excitemusic

八雲のスローライフUO
by horibaka
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
最新のコメント
リンク
*---お祭り・イベント---*

桜:さくらいべんとさぽーたーず
無限:六の市
倭国:倭国不定季祭
瑞穂:瑞穂バザー
瑞穂:うお色キャンパス

*---日 記---*


UO へなちょこ魔法使いの 日々是修行也
王国宝珠再生委員会
ごちゃごちゃメモ@UO
風和璃(Fuwa:Ri)
:: UO華麗なる孤独民 ::
ブリタニア旅日記
うるてまーち
あひるさんのおしり UO
まれにいろいろ
Unnamed
こゆきのゲーム日記
Strange Storage (こすもすの へんて庫)
仕立て屋ポーリオの手記
葡萄のUO日記
†覚醒†gift of my mind killed and death
RosemaryGarden
やしゃのあわわ日記
UOお弁当日記
Cotswolds
ゆきのぶろぐ♪
魚記@Hokuto
Violet’s Diary
Sephirot
君の背に揺られながら
++みそっかすぼうけんの書@UO++
SHAMPoO or NOTHING !! 2nd
ぼーっとしてみる
つれづれ夢芝居
呑む!打つ!キレる人の日記
すかいのUO珍道中
UOを楽しもう!
Varis家の日々これ安泰
NAOMINのUO日記
新★love sniper-mikari///diary・・・♪
YomiのまったりUO日記
Cafe de Minoc 日当たり良好!
今日も元気!Britannia Life


*---UO絵・UO漫画---*

ブリタニアの勇者達
漫画UOjournal
えるの倉庫
うるてぃまらりあっと
あいおいつぉん
むらさきうにのUO漫画
落書き倉庫的ブログ
ココロノアトリエ
陸猫UO
L’Oiseau Bleu
魚絵倉庫
*ねこだいすき*
くまくまのへや
UOん
221B
きこり姉妹
奇跡の人
トコロン王の大冒険
ささむけのほげもり

*---お店・酒場---*

ALEXANDRITE
Mi-Yew Store
のんたんTei
カフェ誤字
ダスタード酒場
Twins
旅立ちの扉亭
Club Smoky Medicine BAR
ムーンバッカスカフェ
BarBennu
まおうてい

*---その他---*

UO職人の部屋
乞食結社
風月庵(あみさこギルド)
笠教
またたび本舗
若桜杯
うるてぃまぶっくまーく
さくさくリンク

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX

百年の家




2017年7月24日(月)





          ◆ 桜シャード ◆




とりあえず酒、全種類仕込みました。

(この他にもフルーツ酒が作れると言う情報があります。)
(そちらの方もすごく気になりますが ^^;;)




さて!
さすがにそろそろ少しは内装をしないといけないですね。
e0068900_1281218.jpg



イメージするのは、
酒蔵とかワイナリーとか、そう言った感じ?
e0068900_129026.jpg
e0068900_1292177.jpg





































無造作に置いただけの酒樽をなんとかしたいですね。
e0068900_12124223.jpg

こう。。。樽を重ねて置けるといいのですが。
樽って重ねられなかったっけ?



そもそも以前はどんな内装だったんだっけ?




こんなとき、ブログをやっていると便利です。

アルバムを見るように、過去の写真を見ることができます。




●2004年頃
このときはまだ酒場はやってなくて、鍛冶工房でした。
e0068900_1213986.jpg

これはたまたま通りがかった人と会話している場面。
この頃は、こういう出会いもありました。





●2005年頃
酒場をはじめて間もない頃ですね。
e0068900_12132058.jpg

奥の方に樽を重ねたキャビネットが見えます。
この技、酒樽に応用できないのかな?






●2006年頃
かな~り物が増えてますね。雑然としてきてます(^^;;
e0068900_12154047.jpg

この頃は赤ネームのお客さんが多かった時代ですね。

いろんな方が遊びにきてくれました。
玄関のテーブルの上のゲストブックも冊数が増えてますね。





●2012年頃
完全に物置き場と化していますね。。。足の踏み場もありません。
野外酒場にして何年もたつので、家の中で接客することがなくなりました。
e0068900_12155213.jpg

訪れた人がお土産にくれたものや、腐りまちで拾ったものなど。

思い出の品々なのですが、
たくさんあり過ぎてどんな思い出だったか思い出せません(^^;;






●2017年
そして今年の3月頃、うっかり腐らせて一度更地になりましたが、
e0068900_1216395.jpg

現在はなんとか再建して新たな内装を検討中なのですが。。。





過去写真を見て懐かしくなって、内装には手がつきませんでした。











e0068900_12164753.jpg






12:17 2017/07/24

# by horibaka | 2017-07-24 10:06 | 桜日記 | Comments(2)
深海のYrr(イール)




2017年7月22日(土)





          ◆ 倭国シャード ◆




UMA(Unidentified Mysterious Animal)という言葉があります。





未確認生物という意味で、「ユーマ」と発音するようです。





和製英語なので海外で通じるかどうか知りませんが、

BNNのローカルニュースに何度か登場しているので、
ブリタニアにもUMAという概念があると仮定していいと思います。
BNNアーカイブ 不正疑惑!?代表にまつわる謎の影!!
BNNアーカイブ その後のUMA調査隊





その夜、
八雲が目撃したのは、まさしくUMAでした。
e0068900_12463046.jpg

なに、この生き物?!
ウナギなの?

