excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

BNNアーカイブ 世界中に不可解な事件が...衛兵達の反応は鈍い。

ワールドニュース [戻る]
世界中に不可解な事件が...衛兵達の反応は鈍い。

投稿日:2000年1月28日

Clayton Trembell

ユー(Yew)の牧場主曰く:

「わしゃ、いつも通り、朝一で家畜達に餌やりに行っただ。じゃが、外に出るとフェンスの門が開けっぴろげじゃ。家畜たちゃ、ヒーヒー、ギャーギャーいいながら皆そこらじゅう飛び回っていやがった。」

「わしゃ、そりゃもう、あったまきて麦わら帽も踏み潰したもんだが、フェンスの中をのぞくとこりゃまたびっくり!モンバットの群れがいっぱいだわさ。奴らわしの可愛い子牛の死体にいっぺー集ってんだ!」

「びっくらこえて、近くの衛兵の詰所にいちもくさん。そりゃ、麦わら帽ならつぶせるが、し返ししてくる獣はわしゃ相手にせんわい。プロに頼もうってなもんだ。」

「衛兵詰所じゃ、今度は、皆、寝ちまってるかなんか知らんが誰も相手にしてくれん。わしがいくら騒いでもわめいても、衛兵は、だまあってにらみ返すばかりじゃねえか。どうしょうもなっくって、牧場さ帰ってくると、モンバットは消えてたんだ。だいたいの家畜は何とか集めたが、何頭かはあの可愛い子牛の死体といっしょに消えちまっただ。」

「この辺じゃ、その日1日中、同じような話でもちきりだ。なんであんなにモンバットがユーにあらわれんだ!1匹や2匹とちゃうぞ。あんなにいっぺいだ。戸締りだきゃあしっかりしとかんと危なくってしかたねえ!」


---------------------------------------------------------

ベスパー(Vesper)の乞食談。

「随分長い間ベスパーの街中で暮らしてきました。僕の仕事のせいでしょうか、皆僕をさげすむようですが、別に悪い暮らしではないですよ。時にはちょっと寒いけど、空腹に困ることもほとんどありませんし。それに、そもそも持ち物がないんですから、誰かに盗まれたりする心配もありませんし。」

「とにかく、僕はベスパーで起こっていることなら大体知っているつもりです。他にすることもないですから、人の噂話などをちょっと立ち聞きしちゃったりするわけですよね。結構面白いことなんか聞けるんですよ。」

「ベスパーにトロールが随分入ってきてるみたいなんですよ。そりゃ、今までも、トロールの問題はありましたよ。でも、大体は衛兵が刀や大刀で脅してやればいなくなるもんじゃないですか。だから、今度も最初は聞き流していたんですよ。」

「そしたら、今回は人に襲いかかってるトロールを衛兵が誰も相手にしてないって言うじゃないですか!街の人たちは団結して自分でトロールと戦ってますよ。でも衛兵はひとりも手伝ってませんって。」

「ちょっと、心配になってきましたよ。別に個人的にトロールはいいんですが、ゴールドはあまり貰えなくなってきちゃったし、その辺で眠るにも襲われるんじゃないかとちょっと不安なんですよね。」

「そればかりじゃないんです。攻撃魔法が街中で使えるなんて話を聞き始めたんですよ。こりゃ、乞食に取っちゃ死活問題ですよ。だって、格好の練習台でしょ。乞食はぼっとしててどこにも行かないし。ああこわっ!」

「ひょっとしたらこの家業から足を洗う時が来たのかなあ。」


---------------------------------------------------------

コーブ(Cove)から来た坑夫の話:

「オークに邪魔されるのは慣れっこのつもりなんだよね。山の向こうにでっかい城砦構えてるから。でも、普通は街にはやってこないよ。あいつら。そしたら、最近街壁の中でもあの首なし野郎どもが出始めたんだよ、ちょっとびびったぜ。」

「俺の家族はずっとコーブで鉄を掘りつづけてんだけど、ほとんど問題なかったんだ。あったってせいぜい山賊や泥棒達の被害さ。でも首なし野郎どもだぜ。ちょっと仕事になんねえよ。神経磨り減っちまったよ。いなくなったと思ったら、他のがもっと出てくるんだぜ。こないだなんて、振り返ると『いた!』っと思って、ちびりそうになったよ。実際その時はたいまつが転がってただけだったんだけど、ほんとびびったぜ。」

「そんで、ひどいのは衛兵がなんもしねえんだよ。他の坑夫が首なし野郎どもやっつけるために戦士達を雇ってるって話も聞いたよ。けど、衛兵は何もやらずに、詰所でのんびりって感じだよ。」

「困ったもんだぜ。しかたねえから、刺繍でも学んでブリテインに引っ越そうかな。**ため息**」


---------------------------------------------------------

トリンジック(Trinsic)のパラディンの談話:

「ゾンビ、骸骨、グール...私の剣から奴らの腐った汁を完全に乾かすことができたらどんなにうれしいかしら。この辺では、死にぞこないの奴らがいつも暴動を起こしているようだわ。」

「いつも通り、街の衛兵達は頼りにならないわ。でも、ここトリンジックの気高いパラディン達は私達の町の本当の擁護は私達の肩にかかっていることを十分知っているわ。私達はそれを進んで喜んで引き受けているのよ。でもね。今まで一度だって敵が街の城壁をうまく越えてきたことなんてなかったのよ。やり込められることはあってもいつだって形勢を整えてトリンジックをその名誉と自由にかけて守ってきたのよ。」

「それと、最近の攻撃に対しては魔法も使えるから、それはプラスになってるわよね。私達と目的を共にする魔法使いたちは城壁の内部でも呪文を使えるのよ。そのお陰で、攻撃してくるゆがんだ命の塊達をしりぞけるのに随分助かっているわ。敵には火の玉を、見方のけが人には治療をという具合で、今まで出くわした死にぞこないは簡単にやっつけることができたわ。」

「でも、心配なのは、この小さな衝突は何かの始まりに過ぎなんじゃないかってことなの。魔法使いが使えるすべての魔法の助けがこれからは必要になるんじゃないかと思えてしかたがないの。もしかしたら、衛兵達の目を覚まさせる魔法も見つけてくれるといいんだけど。」










23:22 2017/03/11

by horibaka | 2017-01-29 21:19 | その他 | Comments(0)
<< BNNアーカイブ ロード・ブリ... BNNアーカイブ 皇帝再び!?... >>