は何者かによって殺され、水晶の髑髏も持ち去られていた。
教授の死を知らされ泣き崩れる娘のJudy。
また、教授の部屋から慌てて出て行ったElliotの姿が目撃されたという。
教授は誰に殺されたのか?髑髏はどこに持ち去られたのか?
遺跡をめぐる謎は更に深まるばかりだ・・・



--------------------------------------------------------------------------------
第五話 財宝探索 発行:1999/11/18

父親の死から立ち直ったJudyは、遺跡の発掘を引き継ぐ決意をした。そして、教授が生前に調べていた石版を解読してその内容を公開。その石版には財宝の一部の在り処が記されているという。Judyは集まった人々にそれを託した。

「我が子等に宝の一部を残す。あの星のもとに向かい、われ等が神の名を称えよ。N・・・LA・・・・・P」
情報量が乏しい為、捜索は非常に困難を窮めた・・・
そんな中、教授がいつも座っていた椅子の後ろの本棚から、教授が書いたレポートが発見された。
「ロガールは非常に進んだ文明だった。また、優れた航海術を持っていたようだ」
航海術・・・”あの星”・・・そう航海で自分の位置を知る上で重要な星は、ほぼ真北から動かない星”北極星”。

そこは小さな地下室で、中央に赤い柱があり、その回りには宝箱が置かれている。
そして、その情報を聞きつけた人達がしだいに集まり、財宝は彼等の間で山分けされ、今回の財宝探しは終了した。



--------------------------------------------------------------------------------
第六話 Elliotの暗号文探索 発行:1999/12/07

失踪していたElliotが、Shameで見かけられたという情報がもたらされた。
早速、人々はElliotを捜しにShameへ向かった。
そこには彼が隠れ住んでたと思われる形跡があり、彼の書き残したと思われるメッセージと謎の暗号文が残されていた。
メッセージの内容は次の様なものであった。

THIS KEYWORD IS TO MY LOVER JUDY

暗号の解読の手がかりをJudyに求めた所、メッセージ自体に暗号を解く手がかりがあるらしい。
そして数時間が経過した・・・
ある1人の男が、暗号を解く方法を見つけ出した。
メッセージは26文字で形成されており、英語のABC・・・の文字数と一致する。つまり、こう変換すれば良い。

THISKEYWORDISTOMYLOVERJUDY
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

幾つかの文字は重複するが、それを意味の通るようにしてみると次の文章が浮かび上がる。

「私はJushuaの手紙を見つけ、教授に翻意するよう説得に向かった。
しかし教授は既に事切れていて、水晶の髑髏も無くなっていた。
私は気が動転してしまい、そこから逃げ去ってしまった。
誤解を招くような行動をとって君を悲しませてしまった。すまない・・・
今すぐ君に会いに行きたいのだが、それは出来ない。
私は教授を殺した犯人を密かに追っている。
丁度、教授の部屋に入る時、骨の兜を被った男が出てくるのを見つけた。
私は彼をトラッキングしてその後を追い、彼のアジトを突き止めた。
仇を取りたい君の気持ちは判るが、それは非常に危険だ。
彼には部下が大勢いて、君にも監視がついている。
私は彼のアジトに潜入した。
どうやら彼等は新たな財宝のありかを突き止めたようだ。
その場所に入るためには、Chaos神殿で”Sacrify myself”と叫ぶらしい。
私は彼等の後を追うことにする・・・」        - Elliot

暗号の解読に成功した人々は、急ぎChaos神殿に向かい”Sacrify myself”と叫んだ。
そこは迷路のようなダンジョンで、先に財宝を狙っていた盗賊と財宝を守るGuardianとの間で戦闘が始まっていた。
「ちっ、とんだ邪魔が入ったな」
盗賊の頭らしき人物はそう言い残し、財宝を諦めて逃げ去った。
彼こそは教授を殺害しJoshuaに止めを刺した人物、暗殺者Mercury。
Mercuryは逃してしまったが、彼の部下とGuardianは集まった人々によって倒された。
だが、そこにもElliotの姿は無かった。まだ、彼はMercuryを追っているのだろうか?



--------------------------------------------------------------------------------
第七話 財宝探索 その2 発行:1999/12/10




前回の財宝捜しに失敗したMercuryだったが、密かに別の財宝の在り処が書いてある巻物を手に入れたようだ。なんとか彼の目を盗み、私はこの巻物を持ち去った。この巻物の解読を試みたが、私にも解読することができない。これを解読出来た者は、財宝を手にする事ができるだろう・・・・・
                                      - Elliot

古文書曰く

  「魔方陣の技法に則り、抜けている個所を埋めよ。
    「さすれば財宝へと導く座標が明らかになるだろう。

       南緯A度B分、東経C度D分

          そして、その地で叫ぶべし

             "I agree"


--------------------------------------------------------------------------------
最終話 邪神 Nyarlathotep 発行:1999/12/20

教授を殺害した犯人とされるMercuryの所在が判明した。
Judy達は早速、彼の隠れ家であるMazeに向かうのだった。
「何故ここが判ったのだ?返り討ちにしてやる!」
Mercuryの呼び集めた手下と、Judyを支援する人達の間で激戦が始まった。

「父の仇!!」
「お前は・・・裏切っ」
Mercuryが打ち倒される。その時Judyは不敵な笑みを浮べた。
「水晶の髑髏を取り戻しました、これで世界はロガールの前にひれ伏すでしょう」
そう言い残し、彼女はピラミッドへと飛んだ。

「Oliveiraを殺したのは私です。私は彼の娘に成りすまし、この時を待っていました。
 本当のJudyはどこですって?当の昔に葬りましたわ。私の本当の名はRemy、ロガールの末裔です。
 貴方方が封印石を壊してくれたお蔭でNyarlathotepの封印が解かれます。
 Nyarlathotepとはロガールの魔法力によって生み出された人工生命体兵器の名称です。その破壊力は計り知れません。これを危惧した敵対勢力の手により封印されました。
 Nyarlathotepの動力は人間の負の感情、欲望や嫉妬をエネルギーとしています。そして、この髑髏はそれらを集める集積装置なのです。
 判りましたか?貴方方の今までの行動は、全てこの日の為に計算されていたのです。
 それでは貴方方はもう用済みです。さぁ消えておしまい。」

ロガールの遺産をめぐる最後の戦いが始まった。
戦いが始まってどのくらい経っただろう・・・・・Nyarlathotepの攻撃力、耐久力は人知を超えており、更に与えたダメージはRemyの魔法で回復されてしまう。
人々の攻撃がRemyに集中した。
彼女は倒れ、制御を失ったNyarlathotepもまた打ち倒された。


ここに謎のピラミッドに端を発した、一連の騒動に終止符が打たれた。
戦いの後の調査で、Elliotの遺体がMazeで発見された。
また、LycaeumにJudyが姿を現したが、彼女は過去の記憶を失っているらしい。
JudyはRemyによって殺されたのではなかったのか?
幾つかの不可解な謎が残るが、Remyの死んだ今となっては全を解き明かす事はできないだろう。
我々はJudyの記憶が戻ることを待つしか無いのだが、それはまた彼女が親や恋人を失った現実をも知る事になり、彼女にとっては辛いことになるのだろう・・・








6:03 2017/03/27

by horibaka | 2017-02-22 06:00 | その他 | Comments(0)
<< BNNアーカイブ 敵は水上 BNNアーカイブ ブリタニアの... >>