excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

ロストランドからの手紙【1】


・・・◆ 1/9 ◆・・・


「あんたには気の毒だったかな」
ゴトゴトと音を立ててゆっくりと進むガマン車の御者台の上で、わ
たしは隣に座っている男に言った。もう何日も、わたしはこの男と
二人きりで密林の中の小道を旅していた。
「なぜ?」男が瞳のない目でわたしを見返した。
彼は人間(ヒューマン)ではなかった。その額には短い1本の突起
があり、蝙蝠のような背中の翼は畳まれていても大きかった。
「空を飛べるあんたには、陸路の旅は退屈だっただろう」
「そうでもないよ」男は荷台に載せた大きな郵便鞄に視線を投げた。
「わたしは旅が好きなんだ。だからこの仕事を選んだ」
彼はチャイカと名乗っていた。本当の名前ではなかった。ガーゴイ
ル族の名前は人間には発音が難しいのだと彼は言っていた。
わたしは人の好き嫌いがないことを自負していたが、この異種族の
男を好きなるべきかどうかまだ迷っていた。彼はガーゴイルだとい
うだけでなく、何かそれ以上に謎なところがあった。旅の途中、わ
たしは彼が一度ならずひどい悪夢にうなされているのを聞いた。ま
た彼の翼には色の違う部分があった。はじめそれはガーゴイル族の
模様なのだと思っていたが、あるときそれは火傷の跡だと気がつい
た。火傷は彼の手の平にもあった。
「あなたこそ」チャイカの表情は読めなかった。「わたしと一緒で
なければもっと早く着けただろうに」
ガーゴイル族の身体は構造的に馬やオスタードの騎乗には向いてい
ない。人間とガーゴイルが同道しようとしたら、徒歩か、鈍足のガ
マン車で行くしかない。
「旅は道連れと言うからな。旅は話し相手がいた方がいい」わたし
はできるだけ何気なく言った。もともとほんの気まぐれで引き受け
た一年契約の郵便配達人の仕事だ。さほど思い入れがあるわけでは
ないが……。「次の町だけはちゃんと引き継いでおきたくてね」
「何か問題でも?」
二人がいま向かっているのはロストランド管区の中でも最も辺境の
入植地のひとつだった。パブアからは早馬でも十日かかるが、テラ
サンキープからは徒歩で三日の距離だ。
「辺境には異種族嫌いが多くてね。ちょっと覚悟しておいてくれ」
木立が途切れて視界が開けた。そこは小高い丘の上で眼下遠くに細
い川が蛇行していた。その川の向こうに入植地の防壁が見えた。
わたしは指さして言った。「あれがニューコーヴだ」

ニューコーヴは小さな町だ。町と言っても銀行、鍛冶屋、道具屋、
兵舎と学校があるくらいで、その周囲を木製の防壁が囲っている。
その外に点在する民家や畑を囲う第二の防壁はいつ来ても建設中だ
った。デルシアやパブアのような大きな町では郵便物は宅配される。
だが、ここのように小さな町では集配は町の集会所で行われた。
わたしは集まった住民たちに向かって宛名を読み上げ、のばされた
手に手紙を渡していった。手から手へ渡される手紙の中にどのよう
な人生の断片が入っているのかわたしは知らない。よろこびなのか、
悲しみなのか。郵便屋は、ただそれを配達するだけだ。
「守備隊の増員を王都に申請したのが二ヶ月前だ」駐留しているガ
ードの隊長が憤然として言った。「いまだに返事が来ない! 蜘蛛
族どもの活動は活発化している。大暴走(スタンピード)の兆候か
もしれん。議会は開拓民の生命財産を何だと思ってるんだ」
「きっと人手不足なんだろうよ」棘のある声が言った。
「モンスに郵便配達をさせなきゃならんくらいだからな」
「アーロン」学校教師が諭すように言った。彼は待っていた手紙が
来たらしく機嫌がよかった。「テルマーは同盟国だ。いまはガーゴ
イルも人間の盟友だよ」
「あいにくおれにはモンスのダチはいねえよ」あちこちで嘲るよう
な笑い声があがった。「間違えて射落とされないように気をつけな」
「ではこの町に来る時は、必ず門の前で降りて歩こう」チャイカは
微塵も動じる様子はなかった。「こうして制帽を目立つように被っ
ていくので、故意でなければ間違えることもないだろう」
住民たちは面白くなさそうに三々五々散っていった。
皆がいなくなった後も、いつからそこにいたのか男の子が一人残っ
ていた。わたしは帰り支度をしながら言った。
「やあ、ダン。今日の郵便はもう終わりだよ」
男の子はこくりと頷いた。「八雲さん、郵便やめちゃうの?」
「うん。次からは彼が。このガーゴイルさんが郵便を運んでくるよ」
「きみへの手紙も、わたしが必ず届けよう」
チャイカはもちろん善意から言ったのだろうが、事情を知っている
わたしは少し困惑した。そして同時にチャイカがこの場面をどう切
り抜けるのか興味もあった。
「ぼくには手紙は来ないんだ」ダンが言った。「他の町に知り合い
はいないから。いままでいちども手紙が来たことはないんだ」
ダンはまだ幼児の頃に父親と二人でニューコーヴに来た。本土には
手紙をくれるような身内はおらず、この入植地だけが彼の知ってい
る世界のすべてだった。ここの子供たちはみんなそうだった。
「それじゃ、彼と文通したらいい」チャイカはわたしを指して言っ
た。わたしは驚いてチャイカの顔を見返した。
「彼はこの後は本土に帰るそうだから、少なくとも一人はきみにも
他の世界(ファセット)に知り合いが出来るわけだ」
「ブンツーって何?」
「手紙のやり取りだよ。まずきみが彼に手紙を書くんだ。その手紙
を読んで、彼からきみに返事が来る。その繰り返しだ」
「何を書くの?」
「何でもいいんだよ。身近で起きたことや、感じたり思ったことを
書けばいい。手紙は想いを伝えるものだよ」
「まだ字がよくわからないんだ」
「それではしっかり勉強しないとね」
「それはいい考えだ」わたしは笑いながら言った。「わたしのブリ
タニアでの宛先は、スカラブレイの酒場でいいよ。そこに投宿して
いるから」
「ダン!」眼鏡の少女が呼びに来た。「ディーナがまた森林狼を仕
留めたの。みんな学校に集まってるよ!」
男の子はうれしそうにわかった!と言うとわたしたちに手を振って
学校の方へ駆けていく子供たちに合流した。
わたしは御者台の上からチャイカに声をかけた。
「帰りは飛んでいくかね?」
「旅は道連れ」聞かれるのを待っていたかのように彼は即答した。
「帰路の道中もあなたとの会話を楽しみたい。あなたさえよければ」
わたしはこの異種族の男を好きになることにした。わたしは言った。
「それじゃ早く。乗った、乗った」








(この物語はフィクションです。登場するキャラは架空のもので、
 物語の設定は実際のUOの設定には必ずしも準拠していません)


by horibaka | 2012-02-25 09:44 | その他 | Comments(0)
<< ロストランドからの手紙【2】 襲撃者の夜 >>