はじめて見ましたが、びっくりですΣ@@





拡大すると、こんな感じです。
画像が荒くなってしまって見にくいですが、
e0068900_12464392.jpg






ペットにしているので調教可能な生き物なのだと思いますが、
いったい捕獲レベル幾つくらいなのでしょう。。。
e0068900_12472990.jpg

倭国の海辺で(八雲にとってだけの)UMAと遭遇した夜でした。










e0068900_12474414.jpg








12:48 2017/07/23

# by horibaka | 2017-07-22 22:44 | 倭国日記 | Comments(0)
ワイルドバンチ




2017年7月22日(土)





          ◆ 桜シャード ◆




ある日、ポストに旗が。。。
e0068900_831579.jpg






なんと、ブログを読んでくれた方からの
「ナツメヤシの実」の贈り物でした!
e0068900_8321156.jpg

本当にありがとうです(//▽//)


それにしても。。。
フェルッカの、何の目標物もない辺境の家がよくわりましたね(^^;;

ご足労おかけして、すみませんでした。





さて!
これで、残りの1品種の仕込みが出来ます。





今度こそ思い付きではなく、ちゃんとした銘柄をつけなくては。
e0068900_833131.jpg

まさに責任重大ですね。(←なんの責任ですか?
八雲のセンスが問われる瞬間です。(←誰も期待してません






おや?
野性のターキーですね。
e0068900_835507.jpg

そう言えば。。。
「ワイルドターキー」と言う銘柄のウイスキーがありましたね。


ワイルドターキー。。。いい響きですね!
そんな感じでちょっとワイルドで、パンチが効いてるカッコいい名前。。。






サノバビッチ
e0068900_8365959.jpg

自分のセンスに絶望した夜でした。





e0068900_8371398.jpg

今日は、ここまで。










e0068900_8372997.jpg






8:37 2017/07/23

# by horibaka | 2017-07-22 08:29 | 桜日記 | Comments(2)
夢酒場




2017年7月19日(水)





          ◆ 桜シャード ◆




やっぴーさんに部族イチゴを分けていてだきました。
e0068900_22565075.jpg

ホントにありがとうです(//▽//)




いやあ~、マジでうれしい。
むかしの3Dクライアントだったら、思わず踊りだすところですが、
Dance with Wolves



3Dは10年前にサポート終了してますね(^^;;





そこで、感謝の気持ちを歌で表現してみましょう。





最近の歌ってあまり知らないので、少し古い歌ですが。。。
e0068900_22582392.jpg






ひらめきました。今回の銘柄は
夢幻桜(むげんさくら)」で、どうよ?
e0068900_22591662.jpg

e0068900_22592417.jpg

今日はここまで。










e0068900_22593788.jpg









22:59 2017/07/19

# by horibaka | 2017-07-19 22:55 | 桜日記 | Comments(2)
BNNアーカイブ Reg Volomに潜む謎

ワールドニュース [戻る]
Reg Volomに潜む謎

投稿日:2006年6月22日

Clainin, the Royal Thaumaturgist of Britannia

ロイヤルガードの詰め所から連絡があったのは、今日の昼過ぎだった。ブリテイン下水道の入り口付近で、衰弱したルーンビートルが保護されたという。

「なるほど。それで、どうして私のところへ?」
「はい。実はその、ルーンビートルの名はクライと申しまして」
「クライ? どこかで聞いた名だね」
「先ごろ行方不明になったと噂されている、例の老婆が飼っているルーンビートルです」
「ああ、イヌ殿のことだね。いつのまにか姿を消してしまったらしいけど」
「左様であります、宮廷魔術師殿」

「で、どうしてまた下水道の入り口なんかで保護されたんだい?」
「わかりません。強い毒を飲まされたようで、身動きもできないほど衰弱しておりまして」
「かわいそうに……。事情はわからないけど、手厚く看護してやってくれ。頼んだよ」
「はい、それはもちろんです。ただ、クライがしきりに羽の上にルーン文字を浮かべておりまして、どうやら何かを伝えたいようです」
「奇妙だね。ひょっとすると、イヌ殿の失踪に関係があるかもしれないな……」
「我々もそう考えました。そこで宮廷魔術師殿にぜひルーン文字を解読していただきたく、こうしてお迎えに参上した次第です」

私がクライのところへ行くと、たしかに彼は何かを伝えたがっているようだった。黒くツヤツヤした甲殻の上に、水色のルーン文字が浮かんでは消える。メッセージは断片的なものだったが、いくつか気になる単語を拾うことができた。「警告」「下水道」「奥」「立て札」「chavory」「イヌ様」。
やはりイヌ殿に関係あるようだが、正確な意味はわからない。

「これは行ってみるしかなさそうだ。キミ、すまないけど、タウンクライヤーに連絡して冒険者たちを集めてくれないか」
「はっ、ただちに!」

そう。こういうときに彼ら冒険者は、本当に頼りになるからね。





まもなく、ブリテイン城の玉座の間に多数の冒険者たちが集まった。

「いったい何ごとです、クレイニン殿?」
「事件ですか?」

久しぶりに緊急呼集に、集まった者たち全員が緊張しているようだ。




「やあ、集まってくれてありがとう。実は、ブリテイン下水道の入り口でルーンビートルが保護されたんだ。ほら、例のイヌ殿が飼っているクライさ」

話を訊くと、冒険者たちの中にも数名、クライやイヌ殿が「ユリゴール」なる人物に連れられて姿を消した場に居合わせた者がいるらしい。たしかにこれは、何か裏があるようだ。
しかし、わからないのは「なぜイヌ殿を連れ去る必要があるのか」ということ。イヌ殿は不吉な“予言”を繰り返していたが、結局のところ、ただそれだけに過ぎない。気にはなるが、いまのところ地震も洪水も起きていないし、ああいう“ちょっと変わった人”は過去に何人もいた。別に、イヌ殿が初めてというわけじゃない。
とりあえず冒険者たちに状況を説明して、下水道の奥へ同行してくれるように頼んだ。





ブリテイン下水道はいやな場所だ。ローブの裾が汚水を吸ってベタつくし、なにより臭いがひどい。とはいえ、重要な調査だ。しっかりやらないと、取り返しがつかないことになるかもしれない。

「とにかく奥へ行こう。そこに立て札があれば、クライのメッセージの謎が解けるかもしれない」

冒険者たちを引き連れて……というか、むしろ後について進む。すると、下水道の一番奥に奇妙な立て札があるのを発見した。




「これだ、これだ。……でも、こんなところに立て札を置くなんてワケがわからないな」
「とくに変わったところもないようですね、クレイニン殿」
「うん。おかしいな、クライは何を伝えたかったんだろう」

そこで私は、クライが伝えた次の言葉を思い出した。たしか……chavory……そう、chavoryだ。

「ちょっと待ってくれよ。ひょっとしたら、呪文を使うのかもしれない。試してみよう」
「chavory!」

その瞬間、私は下水道の別の場所に移動した。やはりあの立て札は、呪文に反応するテレポーターだったってわけだ。私が言った呪文を唱えて、冒険者たちも次々と飛んでくる。

「驚きましたよ、こんな仕掛けだとは」
「うん。つまり、どうしても追っ手を撒きたかったってことだね。これは何かありそうだ」

テレポーターによって飛ばされた場所からさらに進む。王都の地下にこんな奇妙な仕掛けがあっただなんて信じられない。後ほどガードに命じて、改めて調査させないと。





下水道の奥を抜けると、そこは雪で覆われた場所、ロストランドの片隅だった。怪しい男が一人、海を見つめて立っている。

「なんだなんだ! あんたたち、こんなところまで何しに来たんだ?」
「これは失礼。私は宮廷魔術師のクレイニン。ちょっと人を捜しているところでね」




男の名はジェレミー。自称「冒険者」とのことだが、どうもうさんくさい。

「へっ、誰かと思えば宮廷魔術師様か。そりゃたいそうなこって」
「実は老婆と男を捜しているんだけど、何か知っていたら教えてくれないかな?」
「まあ、知っているといえば……知ってるかな。聞きたいのかい? だったら、ホレ、わかるだろ?」

不愉快な出来事だったので、詳しいことは割愛する。とにかく私たちは情報を手に入れて、そのかわりに懐が寒くなった。
ジェレミーの話によると、男がこの場所でゲートを開き、老婆をその向こうへ連れていったという。ゲートの奥を覗くと「白っぽい壁とグレーの床、緑っぽい大理石の床が見えた」とのことだった。そのとき老婆は「死者のところに連れていく気か」と話していたらしい。そして彼が最後に耳にした謎の言葉、「znfgrebcragurargbbe」。「chavory」と同様に、何かの呪文なのだろうか?
かすかに残っていたゲートの残滓を調べたところ、トランメルに続くものではないことがわかった。

「わからないな、どこへ行ったんだろう。トランメルじゃないことは確かなんだけど……」
「ムーンゲートの残滓が残るということ自体、通常はありえないことですよね、クレイニン殿」
「うん。焼きつくほど強い魔力を使ったってことだね」
「あのユリゴールという男でしょうか?」
「だろうね。それより、行き先を突き止めないと。白っぽい壁とグレーの床。それに、緑っぽい大理石の床に心当たりはあるかい?」
「トリンシックかな?」
「いや、違うな。トリンシックの壁は砂岩だから少し黄色いはずだ」
「じゃあ、ガーゴイルシティ?」
「かもしれないけど、それだとイヌ殿が言った“死者のところに連れていく気か”っていう言葉のつじつまが合わないよ」
「うーん。ひょっとして、イルシェナーのReg Volom? ほら、エセリアルウォリアーがいるところ!」
「なるほど、可能性はありそうだ。行き先がイルシェナーだとしたら、これほど強い魔力を使わなければならなかった理由もわかる」
「行ってみましょうか。何かわかるかもしれない」
「そうだね、向かってみよう」

私たちはいったんゲートを使ってブリテインに戻り、そこからさらにイルシェナーへと向かった。





Reg Volom。「天使宮」などと呼ぶ冒険者もいる。イルシェナーの湖に浮かぶ島にある神殿で、いつからここにあるのか、なぜここにあるのかはわからない。一階の広間部分にはエセリアルウォリアーたちが暮らし、地下ではアンデッドが徘徊する不思議な場所だ。冒険者たちと共に神殿の内部に入る。

「白っぽい壁とグレーの床だ。ふむ、あの男の話と一致するね。でも、緑っぽい大理石の床が見当たらないな」
「それはたぶん地下でしょう、クレイニン殿。以前見たことがあります」
「そうか。じゃあ、このまま地下へ行ってみようか」

入り口正面にある階段を降りると、たしかに緑色の大理石が床材に使われている。間違いない。イヌ殿とユリゴールが飛んだ先は、ここだ。

「よし、手分けしてイヌ殿を探そう。みんな、頼んだよ!」
「了解!」

徘徊するアンデッドたちを次々となぎ倒しながら、片っ端から部屋を探す。彼ら冒険者たちが本気を出せば、ここに棲むアンデッドなど雑魚同然だ。しかし、見つからない。

「おかしいな。どこへ行ってしまったんだろう?」

そのときだった。

「クレイニン殿、ここへ!」
「どうしたんだい?」
「ご覧ください。この場所だけ床材の色が違うように見えませんか?」

ひとりの冒険者が指差す場所を見ると、なるほど、たしかに緑色が少し濃いようだ。




「そうだね。でも、なんでここだけ?」
「ひょっとすると、あの男が聞いたという言葉が関係しているとか?」
「そうか!」

メモを開いて正確に発音する。

「znfgrebcragurargbbe」

するとブリテイン下水道のときと同じように、一瞬空間が歪み、私は別の場所へ飛ばされていた。

「なんだい、この部屋は?」




そこは白い大理石の壁で囲まれた、狭い部屋だった。部屋の周囲は漆黒の闇に閉ざされ、ここがいったいどこなのかまるでわからない。まだ発見されていない未知の場所か、それとも別の世界なのか。

「ここに扉がありますぞ、クレイニン殿」
「でも、カギがかかっていて開きません!」

唯一出口と思われる場所には、頑丈な金属製の扉があり、カギが掛けられている。魔法で開錠を試みたが反応はない。冒険者の中にLockpickingのグランドマスターがいたが、彼が試してみてもダメだ。

「いままでいろんなカギをバラしてきたが、カチリともいいやしない。こんなに固いのは初めてだ」
「どうやら私たちには無理のようだね。ひょっとすると、特殊な魔法で封印されているのかもしれないな」
「どうしますか、宮廷魔術師殿?」
「今日はだいぶいろいろなことがわかったし、いったん引き上げよう。帰ったら文献を調べてみるよ」
「しかたありませんね……。そうしますか」





かくして、ブリテイン下水道から始まった長い午後が終わった。状況証拠から見て、イヌ殿がユリゴールという人物に連れ去られたのは間違いなさそうだ。そして、あの小部屋の奥が怪しいのだが……いったいどうすれば扉を開けることができるのだろう? 異様に強力な魔法を使うユリゴールの素性も気になる。私ですら知らなかったイルシェナー行きのゲートトラベルを、彼はどこで覚えたのだろうか?

とりあえず、我が師ニスタルが残してくれた文献を調べるところから始めよう。古の書物の中に、何か関係がある記述が見つかるかもしれない。








18:53 2017/08/16

# by horibaka | 2017-07-15 18:51 | その他 | Comments(0)